【Wiggle編】海外通販で実際にロードバイクを2台ほど買ってみた

スポンサードリンク

ロードバイクを海外通販で、トータル5台、MTBを1台ほど購入をしている。

その内訳はWiggleで4台、そしてCRCで2台。オレのロードバイクとMTBは両方ともCRCで、その他すべてWiggleだ。

現在まで、けっこうな数、海外自転車通販を利用しているが、トラブルは起きていない。

ロードバイク完成車についても、問題なし。

どのような感じで、海外通販で購入をして、どのくらいで手元に到着をするのか追ってみましょう。

WiggleでデローザR848を購入した

この当時、デローザR848は国内価格で約30万円程度だった。

海外のラインナップではシマノ105コンポーネントというモデルが存在をしていて、オレ的にカンパよりもシマノのほうがありがたかった。

価格も20万を大きく切っていて、送料と税金を含めて、ちょうど20万円程度になった。

バスケットから支払い

いろいろな通貨を選択できました。

アカウントにログイン

アカウントにログインをしていない場合は、ログインをします。

初めての購入の場合は、この時点でアカウントを作成します。

クレジットカードで支払い

支払いには各種クレジットカードやペイパルなどでの支払いが可能。

カード情報入力

問題なければ発注をします。

購入の手続き完了です。

アカウントの購入履歴

アカウントにログインをして購入履歴に注文手続きをしたデローザR848がリストされています。

ここには注文番号や、現在の状況などが表示されています。

1週間で配送完了

購入をしたのが5月25日。自宅に到着をしたのが1週間後の6月1日でした。

デローザR848

組み立ては簡単です。バイクの組み立てよりも梱包材の取り外しが面倒です。

パッケージには工具なども入っています。

デローザR848

すぐに試走に行きました。

試走に行く場合もパンク修理セットや携帯ポンプを持参しましょう。

Wiggleでチネリエクスペリエンスを購入した

長女のロードバイクもWiggleで購入をしました。

チネリのエクスペリエンスです。シマノ105コンポーネントでまとめられているアルミフレーム製のスタンダードなロードバイクです。

バスケットから支払い

バスケットに追加をして支払いに進みます。

アカウントにログイン

アカウントにログインをしていない場合は、ログインをします。

クレジットカードで支払い

支払いには各種クレジットカードやペイパルなどでの支払いが可能。

購入の手続き完了です。

8日後に配送完了

到着

購入をしたのが3月13日。自宅に到着をしたのが1週間後の3月21日でした。

組み立ては簡単です。輪行でいつもやっていることを行えばいいだけです。

バイクの組み立てよりも梱包材の取り外しが面倒です。

パッケージには工具なども入っています。

真っ白なバーテープがまぶしいです。

あらかじめ購入をしておいたペダルやレディースのサドルを取り付けました。

何の問題もなく、1年半経過した現在もノートラブルで走っています。

ホイールはシマノアルテグラWH-6700、タイヤはコンチネンタルGP4000に交換をしています。


このように、現在まで海外通販でロードバイクを購入しても、何の問題もありませんでした。

ただ、やはり初心者の方や初めてロードバイクを購入する場合、信頼のおけるバイクショップに行ったほうがいいことは言うまでもありません。

安い買い物ではありません。

海外通販は現在の円安でも非常に魅力的な価格となっています。

価格ですべてが決まるわけではありませんが、選択肢として知っておくのは良いと思います。

最初のロードバイクは、あなたのこれからの楽しいバイクライフを左右するかもしれませんので、ぜひいろいろと検討をしてみてください。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. これからロードバイクをある程度乗り込んでいくとなると、ローラー台は視野にいれることおススメをします。…
  2. MEKKのミッドレンジバイクであるPoggio2がカーボンフレームで登場です。MEKK(メック)…
  3. 2014/8/11

    ヘルメット
    2輪車に乗るときにはヘルメットは絶対に被りましょう。車と違い2輪車は体がむき出しです。この状態で…
  4. ロードバイクを買って、嫁さんと毎日のように近くのサイクリングロードを走りに行っていました。そのう…
  5. アメリカンバイクブランドGT!「GRADE」シリーズAL Tiagra 2015はオンロードから…
PAGE TOP