で、実際問題ロードバイクにディスクブレーキは必要か?【あえてディスク否定と唯一のメリット】

スポンサードリンク

先々週にディスクブレーキ搭載のロードバイクを買ってしまった。

まだまだロードバイク的にはキャリパーブレーキが全盛だ。それでも各社、いろいろとディスク車をリリースをしている。

オレの買ったVitus社などはかなりの台数、ディスクブレーキロードバイクがラインナップされている。

で、そいつのシェイクダウンで先週300km以上を1日で走ってみた。

丸一日、このディスク車に付き合ってみたのだが、そんなに悪くはない。オレ的に。

しかし、このディスクブレーキというのは、一般的なロードバイクに、そしてロードバイク乗りに本当に必要な装備なのだろか。

ちょっと否定をして見る。

ホイール少ない・交換できない

ホイールが非常に少ない(はず)です。

ロードバイク購入して、いの一番にやってみたいアップグレードが、いきなりできません。

付いてきたホイールでかなりの期間付き合うことになるでしょう。

また手持ちの(自慢の)Duraやカンパやフルクラムなどを利用することも不可能です。

ホイールが重い

タイヤ交換をする機会があったので、ホイール重量をチェックしてみた。

クイック無しの重量だが、1㎏近くある。

これは相当重い。シマノ WH-R501-30が900gを切っているので、それよりも重い。

当たり前だがフロントのラジアル組はできない。スポーク本数ももちろん増加。

さらにフロントはディスクが左側に増設されているため、おちょこになる。

多少なりとも覚悟する必要がある。もちリアも重い。

フロントもリアも重量増加

というわけで、フロントもリアもディスクブレーキというモノが付き、必要な剛性を確保するため重量増加は避けられない。

キャリパーブレーキに対して1㎏増程度は覚悟する必要があるだろう。

フォーク、スルーアクスル

ロードバイクには必要ないくらい太く、また重くなるスルーアクスル。

当然だけどディスクブレーキの減速荷重に耐えられる必要があるのだから、仕方ない。

このあたりはMTBである程度は詰められているので、信頼性はあるのだろうけど、めっちゃ重そう。

また前に進むことに必要のない剛性確保だから微妙・・・

扱いに非常に気を使う

キャリパーブレーキ車では考えもしなかった扱いが非常に気を使うようになる。

なんといっても停車時。コンビニなどで止まったときなど、周りの状況やバイクの立て方にも気を使う。

なんといってもローターに衝撃与えると、いきなりその場でアウトになる。キャリパーブレーキでは考えられないことだ。

具体的にパーキングする場合はディスクローターを壁側にすることを徹底すること。

これならとりあえずバイクが何らかで倒れてもローターが上側になる。

またローター壁側にすることで他のものがぶつかってきても多少安心だ。

サドルをつるすタイプの自転車スタンドにかける場合も、一番端を利用してローターを外側にする必要があるだろう。

ブレーキローター曲がったらアウト

ブレーキ曲がったらアウトだろう。

特にフロント曲がったら走るのはとても危ない。

ブルべ中だと・・・かなりキツイな。ローターが曲がった場合、キャリパーを外してしまうのが一番簡単な対処法だろうか。

トラブルに対応するため前後のローター径を同じにしておくのはいいかもしれない。もしくは予備ローターを持とうか。(600km以上の場合)

輪行ではさらに気を使う

輪行でホイールを外す場合も非常に気を使う。ホイールを立てかけるときは必ずローターを壁側に。

飛行機輪行はそのままでは難しいだろう。もしくはローターを外すしかない。

電車の輪行でもローターを外したくなる。

結局ディスクブレーキの唯一のメリットは?

こうやって書くと、ディスクブレーキって何よ?何のメリットあるの?・・・ということになります。

今後各メーカーともディスクブレーキロードバイクがどんどんとラインナップされていくと思います・・・が。

はっきり言ってしまえば、ロードバイクにディスクブレーキは全く必要ありません。

先日、長女にアルテグラDi2搭載をしたカーボンバイク買ってあげたのですが、そのバイクに乗って(6800系アルテグラ)ブレーキかけたら・・・ディスクブレーキなんか絶対必要ない。そう思うほど良いキャリパーブレーキでした。

では、なぜにディスクブレーキロードバイクを買ったのか?

ブルべ走っているオレは、たとえば1000km走行中、2日にわたる雨の中走りぬくとか、夜スタートの300kmで一昼夜土砂降りとか、真夜中1,000m超えの峠ダウンヒルとか、ロードバイクに乗っていても、なかなか遭遇をしない状況が普通にあったりします。

九州一周ブルべ指宿発600kmで初日20時間ほど雨でした。桜島も土砂降りでタイヤが巻き上げた火山灰混じりの雨水でブレーキシューがどんどんすり減っていくのが手に取るようにわかります。

ブレーキをかけると金属がこすれあうような(火山灰とリム)音がするのです。

走行している時、ボトルの水をシューにかけて汚れを落とすなんてことしたのも初めて。

半日でブレーキシューがなくなるような状況を経験すると、その保険にディスクブレーキというのは、マジで安心をします。

以上より、かなり特殊な環境下でロードバイク運用しない方は、ディスクブレーキは必要ありません。

逆に上記のような普通では考えられないような状況下、特に雨中ロードバイクを長時間乗る可能性があればディスクブレーキの恩恵を最大に受けられるでしょう。

参考にして見てください。

スポンサードリンク

コメント

    • なりよし
    • 2016年 4月 28日

    ローター曲がっちゃったら~・・・・と書いてありますが、実は修正は簡単ですよね。
    モンキーレンチではさんですってるところを えいやっと! 取り付け時や実際にレースや山で曲がったときはそのようにして治します。
    強度的にもスポークやリムよりよっぽど強いですから、問題なくそのまま使用することが出来ます。

    • kei
    • 2016年 7月 28日

    参考になりました。
    私もディスクブレーキ懐疑派です。
    キャリパーブレーキで、不便を感じたことがないので、ディスクブレーキの必要性に疑念を抱いていたのですが、それでもやはり気になるんですよね。
    次に自転車を作るなら……、と考えると、どうしてもディスクブレーキが視野に入ってきてしまいます。
    今後も、業界の動向に注意しつつ、キャリパーブレーキの供給体制が維持されるようなら、キャリパーを愛用したいと思います。

    • やすてぃ
    • 2016年 12月 10日

    ローターが曲がる事なんて、よほどひどい扱いしない限りないよ!また機械式のデスクブレーキじゃあ良さなんて分からないよ!油圧式にしないと!

    • チョウコ
    • 2017年 1月 16日

    フォークのスルーアクスルはないですよ
    MTBでさえ上位モデルのフォーク以外ほぼクイックリリースですし
    あと一番恩恵受けるのはカーボンホイールだと思います。
    雨などで制動力が落ちるデメリットがなくなりますから
    アルミホイールなら必要ないかもしれません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お正月セール
ママチャリGP

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. クロスバイクに悩むあなたをさらに混乱させます。たしかにママチャリよりも遠くへ行けるというのは魅力です…
  2. 2015/3/17

    Eastway R2.0 2014
    ご存知お値段が安めのイーストウェイ Eastwayのロードバイクです。このR2.0はR1.0 と…
  3. ロードバイクを乗る上で、とにかく一番の問題、そして悩みが「お尻の痛み」になるでしょう。ママチャリ…
  4. ロードバイクを含む2輪車を乗る時、ヘルメット、グローブをはじめ体を守るアイテムを装着して走る必要があ…
  5. ウィンドブレーカーは、ぜひ持っていくようにしましょう。ロードバイクに乗って遠くへ行く場合に必ずウ…
PAGE TOP