シマノDURA-ACE 9000系をグループセット・バラ買いはどのくらいの差があるか?【セットはどのくらい安くなるか?】

スポンサードリンク

シマノのロードバイク用コンポーネントの最高峰DURA-ACE。

そのロードバイクコンポが2012年に7900系から9000系に11速化されモデルチェンジされた。

105やアルテグラとも共通する特徴的な4本アームのクランクが目を引く。

そんなDURA-ACE 9000系をチェックしてみる。

Shimano – Dura Ace 9000 11 スピードグループセット

アルテグラの約2倍、105の3倍の価格差があるDURA-ACEのグループセット。

しかし、その完成度はすばらしいものがある。

Shimano – Dura Ace 9000 HollowTech II ダブルチェーンセット

横から見ると、それとすぐわかる、シマノクランクの特徴ある4本アーム。

DURA-ACEはその削りだし感、金属感、剛性感がすごい。

もう、剛性バリバリというフェイスだ!

Shimano – Dura Ace 9000 ボトムブラケットカップ

bb

もしかしたら、一番お手軽にDURA-ACEに買い替えることができるのが、このBBではないだろうか。

手始めに、このBBを変えてみると、シマノ最高峰のテクノロジーを楽しめるのではないかと思う。

Shimano – Dura Ace 9000 11 スピードフロントディレイラー(Braze-On)

フロントディレイラー

フロントディレイラーはかなり良いとの話だ。

私の知り合いからの受け売りだが、7900系から9000系に変えたら、その良さにびっくりしたそうだ。

特にシフティング関連はすごい軽くなり、とうぶんDi2は必要ないとまで言いきっていた。

Shimano – Dura Ace 9000 11 スピードディレイラー

ディレイラー

リアディレイラーは105やアルテと違いロングケージがない。

しかし、アルテや105との値段差がすごいです。

Shimano – Dura Ace 9000 STi Double 11 スピード ロードレバーセット

レバーセット

本当に握りやすそうなブラケット。

オレの旧型アルテから変えたら、すごいその良さを実感しそう。

Shimano – Dura Ace 9000 ブレーキキャリパー

ブレーキキャリパー

コンポはエントリーレベルでも、ブレーキだけは交換したいといつも思っている。

命を預ける部分のパーツなので、最上位でも全く問題ない。

11速化してしまっているので、10速モデルと互換性は一切ないが、唯一どのようなロードバイクでもDura Ace 9000系を体験できるのが、このブレーキ。

前後そろえると約25,000円程度となるが、これは本当に安い投資と思う。

Shimano – Dura Ace 9000 11 スピードカセット

スピードカセット

 

カセットが約2万円・・・というその価格にもびっくりだけど、使っている材質も驚く。ギアはチタン、ギア板を支えるスパイダーアームはカーボンだ!

当然11速なので、下に紹介をする専用のチェーンが必要になる。

Shimano – Dura Ace 9000 11スピード SIL-TEC チェーン (116 リンク)

チェーン

もしかしたら、費用対効果が一番高いパーツかもしれない。

11速のアルテ、105に乗っていたら、チェーン交換の際にはDuraのチェーンすることは、いいはずだ。

駆動抵抗の低減とスムーズなシフティングを両立する「SIL-TEC」テフロンコーティングが施されたチェーンなので、買いパーツから交換した場合、その違いにびっくりするだろう。

アルテのチェーンとの値段さもびっくりするほどない。次の交換はDuraチェーンで決まりだ。

DURA-ACE 9000系グループセットとバラの価格差

  • チェーンセット(クランク):43,379円
  • SM-BB9000(ボトムブラケット):2,876円
  • フロントディレイラー:8,052円
  • リアディレイラー:16,549円
  • STI シフター:43,435円
  • ブレーキキャリパー:13,559円×2=11,188円
  • カセット:19,756円
  • チェーン:5,363円

以上トータルで「166,528円」だ。

グループセットで買うと16万を少し切っているので、そろえる場合、グループセットのほうがよいことはわかった。

しかし、今使っているパーツがTiagraや105の場合、ブレーキキャリパーやチェーンを変えるとその違いがすぐに体感できるだろう。

この程度の価格差で躊躇しているともったいない。

特に峠のダウンヒルで、ブレーキングに不安を感じる方はDURA-ACE 9000系ブレーキだけ先行投資することは、絶対に悪いことではない。

逆に、ブレーキだけ変えれば、今のままのコンポで当分行けることも考えられる。

それだけ魅力のある、そして性能が高いDURA-ACE 9000系であることは間違いない。

スポンサードリンク

お正月セール
ママチャリGP

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 自転車にのるときにフロントライトの重要性は言うまでもありません。フロントライトは文字通り、自転車…
  2. ガーミンのサイクリングGPSの中核をなすEdge810。先日Edge820がリリースされたようだ…
  3. 2016年もはじまりました。ロードバイクに今年こそ乗りたいあなた!何をはじめるのも年明けは、本当…
  4. 私が初めて一人で走ったレースは「富士チャレンジ」の100kmでした。エントリーをした2012年に…
  5. ロードバイクを乗り始めて今年2016年で丸4年になる。メインのロードバイクの走行距離も4万キロを超え…
PAGE TOP