2016年度版:15万円で始めるロードバイクライフ【バイク+アイテム+装備フルセット】

スポンサードリンク

2016年もはじまりました。ロードバイクに今年こそ乗りたいあなた!

何をはじめるのも年明けは、本当にやりやすいです。

そして、今の時期、ショップには新型モデルが並んでいます。

年末セールなどはありませんが、この時期であればフレームサイズは選び放題。

そこで、スタートをするにあたり、予算15万円ほどでロードバイクをはじめたい!そんなあなたに必須アイテム、必須増備をすべてそろえてみたいと思います。

11万円前後の10速装備・2016年度版ロードバイク

まずは何はなくともロードバイク。

この時期であれば、すべてのフレームサイズがよりどりみどり。

その中でも、後々グレードアップを視野に入れコンポは10速。

とりあえずTiagraを装備されているロードバイクをチェック。

予算が決まっているので、ざっくりと11万前後程度のレンジで以下をピックアップしてみました。

Verenti – Technique Tiagra (2016)

Verenti - Technique Tiagra (2016)

  • Verenti – Technique Tiagra (2016):100,555円(Wiggle)
  • 6061 アロイフレーム
  • フルカーボン先細フォーク
  • Shimano Tiagra グループセット
  • クランク:50/34T
  • カセット:11-28T10速

Verentiのエントリーモデル。

アルミフレームにカーボンフォークというスタンダードなセッティング。

しかし、最新20速のシマノTiagra グループセットがチョイスされていますので、あとあとのホイールグレードアップも大丈夫!

クランクはコンパクトで安心。

Mekk – Pinerolo AL SE 0.3 Tiagra (2016)

Mekk - Pinerolo AL SE 0.3 Tiagra (2016)

  • Mekk – Pinerolo AL SE 0.3 Tiagra (2016):116.024円(Wiggle)
  • Mekk Pinerolo SE アロイフレーム
  • アロイ/カーボンフォーク
  • Shimano Tiagra グループセット
  • クランク:50/34T
  • カセット:11-28T10速

フレームカラーがちょっと目を引くMekkの2016年エントリーモデルです。

エントリーモデルですが、アルミフレームにカーボンフォークはきちんと装備。

Shimano Tiagra グループセットで当然20速。

ちょっと太めのダウンチューブがかなりカッコいい1台です。

ロードバイク必須装備アイテム

ロードバイクはママチャリと違い車両を買えば乗れるというものではありません。

そもそも、ロードバイクにはペダルやベル、ライト類など走る際に必要な装備を別途取り揃える必要があります。

それらのアイテムを見ていきましょう。

シマノ PD-A520 片面SPDペダル

シマノ PD-A520 片面SPDペダル

ビギナーさんのペダルには歩きやすいSPDペダルが絶対におすすめ!

キャットアイ(CAT EYE) ベル

キャットアイ(CAT EYE) ベル

走ることには全く必要ないベルですが、公道を走る際には装着が道路交通法で決められています。

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト HL-EL140

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト HL-EL140

夕方になったり早朝の練習の際にヘッドライトは必ず必要です。

小型軽量でかなり明るいこのライトは、最初のヘッドライトとしておススメ!

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-LD155-R

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-LD155-R

一つテールライトを選べといわれれば、こいつがダントツおススメ!

値段も安く、またどこにでも取り付けられることができるので、本当に扱いやすいテールライトです。

パナレーサー ミニフロアポンプ

パナレーサー ミニフロアポンプ

ロードバイクのタイヤは高圧、そして細身です。

いつどこでパンクするかわかりません。

私は家を出て、3分でパンクしたことがあります。

必ずパンク修理のためのエアポンプは必要になります。

SHIMANO(シマノ) ドリンクボトル

SHIMANO(シマノ) ドリンクボトル

ドリンクボトルは走りに行く際、必ず持ちましょう。

いつもコンビニがあるとは限りません。

ミノウラ ボトルケージ

ミノウラ ボトルケージ

ボトルを保持するためのボトルケージも必ず必要。

ダウンチューブとシートチューブに取り付けることができますので、2つそろえましょう。

サドルバッグ

積載能力が限りなく少ないロードバイクに効率よく荷物を積載できるスペース、そしてアイテムがサドルバッグとなります。

サドルバッグとボトルケージのツールボトル併用で、日帰りサイクリングアイテムは大体積載が可能になるでしょう。

TOPEAK(トピーク) ヘキサス 2

TOPEAK(トピーク) ヘキサス 2

1本でロードバイクをかなりのところまでばらばらにできる携帯ツールです。

チェーン切りは自分のバイクのチェーンを切ることができるか確認しておくと良いでしょう。

キャットアイ(CAT EYE) マイクロワイヤレス CC-MC200W

キャットアイ(CAT EYE) マイクロワイヤレス CC-MC200W

当サイトダントツおススメのワイヤレスサイコンです。

必須ウェア関連装備

ロードバイクはそのスピード域、運動性能、またその目的を考えると、専用のサイクリングウェアが必須と考えます。

もちろんグローブやヘルメットなども必須な装備と考えます。

超軽量ジャパンフィットO-cle自転車ヘルメット

超軽量ジャパンフィットO-cle自転車ヘルメット

私も使っている超軽量ヘルメット。

高価なヘルメットと比較してもひけを取りません。

重量も200gとすごい軽量なヘルメットです。

Shimano – M089 SPD マウンテンバイクシューズ

Shimano - M089 SPD マウンテンバイクシューズ

シマノMTBシューズのミドルレンジです。

甲のストラップにはバックルがあり微調整がききます。

グラスファイバーコンポジットのポリアミドミッドソールで力の伝達を向上され、その性能はロードバイクでも全く問題なし。

サイクルグローブ 指切りハーフ

サイクルグローブ 指切りハーフ

グローブも必ず装着をしましょう。

寒さや日焼けがいやな場合は長指グローブがいいかもしれません。

CASTELLIサイクルジャージ ウェア 上下セット

サイクルジャージはかなり必須。

パンツの尻パッドはもちろん、走行風でウェアがなびかないようになっている専用はやはり着心地がいいです。

またサイクルジャージに必ず装着されているバックポケットは積載能力のないロードバイクには強い味方です。

ウィンドブレーカー 耐水性 防風

ロードバイクの行動範囲は広く、また遠くへ行くことができます。

そんなときウィンドブレーカーをもっていると、あらゆる気温に対処できます。

防水機能があれば、ちょっとした降雨にも対応。

目立ちやすい色にすると良いでしょう。

スポーツ サングラス フルセット 専用交換レンズ5枚

サングラスは目を守るとともに目の乾燥や紫外線から守ります。

1セットでレンズ交換ができるタイプを選ぶと、いろいろと試せると思います。

必須予備パーツ

ここまでかなりの装備やアイテムを見てきましたが、すべて必要なものばかりです。

ここから説明をする予備パーツも必須なパーツやアイテムですので、ぜひ確認をしてみてください。

2本セット コンチネンタルチューブ 700×20-25C

2本セット コンチネンタルチューブ 700×20-25C

ロードバイクで走りに行くときは、必ず予備チューブを持ちましょう。

パンクした際は修理をしないでチューブ交換をします。

できれば2本携帯をすると望ましいです。

パナレーサー イージーパッチキット

パナレーサー イージーパッチキット

複数回のパンクで新品チューブがなくなった場合、通常のパンク修理と同様にパッチを張って修理をします。

最終手段となります。

イージーパッチにしておけば、ゴム糊が乾燥で使えないということもありません。

パナレーサー タイヤレバー 3本セット

パナレーサー タイヤレバー 3本セット

パンク修理にタイヤレバーがあると便利です。

できればタイヤレバー1本でタイヤの着脱ができるようにしておくとよいでしょう。

またタイヤレバーはプラスティック製の場合が多いので、劣化で破損することがあります。経年劣化もチェックしておくと良いでしょう。

総額チェック

この記事をアップした時点での価格ですべてを足してみました。

ロードバイク以外のアイテムや装備、パーツを合算した総額がトータルで「40,522円」です。

これにVerenti – Technique Tiagra (2016)であれば総額「141,077円」。

Mekk – Pinerolo AL SE 0.3 Tiagra (2016)であれば総額「156,546円」。

以上、大体15万前後でロードバイクをはじめることができる環境が整いました。

もちろん、ここにフロアポンプやきちんとした工具セット。ウェア瑠璃の予備や輪行袋など、必要アイテムは、まだまだあるのも確かです。

しかし、上記のものがあれば、とりあえずはロードバイクに乗ることができ、また河川のサイクリングコースや日帰り練習・ツーリングに安心して走りに行くことができます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お正月セール
ママチャリGP

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクアイテムはたくさんのものがあります。その中でも必需品のトップに上がるのが、このボトル、そ…
  2. 自転車のディスクブレーキはなにも目新しいものではない。実は私も小学生の時乗っていたフラッシャー付…
  3. パナレーサー RACE D Evo2をこのところずっと使い続けている。使い始めて3シーズン目だが…
  4. 2014/8/11

    ヘルメット
    2輪車に乗るときにはヘルメットは絶対に被りましょう。車と違い2輪車は体がむき出しです。この状態で…
  5. シマノTiagraをピックアップ。シマノのTiagraは2015年の春に4600系から4700系…
PAGE TOP