シマノTiagra4700系をグループセット・バラ買いはどのくらいの差があるか?【Tiagra4700系を選ぶ唯一の理由】

スポンサードリンク

シマノTiagraをピックアップ。

シマノのTiagraは2015年の春に4600系から4700系へモデルチェンジされました。

今まで、どちらかといえばエントリーモデルの雰囲気だったわけですが、一気にグレードアップです。

完全に105あたりとの差がなくなったように感じます。

Shimano – Tiagra 4700 10 スピードグループセット

Shimano - Tiagra 4700 10 スピードグループセット

 

しかし、そのグループセットの値段が4万ほど。

9速モデルからのグレードアップ時、これなら心理的にもかなりいい価格ではないかと思います。

ちなみに去年Tiagraの4600系グループセット中古をヤフオクで売ったのだが、その時3万円程度になった。

今でも、そこそこ行けることを考えると、良い選択肢ではないかと思う。

なんといっても4600系から比べると本当にかっこよくなった。

このブラックの色合いなど、ほぼ上位の105、アルテグラとならべても全く遜色ない。

以前の4600系は、ホントかっこ悪かったもん。

Shimano – Tiagra FC4700 チェーンセット

Shimano - Tiagra FC4700 チェーンセット

本当にかっこよくなったTiagraのクランク。

ロードバイクの顔といえばこのフレーム、クランク、ホイールだろう。

その顔ともいえるクランクが本当にかっこよくなった。

上位機種と同様の4アームとなっている。4600系はチェーンリングのボルトむき出しだったが、きちんと隠れている。

Shimano – Tiagra BB-RS500 ボトムブラケットカップ

Shimano - Tiagra BB-RS500 ボトムブラケットカップ

Shimano – Tiagra FD4700 フロントディレイラー

Shimano - Tiagra FD4700 フロントディレイラー

フロントディレイラーもとてもきれいになった。

上級感が非常に出ている。

Shimano – Tiagra RD4700 リアディレイラー (SS)

Shimano - Tiagra RD4700 リアディレイラー (SS)

リアディレイラーもブラックの精悍な顔つき。

ここまでかっこよくなると105にする必要ないのでは?とも思ってしまうぞ。

Shimano – Tiagra 4700 10 スピード STi レバーセット

Shimano - Tiagra 4700 10 スピード STi レバーセット

そして、これまた上位機種に近づいたSTiレバー。

上位と同様にコンパクトになり、またワイヤーがインターナル方式となった。

Tiagraにはフロントトリプルも残っていることもうれしい。

しかしインターナル式になったことにより、4600系よりも引きが重くなることは避けられない。特にフロント側は重くなる。(経験談)

Shimano – Tiagra BR4700 フロントブレーキキャリパー

Shimano - Tiagra BR4700 フロントブレーキキャリパー

一番残念だったのがこのブレーキか。

上位機種に採用されているカム機構が見送られた。これが唯一のネックとなるかもしれない。

Shimano – Tiagra 4700 10 スピードカセット (11-32/11-34)

Shimano - Tiagra 4700 10 スピードカセット (11-32/11-34)

カセットは非常に幅の広い選択肢がある。

12-28T、11-32T、11-34Tとどちらかというとワイド系のギア比になっている。

Tiagra 4700系グループセットとバラの価格差

  • チェーンセット(クランク):9,575円
  • BB-RS500(ボトムブラケット):2,464円
  • フロントディレイラー:2,654円
  • リアディレイラー:4,783円
  • STI シフター:17,399円
  • ブレーキキャリパー:2,958円×2=5,916円
  • カセット:4,243円
  • チェーン:5,363円

以上トータルで「47,034円」だ。チェーン抜きなので約5万円。

グループセットがWiggleで「40,270円」なので、やはりこれはグループセットがいいだろう。

しかし、なんといっても惜しいのはブレーキだ。ブレーキが上位と同等のカム機構がはいっていて、この価格なら間違いなく買いだ。

はっきり言うがビギナーでブレーキがきかないのは本当に怖い。

ウチの嫁さんはTiagraのピナレロFP1から105の5800系デローザに乗り換えたら、シフトはもちろんブレーキの利きが良くなり本当に安心できるそうだ。

しかし、ブレーキだけ上位にしてしまうと、105グループセットの価格差がなくなってしまう。

105のグループセットはWiggleで現時点であれば5万円を切っているのだから。

そうなると、このTiagraというコンポの位置づけはどこになるのだろう。

Tiagra4700系を選ぶ唯一の理由

シマノ105の5800系は本当にすばらしい。約5万円で完全上位機種と同等の11速が手に入るのだから。

それがTiagra4700系+1万円で手に入るなら、迷わず105にしたくなるのも当然だろう。

そうなるとTiagraの位置づけはどういうことになるのか?

完成車に取り付けられるならメリットはあると思うが、アップグレードとなると説得力がなさすぎ。105で決まりだから。

105とアルテグラ、デュラなら価格差がしっかりあるので明確にすみわけができる。しかし、Tiagraは10速ながらヘタすると105との価格差1万円もない。

で、思ったのだが、Tiagraを選ぶ唯一の理由は・・・誤解を恐れず、また乱暴な分け方になるが、カセットのロー側34Tがほしいかということになるのではないだろうか。

それはギア比1:1がほしいか・・・ということだ。

前をコンパクトにしてカセットを11-34Tにすれば最少ローギア1:1だ。どんな坂でも登れるだろう。

ちなみに105リアディレイラーGSでも対応最大ローギアは32Tとなっている。

これなら、それなりの理由になると思う。

スポンサードリンク

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 携帯ポンプはけっこう買った。オレは非常にパンクトラウマだ。なんか・・・「ここでパンクしたらイヤだ…
  2. 明日からゴールデンウィークという方も多いと思う。この連休にロードバイクで出かける予定や準備をしている…
  3. ロードバイクを乗ることは・・・実は自動車運転免許を取得するうえでも、関係するのではないかとちょっと思…
  4. ロードバイクを乗るにあたり、いくつかのハードルがありますが、その1つがこの「レーサーパンツ」ではない…
  5. 2016年もはじまりました。ロードバイクに今年こそ乗りたいあなた!何をはじめるのも年明けは、本当…
PAGE TOP