ロードバイクとは

スポンサードリンク

ロードバイクは自転車の一種です。以前は「ロードレーサー」と呼ばれていましたが、現在ではロードバイクという呼び方が一般的のようです。

舗装路を走ることを前提に設計をされた自転車、あらゆる自転車の中で「速く走る」ということを目的になっている車種です。

外観は細いタイヤとドロップハンドルが装備されていて、走るという目的以外のマッドガードやライト類などは潔く、最初からついていません。

MTBやクロスバイクとの違い

普通の人がスポーツ系の自転車として、すぐに思い浮かぶのが「MTB(マウンテンバイク)」や「クロスバイク」ではないでしょうか。

ママチャリではないスポーツバイクとなると、この2車種がすぐに思い浮かび、近くのホームセンターや町の自転車屋さんでも展示されているので、一番 身近なスポーツバイクと思われます。ただ、ホームセンターなので扱っている車種は「ルック車」とよばれ形はソレっぽいですが、コストダウン大量生産により 競技には少々使いにくいものとなっています。

mtb

MTBの方は太いフレームに太いタイヤ。ダートや未舗装路を走るために設計をされたバイクです。車種によってはフロントやリアにサスペンションも装備されています。

クロスバイクは軽快なフレームに少々太めの舗装路用タイヤが装備されています。フラットバーのハンドルが一般的で、普通の人にもとても乗りやすい車種です。

この2車種に比べ、ロードバイクは最初から舗装路オンリーという前提で、いかに速く走れるかということを念頭に作られています。

タイヤは手の親指くらい(一般的に23C)の細いタイヤ、挑戦的なドロップハンドル、跨ぐことができるのかと思うくらいの高いシートポジション、ど うやって変速をしたらいいかわからないようなブレーキシフト部、雨が降ると悲惨な状況になるであろうマッドガード(泥除け)無し、ライトやベルなどの安全 装備も無し、バイク新車購入時にはペダルも無し・・・と、「速く走る」という目的以外のモノは完璧に潔く取り払われています。

かなり、心してかからないといけないシロモノであることは間違いありません。

ロードバイクの魅力

タイヤが付いている車両モノは、かなりの割合で「レース」という競技があることが多いです。

それは純粋に速さを競うもので、また歴史的にも技術的にもレースや競技によって、それら車両、そして機材や技術は進化をしてきました。

自転車というくくりの中で、その役割をロードバイクが行ってきたことは、誰の目にも明らかです。

軽量という名のもとに、不必要な物は一切取り外された車体に、これまた抵抗というものを極限まで削ぎ落とした細いタイヤを装備しています。

人間の非常に少ないリソースをできるだけ、走るということに注力をした結果、このような形になったことはわかりやすいです。

ロードバイクを初めて乗ると、その漕ぎ出しの軽さにびっくりするはずです。特にママチャリというカテゴリの自転車しか乗ったことない方は異次元の乗り物と思えるでしょう。

ロードバイクは平坦な道であれば、時速30km/hというスピードを維持することは、さほど大変なことではありません。そして走り続ければ、50km、100kmと、どんどんと遠くへ行くことができます。

そして、その時間もどんどんと縮まります。

自分の足で、こんなに速く、そして遠くへ行くことができるなんて、本当にびっくりすることうけあいです。

その速さを武器に「レース」「エンデューロ」「ヒルクライム」「ツーリング」「ロングライド」・・・色々なカテゴリの楽しみ方が生まれます。

そうです、ロードバイクの魅力は「速さ」そのものと思います。

ロードバイクで速く、遠くへ

私は2012年の夏にはじめてロードバイクというものを手にしました。

それから、このロードバイクの面白さにハマり・・・たぶん(ロードバイクを初めて手に入れた)普通の人より少し多く練習をしました。

ロード

はじめてのロードバイク購入から約4ヶ月後、2012年10月の終わりに、1日で200km(12時間)走り切ることが出来ました。

その後、色々なイベント、耐久レース、ロングライドイベントなどにエントリーをしました。

たとえば、私の走ったことがあるもので、こんな速さ、そして距離があります。(2012-2014年)

  • 鈴鹿耐久6時間:180km
  • FISCO100km:2時間55分
  • 海外ブルベ:1400km(116時間)
  • 九州1周:1500km(1週間)
  • 最長ロングラン:2100km(鹿児島→青森 9日間)

そうです、ロードバイクは速さ命です。そしてそれがロードバイクの魅力そのものなのです。

自分の足と意思だけで速く、そして遠くまでいけるロードバイク!

もう、ホント病みつきです。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. デローザR848のコンポーネントを総とっかえした。現状でシマノ105の5700系となっていたのだ…
  2. 長距離のブルべを走っていることもあり、ヘッドライトについては、非常に気を使う。普通のサイクリング…
  3. 身長がない女性にロードバイクという機材は、けっこうやさしくない。特にシフト関連や変速関係はやさし…
  4. 新春のCRCをチェックすると、その中で現在一番お買い得は、間違いなくこのバイク。もし、フレームサ…
  5. デローザといえばハートマーク、ハートマークといえばデローザDe Rosaというくらい、インパクトのあ…
PAGE TOP