レインウェア

スポンサードリンク

普通に練習やサイクリングロードを走りに行く時にレインウェアは必要ないでしょう。

ウインドブレーカーがあれば、少しの雨ならまったく問題ありません。

しかし、泊まりがけのツーリングやロングライドの時は、考えてみても良いアイテムかもしれません。

はっきり言って、雨の中を半日も走っていればウェア内にしみてきます。

だからといってレインウェアがいらないかといえば、やはり欲しくなります。

いいレインウェアは、(私は持っていませんが)相当いいようです。

私のやっているロングライドイベント、ブルベのライダー達で絶大な人気といえば、mont-bell GORE‐TEX サイクルレインジャケットです。

mont-bell GORE‐TEX サイクルレインジャケット

ゴアテックスということもあり、普通の素材レインウェアより蒸れは少ないようです。

またサイクル用ということで、カッティングも全景に適したものとなっていて、雨の時でも快適なライディングが実現されます。

重量は上下合わせて500gを少し超えるくらい。

いっそ、ウインドブレーカーの代わりとして、このレインジャケットを持っていれば、間違いはないでしょう。

ジャケットの脇に付いているベンチレーションはかなり効果があり、長距離、ロングライド、ブルベなどでは、もはや定番となっているレインウェアです。

問題は、その値段。モンベルということもあり、ほぼ値引きはない場合が多く、通常でも上下5万円以上するシロモノです。

雨天時の安心と快適を取るか、雨はあきらめて安い製品で行くか、思案のしどころです。

ちなみに私は上下で1万円ほどのレインウェアでしのいでいます。


たぶん、オレの走っているブルべでレインウェアといえば、たぶんこのモンベルのヤツの装着率が一番高い。

値段は高いが、その性能はお墨付きといっても過言ではない。


スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お正月セール
ママチャリGP

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 台湾サイクリングへ行ってきたのだが、あまりにも台湾のサイクリングはすばらしすぎるので、たくさんの人に…
  2. ロードバイクは積載場所が非常に少ないです。そんなロードバイクのボトルゲージはとても大切な積載スペ…
  3. 基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。まれにママチャリのようなフラットベダルがついて…
  4. ロードバイクアイテムはたくさんのものがあります。その中でも必需品のトップに上がるのが、このボトル、そ…
  5. ロードバイクを含む2輪車を乗る時、ヘルメット、グローブをはじめ体を守るアイテムを装着して走る必要があ…
PAGE TOP