ロードバイク用大型・大容量サドルバッグをチェック【1万円以下 2017年版】

スポンサードリンク

ロードバイク2017年も幕開け!今年の初走りはどこに行こうか考えているのではないだろうか?

しかし、冬は寒い。本当に寒い。ロードバイク乗るのも本当に厳しい季節。それでも関東などはいい天気が続いている今日このごろ・・・日差したっぷりの休日を指を加えているのもロードバイクが泣くと言うもの。

さて、冬のロードバイクでの走りとなると、実は荷物が結構増える。たとえば冬用グローブやジャケット、シューズカバー、耳あてやフェイスマスク。

さらにホッカイロ関連やタオルやティッシュなど夏には持たないであろうアイテムや防寒グッズがけっこう必要だったりする。

そんな時に便利なアイテムがロードバイクのサドル下にも簡単に取り付けができる大型サドルバッグだ!

このサドルバッグがあれば、新春から春先、そしてゴールデンウィークの連休ツーリングにも大活躍間違い無し。

今回は、そんな大型サドルバッグでもあり、1万円以下の廉価版サドルバッグを見ていこう!

R250 大型防水サドルバッグ ブラック R25-K-SADDLEBAG-BK

R250(アールニーゴーマル) 大型防水サドルバッグ ブラック R25-K-SADDLEBAG-BK ブラック

  • バイクパッキング入門に最適。R250の大型防水サドルバッグ
  • サドルのレールとシートポストに工具不要で簡単取り付け
  • サドルのレールからタイヤまで20cm最低必要です
  • 商品画像の状態で、サドル高(BBセンター~サドル上面)は685mm
  • 容量:6~14L

ドッペルギャンガー 大容量サドルバッグ DBS262-BK

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) 大容量サドルバッグ 出し入れ便利な2ルーム構造 収納量に応じた可変機構 容量3~13L DBS262-BK

  • 重量: 約500g
  • 素材:リップストップポリエステル(420D)、PVC
  • 容量: 約3-13L
  • 耐荷重: 8kg

ヒロエナジー ツーリングサドルバック ブラック SL-5050BK

HIROENERGY(ヒロエナジー) HIROENERGY(ヒロエナジ-)ツーリングサドルバック ブラック SL-5050BK

  • 材質:420デニール ポリエステル
  • サイズ:17×17×50cm
  • 容量:6-12L
  • 重量:250g
  • シートポスト突出し7㎝以上

ゴリックス 大容量サドルバック 8.8L 防水仕様 GX-67702

GORIX ゴリックス 大容量サドルバック 8.8L 防水仕様 大型サドルバック GX-67702

  • 最大容量:8.8L
  • 重量:485g
  • 材質:PE+ナイロン
  • 収納袋:防水仕様

まとめ

下は3000円台から、上は6000円台と、非常に安い価格のサドルバッグとなっている。この価格ならお試しと思い気軽に購入ができる値段帯だ。

大型サドルバッグで特に注意することは取り付けをするためのシートポスト突き出し量となる。サドルとリアタイヤのクリアランスは非常に大切。この余裕が無いと取り付けができない。

さらに言えば、各サドルバッグの最大積載重量がある。ベルトの形状やガワの剛性でその重量は決まるであろう。

上記4つのサドルバッグを見ると、そのほとんどの開口部がロールアップにて閉じる方式を取っている。このやり方はけっこう荷物が入る。さらに少量の荷物から大容量までけっこう融通がきくのもメリット。

またストラップによる取り付けで、シートポストの形状やシートレールの形に依存することなく、だいたい取り付けが可能だ。

のんびりと行く、新春の初走りであれば、少々大きめのサドルバッグを取り付け、荷物や冬物アイテム、グッズをちょっと多めに持って行くというのはいいもの。

さらにそのマージンは帰りのお土産や輪行袋なども余裕で飲み込んでくれるだろう!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 身長がない女性にロードバイクという機材は、けっこうやさしくない。特にシフト関連や変速関係はやさし…
  2. ガーミンのサイクリングGPSの中核をなすEdge810。先日Edge820がリリースされたようだ…
  3. 先日遅ればせながら「キンドル アンリミテッド」を使ってみた。(1ヵ月無料)オーストラリアに行く飛…
  4. イーストウェイ EastwayからリリースされているR4.0 Apexは、軽量のアルミ合金フレーム、…
  5. 以前ロードバイクで千葉は房総半島の小湊鉄道・いすみ鉄道めぐりをしてきた。ロードバイクで初めて10…
PAGE TOP