ウィンドブレーカー

スポンサードリンク

ウィンドブレーカーは、ぜひ持っていくようにしましょう。

ロードバイクに乗って遠くへ行く場合に必ずウインドブレーカーをポケットに突っ込んでいきましょう。

非常に軽いウェアも販売されています。丸めれば小さくなり、また重量も100g以下という製品もあります。

またウインドブレーカーも自転車用にカッティングをされていますので、前傾姿勢でつっぱりの内容になっています。

ジャージ等と同じでリアが長くなっているタイプがほとんどで、背中が出ることはありません。

リアにはファスナーやフラップがついていてジャージリアポケットの荷物にアクセスできるタイプや、リアポケットそのものが付いているウェアもあります。

ウインドブレーカーは、寒い時や天候が悪くなってきた時に着用することが多いので、目立つ色を採用されているようです。

蛍光テープなどで夜間は目立つようにも工夫されています。

ベストタイプ

ウインドブレーカー

ウインドブレーカーにはこのようなベストタイプのものもあります。

袖付きよりも非常に軽量、また着用もしやすいです。臓器を風から守り冷やさないようにするためにはとてもよいアイテムです。

裏技ですが、100円ショップなどのビニール雨具は安くていいのですが、自転車で使うとすぐにフロントホックが破けます。

そこで、ビニール雨具を着用したら、このようなベストタイプのウィンドブレーカーを着ると100円雨具が長持ちします。


季節が夏でも、自転車で標高が高いところや峠へ登るとピークは予想以上に気温が低いです。

また汗をかいた状態でのダウンヒルはほんとうに体が冷えます。

安いものでも構いませんので、自転車にのるときはぜひウインドブレーカーを持って行ってください。

その一枚があなたの体を守ってくれます。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. まずはメインとなるロードバイクの価格について考えてみましょう。一口にロードバイクと言ってもその種類は…
  2. ロードバイクで輪行をよくやります。というか、このところは自宅から自走で走ることはほとんどない・・・い…
  3. ロードバイクを乗っていると、やたらとロードバイク本体車両やバイクパーツ、ウェアなどが増えていく。…
  4. ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。今年もずいぶんと…
  5. 基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。まれにママチャリのようなフラットベダルがついて…
PAGE TOP