ディスクブレーキロードバイクを海外通販で買っちゃったんだが、見てみる?【シマノ105・ディスク・アルミフレーム・15万】

スポンサードリンク

ディスクブレーキ搭載のロードバイクを海外通販で購入をしてみた。

今まで乗っていたカーボンバイクの走行距離が3万キロ程度になって、かなりボロくなってきた。

劣化進行を食い止めるため、国内走行用のロードバイクを買ったわけだ。

Vitus Bikes Zenium VR Disc Road Bike 2016注文

今回購入したのはCRCの「Vitus Bikes Zenium VR Disc Road Bike 2016」だ。

アルミフレームにシマノ105コンポーネント5800系の22速。

コンパクトクランクにディスクブレーキ搭載だ。ディスクブレーキはメカニカルディスクとなっている。

3月28日、発注完了。

DHLでVitus Bikes Zenium VR Disc Road Bike 2016到着

いつものようにDHLが運んできてくれた。いつもありがとうございます。

3月28日に発注で4月1日に到着したよ。マジ早!

購入したのはVitusだが、GHOSTの箱で来た。

税関でチェックが入るのだろう。開けた形跡ありあり。

ちなみに必要な関税関連は・・・

  • 輸入内国消費税等:6.300円
  • 立替納税手数料(内税):1.080円

以上、7,380円だった。

開梱・組み立て

しっかりと梱包されている。

バイク本体、フレームはこのように、箱に入っていた。

フレームやハンドルより梱包材を外し、組み立てをする。

組み立てよりも梱包材やプチプチを外す作業の方が時間がかかる。

これがTRP Spyreの機械式ディスクブレーキ本体。

ワイヤー式のディスクブレーキだが、片側ポットではなくデュアルポットとなっていて、両方のパッドが動く。そのため非常にスムーズな制動と、ブレーキパッド片減りなどはない。

ブルべなオレは機械式のほうがありがたい。

まずは使ってみて、アイステックのブレーキローターを導入する予定だ。

組み立てはアーレンキーのみで完了。

1時間もかからずに組み立て完了をした。さっそくローラー台に乗り、シフティングやブレーキなどをチェックした。

まずは問題なし。輸送時の傷なども全くない状態。

今週末は360㎞のイベントに出る予定なので、色々な装備をしていく必要があるぞ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 先日遅ればせながら「キンドル アンリミテッド」を使ってみた。(1ヵ月無料)オーストラリアに行く飛…
  2. 以前ロードバイクで千葉は房総半島の小湊鉄道・いすみ鉄道めぐりをしてきた。ロードバイクで初めて10…
  3. 2014/9/20

    シフティング
    現在のロードバイクは本当にギア数が多くなりました。私がスポーツ系の自転車を乗り始めた時、フロントのギ…
  4. 今までアンダーウェアというものには、全く気を使っていなかった。いつも適当な半袖Tシャツを使っていたわ…
  5. ロードバイクに車載ビデオを搭載すると、絶対に楽しいです。みんなで練習行く時や、ツーリング、レース…
PAGE TOP