フロアポンプ

最終更新日: 2015年12月25日

スポンサードリンク

ロードバイクを乗る上で、ぜったい揃えるアイテムの1つにフロアポンプがあります。

携帯ポンプで代用をしている方もいますが、ロードバイクの高圧タイヤにエアを入れるに携帯ポンプはつらすぎます。

必ずフロアポンプを購入しましょう。価格も日本のメーカーのもので1,000円台からあります。

ママチャリを乗っている方は、もしかしたらエアポンプひとつくらいあるかもしれませんが、たぶんロードバイクチューブの仏式(フレンチ)バルブにはエアを入れることはできないでしょう。

また、フロアポンプを購入するにあたり、本体にエアゲージがついているタイプにすることはチェックポイントの1つです。

フロアポンプ購入の際のチェックポイントを考えてみましょう。

特徴、そして値段の安いポンプからチョイスしてみました。

コストで選ぶ

Panaracer(パナレーサー) アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] ホワイト 米式/仏式バルブ対応 BFP-04AGA-W

アマゾンで「フロアポンプ 」と検索すると先頭に出てくるフロアポンプです。

安い、そしてフロアポンプとしての基本的なことはすべて備わっています。アルミ製のボディで耐久性もOK。

迷ったり、こだわりがなければ、こいつで決まり。

定番のフロアポンプ

TOPEAK(トピーク) JoeBlow Sport II フロアーポンプ 英/仏バルブ対応 英式トンボ口金/ニードル付属 PPF05400

定番のトピークジョブロースポーツです。同じ銘柄にマックスという安いポンプもありますが、こちらスポーツのほうが仕様がよいです。

マックスではプラスティックパーツとなっているところが、こちらのスポーツは金属製です。

またバルブアダプターもこちらスポーツのほうが良いものがついています。

エアメーターが上部についている

GIYO(ジーヨ) GF-54 [エアゲージ付フロアポンプ] ホワイト 米式/仏式/英式バルブ対応

GIYOは台湾のポンプメーカーです。もちろんスチール製です。

エアメーターが一番上に取り付けられているので、非常に見やすいです。

SERFAS(サーファス) FP-200 フロアデュアルヘッド 160PSI ブルー 46714

アメリカカリフォルニアのジェル入りサドルメーカーとしてとても有名なサーファスのフロアポンプです。

エアーメーターも非常に正確です。

質実剛健タイプ

SKS フロアポンプ レンコンプレッサー

フロアポンプの専業メーカーであるSKSはドイツの老舗です。

メイドインジャーマニーは伊達ではありません。質実剛健のフロアポンプ。

ポンプメーターの正確さでは右に出るものがないと言われています。

空気圧上限も他のポンプよりもはるかに高

いところもスゴイです。

ただ、値段は普通のフロアポンプの3、4倍します。


まずは安いフロアポンプで十分とは思います。私もそうでした。2,000円位のエアゲージ付きを購入しました。

しかし、色々とこだわりやバルブへの取付具合などで不満が出てくると思います。

そうするとちょっといい2台目のフロアポンプを購入してしまいます。

1台目のフロアポンプは遠征用として、車へ常備するという形にしています。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイク乗っていると大切なモノ、やっぱり補給食でしょ。いい補給食があると、やっぱり乗るのも楽…
  2. 明日からゴールデンウィークという方も多いと思う。この連休にロードバイクで出かける予定や準備をしている…
  3. ロードバイクでも、普通のママチャリでも、走行スピードに差がありますが、走り方の基本は変わりません。…
  4. つるしで買った20万円程度のロードバイクだと、十中八九シマノの鉄下駄ホイールが装着されているだろう。…
  5. 春からロードバイクに乗り始めた方であれば、そろそろ100㎞距離の壁を打ち破っているのではないでしょう…
PAGE TOP