ロードバイク購入のポイント

スポンサードリンク

ロードバイク購入のポイントを考えてみましょう。

一台の自転車の価格が決まるためには色々なものが組み合わさり決定をされます。

ロードバイクはフレームや構成しているパーツが非常に高額のため、おのずと車両価格が高くなります。

大量生産ができないこともその理由の一つになるでしょう。

ディスカウントスーパーに安いクロスバイクを買いに行くのと違い、かなり長い時間付き合うことになるであろうロードバイクを決定するには、チェック項目があります。

そんなロードバイク購入のポイントを見て行きましょう。

予算を決める

デローザがいいな、コルナゴがいいな、ピナレロがいいな・・・・ということは、まずおいといて。

まず決めなくてはいけないのが予算です。

ロードバイクは高いです。ヘタするとオートバイが買えます。ヤフオク見えれば自動車が買える値段と思っていいでしょう。

予算が10万円しかない場合もあるでしょう。しかし・・・残念ですがそれでは、カーボンフレームのアルテグラコンポ装備のバイクは無理なのです。

というわけで、まずは、しっかりと予算を決める必要があります。

予算ですが、車両代+必要アイテム代+半年分の予備費を念頭に置きましょう。

車両代

言うまでもありません。あなたのほしいロードバイクの車両価格です。

必要アイテム代

ヘルメットやグローブ、ウェアやパンク修理キットなど、走るために必要なアイテムです。

予備費

パンクをすれば、チューブに1,000円程度かかります。

走りに行けば、出先でお金がかかります。

ツーリング行きたくなればちょっと大きいサドルバッグ、輪行袋などが必要になります。

冬になれば長袖ウエアがほしくなり、夏になれば、2本目のドリンクボトルが必要になります。

そんな予備費を考慮しておきましょう。

必要アイテム代と予備費で5万円程度あるといいと思います。

ロードバイクメーカーを知っておこう

ロードバイクのメーカーはたくさんあります。

その中でもメジャーなメーカーをピックアップしました。(順不同)

いやいや、どこのメーカーのバイクもかっこいいですね。また新しいバイクが欲しくなってしまいそうです。

ヨーロッパ系、アメリカ系、そしてもちろん日本のメーカーなどたくさんありますので、色々と見ましょう。

たくさん見ていくと、バイクの種類や、単語などがでてきます。

知らない単語や用語はネットを使ってチェックしておくこともおすすめです。

ちなみに私のバイクは「BE ONE」というオランダのメーカーです。

日本に代理店がないので、あまりみないことが気に入っています。

サイクルショップに行ってみよう!

ロードバイクを購入する場合、通常は一番近いところにあるサイクルショップに行くでしょう。

そのサイクルショップをチェックして、あなたの気になるバイクを取り扱っているかを確認しましょう。

複数のショップがあるなら情報収集とお店の雰囲気チェックをしに、ぜひショップへ行ってみましょう。

たくさんのバイクがありますので、実際に見てみると、ネットや雑誌で眺めるのとは、まったく違うことに気がつくはずです。

サイクルショップでビビらないために

いきなり高額なものをすすめられたり、ワケわからない単語を並べられてビビらないために、先制攻撃をします。

「次のボーナスで考えているので、いろいろ教えて下さい!」

これでOKです。買う気はあるけど、今は買えないという意志をしっかり伝えます。

根掘り葉掘り聞きましょう。

ショップに行って必ずチェックすること

ショップに行って必ずチェックすることがあります。それはあなたの適切なフレームサイズの算出です。

コレばかりはネット上や雑誌でチェックすることはできません。

なので、実際にショップへ足を運べたら、店員さんにチェックをしてもらうことおすすめします。

いったい体のどこを測り、どんな長さがチェックポイントになるのか。自身でもメモをとるといいでしょう。

その際、ほしいバイクメーカーが決まっているとより具体的な数字が出ます。フレームディメンションはネットでチェックできますので、他のバイクにも当てはめられます。

できたら複数ショップでチェックできるといいですね。

長く付き合えるショップか

実際にショップへ行けば、その雰囲気などもわかります。

ロードバイクの整備やメンテ、相談で足を運ぶことになるでしょうから、ぜひその雰囲気もチェックしておきましょう。

クラブやチームがありそうなら、それとなく内容を聞いておくといいかも。

購入時期を考える

実際に購入を考える時、けっこう大事なのは時期です。

シーズン時は、フレームサイズなどは豊富に在庫されている場合が多いです。

逆にシーズン終盤はサイズが少なくなりますが、セールをやっている場合があるので、型落ちを安く手に入れられることもあるのです。

ちなみにうちのバイクは全部セールで購入しました。

さぁ、買いに行くぞ!

っと、意気込んでショップへ向かいます。何回か足を運んで店員と顔見知りになっていれば、あまり問題はないでしょう。

それでも購入をするときには以下の項目を明確にしましょう。

  • 予算
  • ロードバイクを乗る目的
  • 経験

とにかく「予算」と「目的」を明確にします。そうすれば、無闇やたら高い買物をすることはありません。

最初に予算をビシッと決める。

前述のように車両以外に5万程度の予備費は必要です。

普通のビギナーさんがロードバイクの予算となると、20-30万円の間になるでしょうか。そこから5万程度引いて愛車を決めていくわけです。

ロードバイク価格レンジ比較

予算はあればあるほどよいのですが、ビギナーさんは、現実的に30万くらいのバイクで収まるのが普通でしょうか。

参考までに価格レンジによるバイクの比較をしてみましょう。

車両価格10万円程度

この価格帯は、ほぼ間違いなくアルミフレームです。総重量で比べるとカーボンフレームには及びません。

そこそこ軽量、扱いやすく、ビギナーさんには良いフレームと思います。

しかし、コンポーネントがしょぼい場合が多いです。コンポーネントはSORAかティアグラと思って間違いありません。

ポイントはカセットが10スピードが付いているかをチェックです。10速がついていれば、ホイールグレードアップができるからです。安いからといって8速や9速は絶対に手を出してはいけません。

現状のホイールは10、11速兼用ですので、よいホイールを買っても後々上位機種に対応できます。なので、10速は絶対にチェックをしましょう。

あとは似たり寄ったりですので、メーカーとフレームサイズで選べばよいでしょう。

車両価格20万円程度

たぶん、この価格帯を購入する方が一番多いと思います。

フレームはアルミ、フォークはカーボンという構成になり、コンポーネントはシマノ105クラスがついてくるでしょう。

カセットも10速ですので問題なしです。念のためもう一度、8速や9速は絶対に手を出してはいけません。

やたら安いシマノ105装備・・・と書いてあるバイクは「クランク」や「ブレーキキャリパー」が安物になっているので要チェック。

車両価格30万円程度

ここまで出せれば、フルカーボンフレームにシマノ105、もしかしたらアルテグラがついてくるでしょう。

このレンジでチェックするべきはホイールです。車両価格がそこそこ高いのに安いホイールがついていたら、その理由はきちんと把握するべきです。

逆に30万を大きく割り込み、カーボンフレーム+アルテグラ+安ホイールなら、後々ホイールは買い替えと割り切るのもありと思います。

3,000kmも走れば、最初のタイヤが寿命、軽いホイールが欲しくなる時期ですから。

型落ち10速と新型11速でも価格レンジが変わります。一体どこにコストがかかっているのかをチェックして、あなたの重要視している部分とすり合わせをしましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。今年もずいぶんと…
  2. ロードバイクは積載場所が非常に少ないです。そんなロードバイクのボトルゲージはとても大切な積載スペ…
  3. ビギナーさんが100kmを走れるようになると、いろいろなサイクルイベントにトライできる。そして1…
  4. ロードバイク乗っていると大切なモノ、やっぱり補給食でしょ。いい補給食があると、やっぱり乗るのも楽…
  5. 台湾サイクリングへ行ってきたのだが、あまりにも台湾のサイクリングはすばらしすぎるので、たくさんの人に…
PAGE TOP