1,000km走る:お尻の痛みを回避・克服する方法(番外編)

スポンサードリンク

私は2013年よりブルベに挑戦をしています。

最低距離が200kmというブルベを始めた当初は、いつもお尻の痛みと戦っていました。

たくさんのブルベを走っていく中で、だんだんと尻の痛みを回避する方法やコントロールする経験ができてきました。

100kmを超え、その先を目指すあなたの参考になればうれしいです。

手を犠牲にしてケツを守る

2013年のロンドンエジンバラロンドン1,400kmを走っていた3日目・・・一緒に走っていた日本のライダーの方が発した言葉です。

「手を犠牲にしてケツを守る」

ようは、下ハンドルを持って、完全前荷重で走り続けるということです。

荷重の分散、そして前荷重がお尻の痛みを軽減するという実例です。

革サドルの導入

革サドル

長距離を走るヨーロッパの人たちは、かなりの数で革サドルを使っている方が多いです。

その性質より、自身のお尻の形に合ってくる。また適度な柔らかさやしなやかさでお尻をダメージから守ってくれます。

私も以下、2つの革サドルを常備していて、走る距離によりサドルを変更しています。

BROOKS ブルックスサドル

ブルックス

スタンダードなブルックスサドルの皮質はかなり硬いです。

なので、慣れるまで少々時間がかかります。

私は、このブルックスサドルを使う場合、室内のローラ台、国内の600kmまでのブルベの使用と決めています。

1,000km、1,200kmなどを走る場合は、この下にあるサドルを使っています。

サドル:Selle Anatomica セラ・アナトミカ タイタニコ

ブルベやロングライドを走っているライダーから、かなりの評価を得ている「セラ・アナトミカ タイタニコ」。

私も2013年のロンドンエジンバラロンドン1400kmエントリーより導入をしました。

以後、1,000km以上のブルベやアタック日本縦断2,700kmなどの複数のブルベを長期間走る場合にこのサドルを使います。

いつもこのサドルを使えばいいのでは?・・・という声も聞こえてきそうですが、このサドルは伸びやすいのです。

使ってみるとわかりますが、初めてこのサドルを使ったその日には、もう中古のように自分のお尻の形に合ってきます。

そのくらい革質が柔らかいのです。

なので、常用していると、あっという間に革が伸びきり、フレーム前部にある革調整ボルトネジを使いきってしまうのです。

以上の理由により、このサドルは超長距離を走るときにのみ使うことにしています。

ちなみにこのサドルを使い始め、アタック日本縦断やオーストラリアの1,200kmを走りましたが、お尻だけは全く大丈夫になりました。ロングライドでは手放せないアイテムです。

結局は1:脚が残っているか

ある程度の長距離になると、ケツを守るのは手ではありません。脚です。

脚がきちんと残っているかが肝になります。

このところのロングライドでは、お尻をケアするよりも脚に気を使います。

脚がしっかりと動けば、必要に応じてダンシングによりお尻から荷重を抜けます。しっかりとペダルを回せれば、お尻の負担が減ります。

休憩ではオレンジジュース

オレンジジュース

何かのテレビで見たのですが、高校野球のサポートをしている栄養士さんの言葉でした。

「とにかくオレンジ、オレンジジュースを摂取させた」

ようは、疲労回復にオレンジ系はいいということです。

コンビニなどで手軽に手に入るオレンジジュース。コレ以来、私の休憩時飲料はオレンジジュースが定番です。

疲労回復サプリメント:アミノ酸系

ロングライドする時には、アミノ酸系のタブレットをケースに入れて常備しています。

休憩するごとに、このタブレットをオレンジジュースで流し込んでいます。

とにかく手軽に取れるということが一番です。手軽ではないと、絶対に摂取できませんから。

疲労回復サプリメント:BCAA系

ロングライドの場合、大体ボトル2本持っていきます。私は1,000km超えの場合、いつもキャメルバッグを背負います。

ボトルの1本にこのBCAA系を投入します。

ただ、必ず真水は1本持ちます。キャメルの場合はキャメルに真水。

オレンジジュースとアミノ酸とBCAAを導入することにより、かなり全身の疲れ、特に脚が残るようになりました。

結局は2:毎日の地道な練習

これを言ってしまったら、終わりなんですが、結局は毎日の地道な練習につきます。間違いないです。

週に一回、日曜日に100km走るよりも、毎日ローラー台で20km走っている方が、尻の痛み回避を含め絶対に効果があります。

2013年より、毎年1回は海外遠征をして1,000kmオーバーを走りますが、日頃のトレーニングは、毎日ローラ台20kmだけです。

  • ミノウラ 3本ローラー モッズローラー 折畳式
  • サイズ:使用時(収納時)/幅540mm、長さ1310mm(520mm)、高さ520mm(180mm)
  • 本体重量:6.5kg(ステップ、ガード含む)
  • 適合ホイール:24インチから700c(ホイールベース950mm-1090mm)
  • 乗降用ステップ、前輪ガード標準装備

2013年年末にこのローラ台を購入してから、外へ走りには行かなくなりました。

とにかくローラー台はいいです。レーパンだけ履けばトレーニングできます。調子が悪ければすぐに終了できます。

雨が降ろうが、雪が降ろうが関係ありません。天候に左右されず毎日トレーニングできます。

結局、尻の痛みも、結論を言ってしまえば毎日の地道なトレーニングで、ある程度の解決はできたりします。(まぁ、それ言っちゃオシマイなんですけどね)

スポンサードリンク

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 10万台で買うことができるロードバイクを海外自転車通販大手のWiggleからチェックをしてみた。…
  2. 自転車のディスクブレーキはなにも目新しいものではない。実は私も小学生の時乗っていたフラッシャー付…
  3. 2014/9/15

    ペダリング
    ロードバイクを始めとする自転車はペダリングをしないと前に進みません。エンジン(内燃機関)がピスト…
  4. ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。今年もずいぶんと…
  5. ロードバイクを乗り始め、どんどんと遠いところに行けるようになります。そうすると、本当に行動範囲が…
PAGE TOP