【Fulcrum Racing Zero】フルクラムレーシングゼロ購入・到着!開封の儀

スポンサードリンク

サイクリングエクスプレスでフルクラムレーシングゼロを発注したのが先週の2月7日。

そしてうちに到着をしたのが2月10日。

とんでもなく早い納品された。すごいぞサイクリングエクスプレス。

海外通販を感じさせないなんと3日での到着。というわけで、海外通販を感じさせない、この早い納品は特筆できる。

サイクリングエクスプレスの発送はなんと3日で到着

サイクリングエクスプレス

この安さで、VIPだと1万円割引になっている。

VIP会員も今月末までは3,900円→1,500円で、何か購入すればもとは取れそうだね。

ただ、唯一のネック、サイクリングエクスプレスはホイールも送料がかかること。送料5,900円は高いんだよね。

送料を考えるとWiggleも捨てがたい。Wiggleは送料無料で送料を考えるとコッチのほうが安い。

税金

ちなみに関税関連は3,940円かかった。内訳は以下

  • 消費税:3,400円
  • 取扱料:540円

海外通販の消費税は安いのが助かる。

梱包状態

開梱

ホイールの梱包は完璧。箱の損傷はまったくなかった。

フルクラムレーシングゼロ

プチプチ梱包材にしっかりと両ホイールともくるまれていた。

フルクラムレーシングゼロ

しっかり梱包されたレーシングゼロ!

フルクラムレーシングゼロの各部画像

フルクラムレーシングゼロの各部近撮

リム・ニップル

ニップル

太いニップル

スポーク

ニップル部が左右に振られている。

スポーク

ハブ部

ハブ

フロントホイールハブ部

フロントハブ

フロントホイールハブ内側

USBハブ

フロントハブ。USB(ULTRA SMOOTH BEARINGS)のデカール。

同梱品(クイックシャフト、説明書類)

クイック

リム幅17mm

リム幅17mm

リムはワイドの17mm幅。

リアホイール

リアホイール

リアホイール。

リアホイールフランジ部

リアフランジ

リアフランジ

リアホイールフランジ部、カセット側の裏側。

フロントホイール重量(690g)

フロントホイール重量

リアホイール重量(900g)

リアホイール重量

リアとフロント両方合わせて実測値は1590gとカタログ値の1518gより少々重め。

フロント、リアホイールともクイックシャフト込みの重量。

タイヤはグラベルキング26C

グラベルキング

タイヤは引き続きグラベルキングの26C。

レーシングゼロへの取り付けは本当に楽。タイヤレバー一切必要なしで手だけで装着完了。

エアは6.5充填。

アルテグラカセット

カセットはシマノアルテグラ。CS-6800 11S 11-32Tを装着。32Tあればどんな坂道も怖くない!

バイクにホイール装着

ホイール装着

バイクにホイールを装着してみた。スポークが横から見ると非常に太く見えてかなりビジュアルはよし。

当然、前のホイール(フルクラムレーシングクアトロ)よりも軽量化されている。

ただ、ローラー台の上ではその違いは全く感じなかった。スマン。

来週、300kmブルベ走ってくるので、レビューをします。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. 日本の桜は各地で満開の便りがとどいている2018年3月28日の昼下がり、平日に荒サイを走りにって…
  2. 折りたたみ自転車・ミニベロといえば、このBirdy(Bd-1)を思い浮かべる方も多いのではないだろう…
  3. ガーミンGPSサイクルコンピューターをちょっと比較してみましょう。今年も暑い夏がやってくる。夏休…
  4. 身長がない女性にロードバイクという機材は、けっこうやさしくない。特にシフト関連や変速関係はやさし…
  5. ロードバイク乗っていると大切なモノ、やっぱり補給食でしょ。いい補給食があると、やっぱり乗るのも楽…
PAGE TOP