ディスクブレーキの簡単グレードアップ【シマノアイステックローターってなんだ?】

スポンサードリンク

今年の4月に初めてディスクブレーキロードバイクを購入したのだが、その性能はまーまーというところ。

普通に走る分には、絶対に熟成されているキャリパーブレーキのほうがいいに決まっているが、その使用フィールドや環境が変われば間違いなくディスクブレーキにアドバンテージがある。

それはMTBの世界を見ればわかる。そのほとんどがディスクブレーキだ。

オレのロードバイクディスクブレーキは機械式なので、一番性能が上がるのは油圧にすることだが、ブルべはオレは機械式にメリットを感じているので、交換する予定はない。

また油圧にして絶対制動力が上がっても、ロードバイクのタイヤではその性能をフルに使いきるのは多少疑問もある。使いきる前にロックしそうだし・・・

では、その他でディスクブレーキの性能を上げる方法はあるのだろうか?

シマノアイステクノロジー(SHIMANO ICE TECHNOLOGIES)

さすがマウンテンバイクの世界は、ブレーキにかなり力を入れている。

スピードをコントロールすることでは、同じとは思うが、その使い方の過酷さからは、ロードの比ではないかも。

MTBのダウンヒルなどを見ていると、その凄まじさと、ブレーキの大切さも良く分かる。そんなフィールドから開発をされたのがIce Technologies(アイステクノロジー)だ。

アイステクノロジーブレーキローター

ブレーキローター

熱ダレしにくく、最後までパフォーマンス全開で走れるブレーキローター。シマノアイステクノロジーはこのブレーキローターの担う部分が大きいだろう。

耐久性グラフ

  • http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/customer-service/s-bike_function/a-line/ice-tech.html より画像引用

アイステクノロジーによるレジンパッドの耐久性グラフだ。ローターの変更だけでも、これだけの摩耗量に差が出てくるというのは驚きだ。

パッドの摩耗量がおさえられるのは、ロングディスタンスをよく走るオレにもメリットがかなりあると考える。

アイステクノロジーローターの構造

アイステクノロジーローターの構造

  • http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/customer-service/s-bike_function/a-line/ice-tech.html より画像引用

上記画像がシマノの「アイステクノロジーローター」の構造となります。

ロータ構造が3層構造となっていて、中心アルミ素材をブレーキパッドが当たる表面にステンレス素材によるサンドウィッチ構造になっています。

断面

こちらがアイステクノロジーローターの断面だ。

アルミニウムという素材は、その熱伝導性が高い。それは熱をよく通す、すなわち「よく冷える」ということになるわけだ。

外側のステンレスローターがアルミニウム素材をサンドしている構造が良く分かる。


実は、機械式ディスクの効きに、多少の不満がある。効きがかったるい感じなのだ。

もう少し、きっちり効いてほしいと思っている。

そこで、このアイステクノロジーローターとレジンパッドの導入を試みようと思っている。

前述のパッド消耗が抑えられるのは非常にメリットを感じるし、現状のブレーキの効きがもう少しよくなると本当に助かる。

あと・・・ブレーキローターやパッド交換を実際に行っておくことを経験したいこともあり。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. ディスクブレーキ搭載のロードバイクを海外通販で購入をしてみた。今まで乗っていたカーボンバイクの走…
  2. 2014/8/11

    ヘルメット
    2輪車に乗るときにはヘルメットは絶対に被りましょう。車と違い2輪車は体がむき出しです。この状態で…
  3. イギリス自転車競技界、90年代に活躍した元ロード選手クリス・ボードマンが手がけたBoardmanはエ…
  4. 先月うちに到着をした長女のバイク「アズーリ Forza Pro Ultegra Di2」到着をし…
  5. 各ロードバイク業界も来年2017モデルがリリースされている。当然、今年オレの買った2016年モデルも…
PAGE TOP