シマノアルテグラをグループセット・バラ買いはどのくらいの差があるか?【セットはどのくらい安くなるか?・驚愕結果!】

スポンサードリンク

ある程度ロードバイクで走れるようになると、ほしくなるがこのアルテグラコンポーネントかもしれない。

105との価格差もそんなになく、ちょっと上乗せすれば届く範囲。

また上位のデュラエースに比べ、買値で約半額というのも本当にうれしい。

そろえるとき、105とアルテグラ、どちらにしようか悩んでしまうくらいの価格差だ。

そんなアルテグラコンポーネントをざっと見てみよう。

Shimano – 6800 Ultegra 11スピードグループセット

Shimano – Ultegra 11スピードダブルチェーンセット 6800

Shimano – Ultegra 6800 HollowTech II ボトムブラケット

Shimano – Ultegra 6800 11スピード直付けフロントディレイラー

Shimano – Ultegra 6800 リアディレイラー

アルテグラRD-6800リアディレイラーには2種類あります。

RD-6800 SS

  • スピード:11スピード
  • 対応最大(ロー/トップ)ギア:28T/12T
  • 対応最小(ロー/トップ)ギア:23T/11T
  • フロント・ギア歯数差:16T
  • トータル・キャパシティー:33T

RD-6800 GS

  • スピード:11スピード
  • 対応最大(ロー/トップ)ギア:32T/12T
  • 対応最小(ロー/トップ)ギア:28T/11T
  • フロント・ギア歯数差:16T
  • トータル・キャパシティー:37T

Shimano – Ultegra 11スピード STI セット – ダブル 6800

6700系に比べブラケット部がタイトになっています。

Shimano – Ultegra 6800 ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーも6700系に比べ、かなり変更がなされています。

Shimano – Ultegra 6800 11スピードカセット

Shimano – Ultegra 6800 11スピードSIL-TEC チェーン

当然ですが、チェーンも11速化に伴い厚さが違います。

6700系と互換性は全くありません。

またミッシングリンクなどを使う場合も、専用になりますので、気を付けましょう。

アルテグラ6800グループセットとバラの価格差

  • チェーンセット(クランク):20,761円
  • BB-R60(ボトムブラケット):2,014円
  • フロントディレイラー:3,179円
  • リアディレイラー:6,587円
  • STI シフター:26,251円
  • ブレーキキャリパー:5,594円×2=11,188円
  • カセット:6,093円
  • チェーン:3,778円

以上トータルで「79,851円」だ。

この価格・・・グループセットで購入した場合の「79,900円」より安いという結果になった。

基本的に海外通販の場合、約16000円以下だと税金がかからない場合が多い。となると、気になった部分から取り揃えていけば、アルテグラをWiggleで購入する際、ロスは少ないということになる。

ただ、これら海外通販は為替の関係でその価格差に上下が出てくる。

またセットであれば、買い間違いということも防ぐことができる。

あなたの状況により、チョイスしてほしい。

スポンサードリンク

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクでこの暑い中毎日ローラー台に乗っているオレだが、やはり夏のロードバイクはこたえる。部…
  2. 基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。まれにママチャリのようなフラットベダルがついて…
  3. 専用の輪行袋に入れると鉄道や飛行機では自転車を預かってもらえる。これは本当に便利だ。車やオー…
  4. 先日遅ればせながら「キンドル アンリミテッド」を使ってみた。(1ヵ月無料)オーストラリアに行く飛…
  5. これからロードバイクをある程度乗り込んでいくとなると、ローラー台は視野にいれることおススメをします。…
PAGE TOP