ロードバイク乗りに取って「キンドル アンリミテッド」はどうよ?【kindle unlimited・解約法も】

スポンサードリンク

先日遅ればせながら「キンドル アンリミテッド」を使ってみた。(1ヵ月無料)

オーストラリアに行く飛行機の中で、本を読みたかったのもあり、使ってみた。

サービス的にはいつでもどこでも(といっても端末は6台まで保存は10冊まで)本を読み放題となっている。

さて、このキンドルアンリミだが、ロードバイク乗り的にはどうよと思うわけ。

現状のアンリミの確認、アンリミ内でのロードバイク関連の本をチェックしてみた。

キンドルアンリミテッドにするには

キンドルアンリミテッド

アマゾンにログインしていれば、上記ワンクリックで完了。

キンドルアンリミにあるロードバイク関連本

アンリミ

ログインすると、たくさんの本がずらっと並ぶ。その数数万冊。これが月額980円となっている。

それではさっそくロードバイク関連本をチェックしてみる。

ロードバイク

「ロードバイク」で検索をするとトータル107冊(2016年12月)のロードバイク関連本がある。

自転車

「自転車」で検索をするとトータル253冊(2016年12月)の自転車関連本がある。

サイクルスポーツバックナンバー

サイクルスポーツ

サイクルスポーツのバックナンバーは2016年6月号からあった。

もちろん最新号も読める。

紙媒体雑誌の場合サイクルスポーツは670円。アンリミはもちろん0円。

バイシクルクラブバックナンバー

バイシクルクラブバックナンバー

バイシクルクラブのバックナンバーは2012年あたりの本もあり、かなりバックナンバーが充実をしている。

もちろん最新号も読める。

紙媒体雑誌の場合バイシクルクラブは890円。アンリミはもちろん0円。

キンドルアンリミテッドは買いか?

もし、「サイクルスポーツ」「バイシクルクラブ」を毎月購入している方であれば、1,560円。

紙媒体にこだわらないのであれば、キンドルアンリミは買いだろう。差額が500円以上あり、さらに他の本も読み放題。置き場所も困らない。

ちなみに現時点での各カテゴリの登録冊数は以下になる。

  • 文学・評論:17,607
  • ビジネス・経済:7,909
  • 趣味・実用:6,907
  • 暮らし・健康・子育て:5,539
  • コミック:29,206
  • 雑誌:5,521

その他にも「人文」「ノンフィクション」「歴史・地理」「語学」「ライトノベル」「タレント写真集」など、けっこうよりどりみどり。

この中に毎月買っている雑誌関連が3つもあれば、間違いなくアンリミは買いかもしれない。

オレは毎日1冊ビジネス書の流し読みをしている。

雑誌関連は10インチ以上のディスプレがいい

yoga

通常のビジネス書などテキスト系なら、スマホでも大丈夫だが、雑誌関連など画像や写真が多数使われているモノを見る場合、ディスプレは大きいほうがいい。

できれば10インチあると、非常に見やすいよ。

オレはYoga2の10インチを立てて、PC横に置いてみている場合が多い。

Yoga2の10インチはいいよ。キーボード付属してるWinタブレット。オフィスが抜かれている新古品なら2万ちょい。安い。

キンドルアンリミテッドの解除・解約

端末N管理

キンドルアンリミは初月は無料だ。もし、気に入らない場合はきちんと解約しておかないと課金される。以下キンドルアンリミテッドの解約法。

アマゾンアカウントにログインをしてアカウントサービスの「コンテンツと端末の管理」をクリックする。

設定

「設定」をクリック

管理

「登録を管理」をクリック

キャンセル

「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックする

終了

「メンバーシップを★月★日に終了」をクリックする。

以上でキンドルアンリミの解約ができます。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. 実はタンデムバイクにあこがれている。海外のブルべなどに走ると、ある一定台数のタンデム自転車が走っ…
  2. 無駄なものが一切ついてないロードバイク、ただ単に速く走るためだけの乗り物ロードバイク。この非常に…
  3. 2017年も1ヶ月が終了をしようとしている。今年のライドはどのような計画になっていますか?オレの…
  4. 先日ウチにBD-1がやってきた。このBD-1は折りたたむことがほんとうに簡単。冗談抜きにして慣れ…
  5. オートバイに乗り続けてきた。そう、オレは高校のときにバイクの免許を取って21歳のときに限定解除した。…
PAGE TOP