軽自動車にロードバイクは乗るのか?【4人乗り確保】

スポンサードリンク

軽自動車の荷室にロードバイクを積むことはできるかを検証。

いまや日本の車といえば、軽自動車というくらいになっています。あの小さい枠の中にすごいくらいのスペースユーティリティを確保しています。

とはいっても、さすがに小ささは隠せません。そんな軽自動車に4席を確保したまま荷室部分にロードバイクを載せることができるかをチェックしてみました。

ちなみに車載する軽自動車は10年以上前に購入をしたホンダライフです。

バイクからホイールを外す

まずはロードバイクをひっくり返し、リアホイール、フロントホイールを外します。

エンド工具を利用して立てた状態で積載する

リアエンド工具を利用して、サドルとリアエンドを下にして、バイクフレームを荷室に載せます。

リアエンド工具を使用することは必須と思います。

これがリアエンド工具。輪行する場合も必須のツールですね。

輪行を考えているかたは、これしか選択肢がないツールですので、持っているとよいかもしれません。

リアホイールを積載してリアハッチを閉める

リアホイールを載せる。軍手などでカセットはカバーするとよいかもしれません。

リアシートの傾斜角度チェック

リアハッチを閉めてみたところ、全く問題なく閉まりました。

さて、この時のリアシート傾き具合ですが、このような状況です。

具体的には直立よりワンノッチだけ寝かせた位置で落ち着きました。もうワンノッチほどいけそうな状態です。

ヘッドレストなどは取り付けた状態で問題ありません。

また実際の積載時にはチェーンやチェーンホイールを汚れ防止、ウェスなどで包みました。

後方視界について

後方視界はこのような感じです。

ぎりぎり司会は確保されているというような状態です。

この状態なら、4人乗りも確保でき、さらにロードバイクを荷室に積載できました。

この積み方のメリットはロードバイクが車内で暴れないことです。

またシートをきちんと確保できるので、人が後席に座れることはもちろん、荷物積むときも非常によいでしょう。

10年以上前のホンダライフですが、全く問題なく荷室にロードバイクを積載することができました。

ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクを購入して、いの一番に交換するパーツがいくつかある。たとえばサドル。たとえばステム。…
  2. VerentiはWiggleの独自ブランドです。プライベートブランドですが、その品質や性能は折り紙つ…
  3. パンツに続いて、このサイクルジャージもなかなか手ごわいピッチリさです。サイクルパンツとサイクルジ…
  4. 自転車にのるときにフロントライトの重要性は言うまでもありません。フロントライトは文字通り、自転車…
  5. ロードバイクでも、普通のママチャリでも、走行スピードに差がありますが、走り方の基本は変わりません。…
PAGE TOP