携帯エアポンプ

スポンサードリンク

ロードバイクに乗る場合、常時持っておくものの1つに携帯エアポンプがあります。パンク修理ができてもエアを入れられなければいけません。

2つ念頭に置いておくことがあります。

  • ロードバイクタイヤのエアは非常に高圧
  • 仏式(フレンチ)バルブ

以上の理由より、一般家庭においてあるママチャリ用の空気入れでは入りませんし、ましてや自転車に取り付ける携帯ポンプは専用のものでなくてはいけません。

携帯エアポンプの選択基準

携帯エアポンプの選択基準をいくつか考えます。

走行距離に応じて複数のポンプを持つ

私は携帯ポンプを2本持っています。1本は非常に軽量なポンプです。

そしてもうひとつは小型ですがエアゲージがついていて、普通のフロアポンプのように使える携帯ポンプです。

近場(50km以内)の練習では軽量タイプを持ちますが、その他はほぼすべてしっかりとしたエアゲージ付きのフロアタイプを持っていきます。

パンクの後、エア圧を気にしながら走るのは本当にイヤなので、しっかりと高圧にはいるフロアポンプ型の携帯タイプを持ちます。

ミニタイプは必ずホース付き

携帯ポンプは本当にたくさんのタイプが出ています。小さいポンプは100gを切るものまであり、持っているのも忘れそうです。

またこのくらい小さければ、バックポケットに収納してもいいでしょう。

ポンプは緊急用と割り切ればミニポンプでもまったく問題ありません。

LEZYNE(レザイン) PRESSURE DRIVE S BLACK

私も1本目のミニポンプでこちらを使っていますが、できればホース付きのほうが空気は圧倒的に入れやすいです。

ミニポンプは非常にポンピングをやりにくいです。その上エアバルブが本体に直付タイプだと大変です。

これが短くてもホースが付いているだけで圧倒的にポンピングがやりやすくなります。

もちろんカタログ上の120psi入れるまでは200回位ポンピングする必要がありますが、ホースがあるだけで、この回数を何とかこなせます。

しかしミニポンプでホースが付属しているタイプは少々高いのです。

バルブ本体直付タイプ

ゼファール ポンプ AIR PROFIL MICRO

とにかく軽く、そして安いです。このタイプは。1,000円台で買うことができるので、気軽に買えますが使うときになって後悔しました。少なくとも私は。

本体バルブに直結タイプなので、ポンピングでもがくとホイールに手がぶつかります。

またストロークも短いので、非常に辛い体勢でのポンピングを強制させられます。

製品が悪いわけではなく、その構造の問題ですので、これが受け入れられる人は、こちらでまったく問題ありません。

ちなみに腰痛持ちの方がコレでポンピングすると・・・その場で30分位休む必要があると思います。

フロア型

もし携帯ポンプのフロア型を考えている場合、エアゲージ付きをおすすめします。

しっかりエアを入れたいという要求があるのですから、ゲージ付きは必須と思います。

また出先やツーリングなどで、毎回きちんとエアが入っていることを目視確認できることは本当に安心が得られると思います。

topeak(トピーク) ロード モーフ G (インラインゲージ付) PPF040/TRP-3G

定番トピークロードモーフGのエアゲージ付きです。

おすすめポイントはバルブに取り付ける時ワンタッチということです。

ゲージも付いていてきっちりと140psiまで測れます。

エイカー ミニフロアーポンプAS3

コレまでたくさんの携帯エアポンプを使ってきましたが、最終的にたどりついたポンプがこれ。

ステップ(足踏み)を出すとホース側からメーター式のエアゲージが本体より出ます。ホースも長めで扱いやすい。

そして特筆するべきはポンプのピストン部が本体よりあらわれ、2倍の長さになります。

これは本当にエアを入れるのが楽です。いつもの半分くらいのポンピングで8barはいります。

エイカー ミニフロアーポンプAS3

エアを入れることが本当に楽になりました。

Co2ボンベ

TNI CO2 ボンベセット(バルブタイプ)

友達がこれでエアを入れているのを見たことありますが・・凄いです。一瞬でタイヤエアが入りました。

一生懸命ポンピングをすることがバカらしくなるくらい、あっという間にエアが入ります。

ただ、私は持たないと思います。これは。なぜなら一回限りということは複数のボンベを持つか、さらに携帯ポンプが必要になるからです。

ならば、フロア型の携帯ポンプを持ったほうがいいからです。

もし使うとしたらクローズドサーキットの耐久レースなどでは有効かもしれません。


携帯ポンプを取り付ける場所は、だいたいがボトルゲージと共締めになると思います。そうするとダウンチューブ下シートチューブに取り付けられる場合がおおいでしょう。

この場合気をつけることが2点あります。

走行前にポンプをしっかりととめる

ポンプのアダプター本体はプラスティックとベルクロ、もしくは本体プラにゴムバンドという場合がほとんどです。

これ、よく緩む、もしくは劣化します。なので、走行前にポンプがしっかりと固定されているかをチェックしましょう。

雨中走行後のメンテナンス

ポンプが自転車に取り付けられている場合、雨中走行後は必ず携帯ポンプを外してチェックします。

かならずポンプ本体に水が侵入しているからです。そのままにしていると本体のパッキンやゴム類が劣化をします。

構造上、空気が漏れにくくなっていますので、本体に入った水も出にくくなります。

なので、雨中走行後は外して水の侵入をチェック。入っているようならポンピングして水を出しましょう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 暖かくなってくると各地でロードバイクのイベントが開催されます。ウチも例外ではなく、ブルベにエンデ…
  2. ロードバイクは走ることに関して、燃料などが必要ありません。エコで排気ガスも出なければ、車検もない。…
  3. 私が初めて一人で走ったレースは「富士チャレンジ」の100kmでした。エントリーをした2012年に…
  4. オレのGARMIN(ガーミン) Etrex 20が車に踏み潰された・・・という、かなり衝撃的なタイト…
  5. ロードバイクを乗る上でヘッドライトは、かなり邪魔です。特にハンドル周りに付けなくてはいけないヘッ…
PAGE TOP