アイステクノロジー SM-RT86+B01Sレジンパッドに交換・試す【マジでブレーキの効き向上】

スポンサードリンク

先月ディスクブレーキ搭載のロードバイクを買ってしまったのだが、実はそのディスクブレーキの効きに対してちょっと不満を持っていた。

油圧ディスクブレーキのMTBを乗ったことがあるのだが、あの車重と太いMTBのタイヤで、かなりのストッピングパワーを感じた。

当然、それと同じパワーではロードバイクのあの細いタイヤでは一気に負けてしまうだろう。

そんな先入観でブレーキレバーを握ったのだが、思ったほど効かない・・・そんな第一印象だった。

というわけで、手っ取り早くローターとパッドを交換してみた。

シマノ ディスクブレーキ ローター SM-RT86 6本ボルト M 180mm

SM-RT86

アイステックのシマノディスクローターSM-RT86を購入した。

ローター径は180mm。とりあえずフロントのみ交換をする。

シマノ レジンパッドB01S

レジンパッド

シマノ純正のレジンパッド。

シマノディスクローターSM-RT86との相性も抜群だろう。

ディスクローターとパッドが到着

シマノディスクローターSM-RT86到着。

シマノディスクローターSM-RT86:重量チェック

ボルト無し、ローターのみの重量は114gだった。

スパイダーアームは、その存在感を感じさせる。

ちなみに最初バイクについていたTRPのローターは108gだった。

シマノディスクローターSM-RT86取り付けの実際

ディスクローターの交換をする。

交換にはトルクスが必要だ。

トルクスドライバー、レンチが必要となる。

既存のローターを取り外した。

シマノディスクローターSM-RT86の断面だ。

表面の材質と中身の材質が別物ということが断面でわかる。

中の材質がアルミ、そして表層部の材質はステンレスとなっている。

ボルトを締める時、このボルト回り止めプレートをはさむ。

トルクスレンチでホイールにローターを取り付ける。

ローターの取り付け完了。

ブレーキパッドの交換

パッド取り付けボルトの割りピンを外す。ラジオペンチなどで簡単に外れる。

ボルトをレンチで外す。

ピンを抜けば、パッドは簡単に外れる。

新品のレジンパッドを取り付けよう。

パッドでばねをはさみ込む。

この状態でブレーキ本体に挿入をする。

元通りにピンを戻し、レンチでしめる。最後に割りピンを取り付けて完了。

非常に簡単で10分もかからず交換完了です。

外したパッドは予備パッドとしてツールボトルへ入れておきましょう。


ディスクローターの交換、ブレーキパッドの交換は両方合わせても30分もかからず交換が完了をします。なれていれば、両方の交換で5分もかからないかもしれません。

ただ、一度は交換をしておき、構造や取り付け法を確認しておくのは良いことだと思います。

さて、アイステクノロジーのローター、またレジンパッドに交換をしたその性能ですが、ブレーキのストッピングパワーは非常に上がり満足のいくブレーキになりました。

レバーのひき始めは同じようなパワーの立ち上がりですが、アイステクノロジー+レジンパッドは奥でグッと効きが良くなります。

岡山1200kmで山岳コース、獲得標高12000m超えのルートにおけるダウンヒルで抜群のコントロールとストッピングパワー恩恵を受けました。

走っている時、雨がほとんど降らないラッキーもあり、雨天状態での使用感はわからなかったことは、助かりましたが、ちょっと残念。

ディスクブレーキの雨天使用感は次回以降持越しです。雨天にであったら、ぜひその使用感もお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクでこの暑い中毎日ローラー台に乗っているオレだが、やはり夏のロードバイクはこたえる。部…
  2. ロードバイクを買って、嫁さんと毎日のように近くのサイクリングロードを走りに行っていました。そのう…
  3. ロードバイクを新しく購入したり、チェーンを新しくしたりする時、必ずミッシングリンクを導入する。チ…
  4. 自宅でバイクを整備するための工具類とは違い、携帯性やコンパクト性を重視したツール類となる携帯ツールセ…
  5. ロードバイクを飛行機に乗せるということは、通常ではあまりないかもしれない。いわゆる飛行機輪行というや…
PAGE TOP