【Fulcrum Racing Zero】フルクラムレーシングゼロを比較・深掘り・買っちゃった!

スポンサードリンク

ロードバイクのホイールは、本当にたくさんある。その中でも自分の足となり、相当な時間、相当な距離を付き合うことになるのだから、購入する時はかなり慎重になるだろう。

今シーズンも少々厳しい海外遠征を何本かひかえているオレだが、今使っているフルクラムレーシングクアトロ、実は少々重たい。

3万円でおつりが来るホイールなので仕方ないが、できれば、少しでも楽をしたいなと考えている。

さらに、このところタイヤは25C、26Cを中心に使っているので、ワイドリムというのも非常に興味がある。その方が25Cタイヤの性能を発揮できるであろう。

23Cと25Cタイヤのメリット・デメリット

昨今、ロードバイク界ではタイヤの25Cが増えているようだ。選択肢もかなり増えてきている。もち23Cも豊富にあるが、これだけ25Cについて色々言われ始めているのであれば、あなたも気になるところではないか?

23Cと25Cのメリット・デメリットについてちょっとチェックをしてみよう。

23Cのメリットはやはりその軽さだろう。回転系、それもかなり直径の大きい部分が軽くなれば、走りは楽になるはず。数十グラムとはいえ、その重量が何時間も、また長い距離すべてのしかかってくると思えば無視はできない。

また軽ければ、ハンドリングの軽快さやキレの良さもあるだろう。体重が軽い人の場合は、かなりよいかもしれない。

25Cのメリットは23Cよりも太いことによるエアボリューム、乗り心地の良さと思う。

25Cのほうが変形が少なく、転がり抵抗が少ないと言われているが、オレにはその差を感じることはできない。スマン。

しかし、あきらかに乗り心地は良くなる。過去オーストラリアの1200kmブルベに4本走ったオレが保証する。使用タイヤは以下。

  • 23C:ミシュランPRO3 23C
  • 25C:パナレーサーRACE D 25C
  • 26C:グラベルキング26C

初めて行った時は23Cで行った。2回目は25C。そして3、4回目は26Cで行ったのだが、本当に26Cにしてから体のダメージが軽い。手のしびれ、尻の痛みが、23Cのときよりもいいのだよ。

ロングライドにはその差はかなり出てくること間違い無し。

ロードレースやヒルクライムであれば、軽さはメリットになる。

でも、普通のサイクリングやエンデュランス系、耐久系であれば、乗り心地がいいことは、次の日の事も含め考えれば計り知れないメリット。

さらにそれが200kmを超え、300、400kmともなると、絶対に有利だろう。ロングライド系をやりたい方は、絶対25Cがいいよ。

ちなみに23Cで行った最初のオーストラリア1200kmではサイドカット含む3回のパンクをしているが、その後25C、26Cにしてからパンクは一度もない。

以上より25Cタイヤの性能を発揮できる17mm幅リムは、外せない。

【Fulcrum Racing Zero】フルクラムレーシングゼロの概要・特徴

【Fulcrum Racing Zero】フルクラムレーシングゼロ

そんなわけでフルクラムレーシングゼロを購入予定なんだが、色々見ていこう。

フルクラムレーシングゼロスペック

  • ホイール材質:Aluminium アルミ
  • リム材質:Aluminium (6082, T6 pre-aging), triple milling, square milling
  • タイヤタイプ:Clincher クリンチャー
  • 推奨タイヤ幅:25mm to 32mm
  • リムプロファイル:Low
  • リム高さ:Front:27mm; Rear:30mm
  • リム幅:Outer:22.5mm; Inner:17mm
  • ブレーキシステム:Caliper
  • リムブレーキ面:Aluminium braking surface, turned
  • スポーク本数:Front:16; Rear:21 (7 left & 14 right), Two-to-One
  • スポーク材質:Aluminium
  • スポークタイプ:Aero, straight pull
  • ニップル材質:Aluminium
  • フロントハブ:Carbon, aluminium flanges, QR
  • リアハブ:Aluminium with oversized flange, QR
  • ベアリングシステム:USB ceramic bearings, adjustable cup & cone bearing system
  • Other:Plasma treated HG freewheel, aluminium axles
  • ペア重量:1518g

硬さ・剛性が高い

レーシングゼロは硬く、剛性が高いと言われている。

踏んだら答えてくれるという感じですかね。

こりゃレース向きだよね。加速はかなり良くなるだろう。

というわけで、26Cのタイヤで、その硬さや剛性感を少し緩和できると良いかな。

体重があるオレには剛性が高いホイールのほうがよい。助かる。

ということは乗り心地が悪くなるか?

23Cタイヤを使うことは全く考えていない。さらにこの頃は25Cよりも一回り太い26Cをメインで使っている。

この26Cタイヤで行けば硬いと言われているレーシングゼロも少しは穏やかになるのではないだろうか。

逆にかなりの人が硬いと言われるくらいのホイールのほうが、その差がきちんとわかり、楽しいと感じる。もしそんなに(使えないくらい)硬いなら、ソッコーで売却すればいいのだから。

USBベアリングもあり、かなり前に進むホイールと楽しみ。

なぜ【Fulcrum Racing Zero】フルクラムレーシングゼロを選んだ?

現在使っているホイールがフルクラムレーシングクアトロ。

このホイールを使って、かなりフルクラムに好印象。

そこで、せっかくなので、同じフルクラムラインナップでアルミホイールの最上級を手にしたほうが、その差が非常にわかりやすいという単純な理由。

ちなみにこのホイールの利用環境、このホイールに期待することは以下。

  • 海外1200kmをメインとする超ロングライド
  • 巡航を楽にしたい
  • 踏んだら応えてほしい
  • 今より軽量化でヒルクライムを少しでも楽に
  • 17mmリム幅で25、26Cタイヤの適正化

今年2017年はこのホイールで2本の海外1200kmにトライする予定だ。

あと、佐渡のロングライドもエントリー予定なので、その時は嫁さんのバイクに履かせてみよう。

このホイール以外では何を候補にした?【予算10万円ホイール】

  • フルクラムレーシングゼロ
  • Shimano – RS81 C24
  • Campagnolo – Eurus (ユーラス)
  • Campagnolo Shamal Ultra
  • Shimano – Dura-Ace (デュラエース) 9100 C24

定番のこの辺りを考えていた。

あとデュラのWH9000をヤフオクで手に入れるというのも考えていた。

というか、嫁さん用にこれは今も逐一チェック中。

というワケでフルクラムレーシングゼロを購入したぞ

サイクリングエクスプレス

とにかくすぐにほしいフルクラムレーシングゼロ。

サイクリングエクスプレスでVIPサービスならなんと5000円、さらに割引となっている。

ソッコーカートに放り込んだ。

サイクリングエクスプレス

サイクリングエクスプレスのネックはホイールでも送料がかかることだよね。

Wiggleなどは送料無料だから、ぜひともサイクリングエクスプレスでもホイールやパーツは送料無料にしてほしいところだ。

せめてVIP会員は送料無料で、ぜひともお願いいたします。

サイクリングエクスプレス

カード情報を放り込み、決済完了。

サイクリングエクスプレス

というわけで、フルクラムレーシングゼロのお買上げありがとうございますだ!

購入が2月7日。さていつ届くか。1週間程度で届いてくれれば、来週末の300kmブルベに間に合うぜ。すぐにレビューできる。

ロードバイク乗り初めて4年目のシーズン。はじめてハイエンドほホイールを手に入れたということだ。うれしい。

スポンサードリンク

コメント

    • ハマ
    • 2017年 4月 22日

    いつも拝見させて頂いています。
    私もレーゼロの購入を考えているのですがYasuさんのように自分で何でもメンテできるわけではないので
    海外通販で安く買うよりは付き合いのあるショップで(定価ですが)購入した方が後々のことを考えると都合がよいですよね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ビギナーさんが100kmを走れるようになると、いろいろなサイクルイベントにトライできる。そして1…
  2. シマノのロードバイク用コンポーネントの最高峰DURA-ACE。そのロードバイクコンポが2012年…
  3. 国内線・国際線限らず、自転車を飛行機に乗せる場合は輪行袋、もしくはケースなどに収納する必要がある。…
  4. ロードバイク2017年も幕開け!今年の初走りはどこに行こうか考えているのではないだろうか?しかし…
  5. ロードバイクを乗る上で、とにかく一番の問題、そして悩みが「お尻の痛み」になるでしょう。ママチャリ…
PAGE TOP