ロードバイクビギナー:おすすめSPDペダル3つ!

スポンサードリンク

ビギナーさんが初めてビンディングペダルを買う場合、ほとんどの方がシマノビンディングペダルを買うと思います。

シマノの場合、ロードバイクに適した「SPD-SL」とMTBなどに適した「SPD」があります。

ロードレースや練習が中心であり、シューズで歩くことが殆ど無い場合は、SPD-SLが適しているでしょう。

しかし、ロードバイクで走る場合でも、いがいと歩く場面は多いです。

レースと言っても駐車場からスタートまで、サーキットでも広い敷地内を歩きまわることは多々あります。

また、ツーリングでもレストランに入ったり、観光したり、帰りの輪行だったり、そして時には登れない坂でバイクを降りて押す場合もSPDは非常に有利です。

以上の理由により、初めてのビンディングペダルは「SPD」をオススメします。

そんなシマノSPDペダルのおすすめベスト3をチョイスしました。

第3位:シマノ PD-M530

シマノ PD-M530

2,000円台で購入できる、SPDペダルです。

値段がとても安く、ビギナーさんが最初に購入するにとてもよいSPDペダルです。

ステップ・インしやすいフェイスで、クロスバイクからロードバイクまでOK。

重さもそこそこ、コストパフォーマンスに優れたペダルです。

第2位:シマノ PD-M520

PD-M520

小型軽量、その上両面SPDのマウンテンバイク用ペダルです。

オープンタイプにより、泥つまりなどは無し。またメンテナンス性も抜群。

無駄なものが一切ついていないため、非常に軽いのも特徴です。

  • シマノ PD-M520 両面SPDペダル
  • 両面SPD
  • 泥対策設定:YES
  • 平均重量(ペア):380g
  • 基本性能を押さえたマウンテンバイク、クロスカントリーレース等の入門用SPDシステムペダル

さて以上は、両面SPDというクリートをステップ・インできるところが両面に付いているペダルを紹介しました。

基本的に両面SPDはMTB用などになっています。

このMTB用のSPDペダルにはデメリットが有ります。

それがSPDクリート部とシューズ裏面が点あたりになり、距離が長くなる場合、足裏が痛くなるという事があげられます。

逆に、距離が短め、練習や街乗り中心であれば、このデメリットはなくなり、両面キャッチできることや軽量というメリットは生きてきます。

第1位:シマノ PD-A520

PD-M520

うちにあるロードバイクはこのペダルを中心に考えています。SPD-SLペダルもありますが、クローズドサーキットのレース以外で使うことはありません。

ロードバイクを外で乗る場合、ブルベやロングライドイベントがほとんどなので、ロード用のSPDを使っています。

前述のようにSPDペダルはその構造上、ペダルとシューズがクリート部だけの点あたりになります。

それを回避するのが、このロード用SPDペダルです。

  • シマノ PD-A520 片面SPDペダル
  • 片面SPD
  • クリート保持力アジャスター:YES
  • 平均重量(ペア):315g
  • オンロードでの使用を前提とし、片面のみをSPDとすることで軽量化を実現したロード・ツーリング用ペダルです

ロード用SPDペダル装着の実際

PD-M520

実際にPD-A520とMTBシューズのマッチングを見て行きましょう。

PD-M520

新しいクリートはペダルに同梱されています。

アーレンキーを使い、確実に締め込みます。また左右対称になっていることは大切です。

PD-M520

ペダルにシューズをステップ・インさせてみました。

実際にはこのように取り付けがされています。

PD-M520

シューズの側面を見てみると、ペダルの外周とシューズ底面がきちんと適合していることがわかります。

これによりSPDクリートの点あたりが緩和され、力がシューズの面へ広がります。

ロングライドや郊外へ走りに行く時、この効果は絶大で、足の裏が非常に楽になります。

スポンサードリンク

コメント

    • はなげ丸
    • 2016年 9月 01日

    このペダル面とSPD面の適合具合の情報とても参考になったぴょん!
    ありがとう!
    そして
    ありがとう!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. サドルバッグはロードバイクに取り付けるバッグで最初に考えるアイテムだと思います。ロードバイクには…
  2. 実はタンデムバイクにあこがれている。海外のブルべなどに走ると、ある一定台数のタンデム自転車が走っ…
  3. 2016年も残り1ヵ月を切った。各メーカー、ショップも来年度モデルがでそろっている感じ。しかし!まだ…
  4. 先日台湾へロードバイクを持っていき旅行に行ってきたのだが、本当に良かった。はじめて台湾に行ったの…
  5. ロードバイクは自転車の一種です。以前は「ロードレーサー」と呼ばれていましたが、現在ではロードバイクと…
PAGE TOP