ロードバイク走行前後の簡単メンテナンス・整備

スポンサードリンク

ロードバイクは、普通の自転車よりも巡航スピードが高く、それに対する力を受け止めるため剛性などが高くなっています。

ブレーキひとつとっても、下手をすると自動車と変わらないようなスピードを減速するのですから、その能力もわかると思います。

通常の自転車では考えられないような力がかかるロードバイクですから、日頃のメンテナンス・整備はとても大切です。

初心者でもできるメンテンナンスをチェックします。

ロードバイクで出かける前に

簡単なメンテナンスは、まずロードバイクで出かける前に行います。

もちろん出かける前日に行なうことは大切ですが、色々忙しいとやらなかったりするものです。

日頃の整備をされているという前提で、走りに行く前の最終チェックを確認します。

ここで私がいつもやっていることは「タイヤ」「ブレーキ」「ゆるみチェック」の3点です。

タイヤのチェック

タイヤチェック

ハンドルバーを持ちフロントタイヤを上げて、手で回しフロントタイヤに異物が刺さっていないか、タイヤの異常はないかをチェックします。

同様にサドルを持ってリヤタイヤを上げ、こちらも回してリアタイヤのチェック。

同時にホイールに振れがないかもチェックします。リムのブレーキ面を見ておくのもいいことです。

ブレーキチェック

タイヤチェックをするのと同時にフロントブレーキ、リアブレーキのブレーキシューやリムとシューの遊び、緩みのチェックをします。

遊びや異常は目視チェック。緩みは手でブレーキをさわる程度でOK。もちろんアーレンキーでチェックができれば、それが一番。

その後、実際にブレーキレバーを握ってバイクを前後に振ってみます。ガタがある場合は要チェック。

特にフロントは重要。コラムやフォークにガタがある場合は、走りに行けません。

全体の緩みチェック

バイクのハンドルを持ち、地面より20cmほどフロントタイヤを浮かせて、落とします。同様にサドルを持ち、リアタイヤを20cmほど浮かせ、落とします。

落ちた振動で、変なビビリや音があれば、どこか緩んでいます。チェックをしましょう。

エアチェック

以上問題なければ、タイヤのエアチェックをしてスタートします。

外から帰ってきたらやること

いつもの練習、今日は土手のサイクリングコースでしょうか。それともお気に入りのアップダウンがある郊外の県道でしょうか。

外を一周りして、無事自宅に到着をしたら、そのバイクはガレージにしまいますか。室内にしまいますか。

どちらにしても、簡単なメンテをやることはいいことです。いくつかやってみましょう。

以下のメンテは、走行中異常を感じなかったということが前提の簡単メンテです。

バイクをウェスで拭く

バイクをウェスで拭きましょう。フレームやサドル、ハンドル周り、そしてディレイラーまわりなど。一回の走行でかなり汚れるものです。

その汚れ、すぐに拭き取れば落とすのは簡単ですが、日にちがたつと落としづらくなります。ぜひその日のうちに拭きとっておきましょう。

チェーンをウェスで拭く

バイクを拭くウェスとは別に油系のウェスでチェーンを拭きましょう。チェーンはかなりホコリを拾います。

その日のうちにチェーン汚れも拭き取るとよいでしょう。同時にオイルもチェックすると良いです。

タイヤをウェスで拭く

私はバイクを寝室に入れているので、室内に持ち込む前にタイヤを拭き取ります。

ロードバイクに使われているパーツ中、一番過酷に使われ、なおかつもろく弱い素材です。走り終わったあとはウェスで汚れや落とし、異物など刺さっていないかをチェックします。

雨中走行した時の注油

運悪く、雨にあってしまった場合、上記の拭き取りはもちろん、各部の注油は大切です。特にチェーンは油が切れるとすぐに錆びます。

雨中走行後はエアポンプチェック

エアポンプチェック

見逃しがちですが、長時間雨中走行をすると、ロードバイク各部に水が侵入をします。例えばホイールやフレーム内は侵入しやすい所です。

タイヤははずさないとダメなので、パス。フレームはシートピラーをフレームから抜いてひっくり返せば抜けるでしょう。

またぜひチェックしてもらいたいのがエアポンプ。特にエアポンプをダウンチューブにつけてある方は要注意。フロントタイヤが巻き上げた路面からの水をもろに受けています。

当たり前ですが、気密性の高いエアポンプ内に水が入るとそのままでは出ません。またそのままにしておくとパッキンなどが痛みます。ばらして水を出し、乾燥をさせましょう。


以上、走行前後の簡単メンテでした。ポンプ分解は別にして慣れれば数分で終わるはずです。行く前の数分をサボって出先のトラブルはイヤですよね?

簡単メンテの基本は「タイヤ」「ブレーキ」「ゆるみチェック」が中心になると思います。

またその中でタイヤとブレーキチェックはとても大切と考えています。

そしていつもバイクをきれいにしておくと、トラブルが非常に少なくなりますよ!絶対!

スポンサードリンク

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. クロスバイクに悩むあなたをさらに混乱させます。たしかにママチャリよりも遠くへ行けるというのは魅力です…
  2. 10万台で買うことができるロードバイクを海外自転車通販大手のWiggleからチェックをしてみた。…
  3. 基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。まれにママチャリのようなフラットベダルがついて…
  4. ウチの長女は身長が160㎝ない。157㎝といっている。このくらいの身長だと、本当にロードバイクは…
  5. ロードバイクをはじめるために自転車本体だけを購入しただけでは、スタートできません。ヘタすると乗る…
PAGE TOP