【飛行機輪行】 オーストリッチOS-500トラベルバッグをチェックする

スポンサードリンク

国内線・国際線限らず、自転車を飛行機に乗せる場合は輪行袋、もしくはケースなどに収納する必要がある。

年間に3-4回の飛行機輪行をしているオレは専用の輪行袋と輪行ハードケースは手放せないアイテムだ。

飛行機輪行に適しているオーストリッチOS-500をチェックをしてみよう。

オーストリッチOS-500トラベルバッグ

os500

通常飛行機輪行をする場合、まず考えるのがこのオーストリッチOS-500だろう。

飛行機輪行をするために外装部すべてに10mm厚のウレタンパッドが張り巡らされている。

このままマットレスとしても使えそうなくらい厚手だ。

収納をする場合は3つ折りで収納できる。

ロードバイクをOS-500に収納する時にやるべきこと

飛行機輪行をする場合、普通の電車輪行とはちょっとケアすることが多い。

電車であれば、いつも輪行袋は目の前にあるし、トランクなど他の荷物と混在することもない。

しかし、飛行機輪行は他の荷物と一緒に運ばれるため、気を使う必要がある。

フレームエンドはエンド工具で守る


ホイールを外したら、そこにはエンド工具で保護しよう。特にリアエンドは必ずエンド工具で保護することをすすめる。

さらにリアディレイラーを外してビニールなどにくるみリアエンド内に収めておくと良いだろう。

クランクも回らないようにタイラップで固定をする。

チェーンはミッシングリンクを使い、外しておくと汚れも少ない。


ミッシングリンクを切るのにツールは便利。オレは遠征のときにも持っていく。

ミッシングリングは他の工具で外すことはかなり難しい。

ブレーキレーバーなど突起物をケアする

ブレーキレバーなどもそのままにしておくと、トラブルのもととなる。

かならずタイラップなどでハンドルバーと一体にしておこう。

フレームをカバーなどで守る

フレーム類をカバーするのは段ボールが一番だ。

飛行機輪行で便利なものに「養生テープ」がある。

段ボールを巻き付ける場合も、各部品を固定する場合も養生テープは大活躍だ。

ガムテープでもいいが、ガムテープははがす場合に糊が残ったりする。はがす必要がある場合は養生テープが一番だぞ!

OS-500にロードバイク以外の荷物は入るか

フレームをOS-500に入れると、かなりのスペースが存在することがわかる。

このスペースに衣類などを入れれば荷物を一つにできることはもちろん、衣類が緩衝材になるので、ぜひ衣類関連は輪行袋に入れることおすすめをする。

ハンドルを切ったこのスペースはかなり大きいスペースだ。

ちなみに飛行機輪行の場合、オレはフロアポンプも持っていく。

ヘルメットはサングラスやグローブを丈夫なビニール袋に梱包して、フレームの後ろ三角にいれると非常に勝手が良い。

3方向をフレームで守られているので安心だ。ヘルメット手荷物にするとけっこう邪魔だしね。

OS-500を車に積んでみよう。

普通の輪行袋よりもかなり大きい感じのするOS-500だが、実際に車に乗せるとどうなるのか。各車両でチェックをしてみよう。

軽自動車に乗せてみる

ホンダライフに乗せてみる。片方のシートを倒せば余裕で乗せることができる。

両方のシートを倒せば2台の0S-500が乗るぞ。

ただ、横方向には入らない。軽自動車の規格というものがあるので、どの車両でもOS-500は横積みできない。

小型普通自動車に乗せてみる

レンタカーのトヨタビッツに乗せてみた。

リアシートに余裕で乗る。ただ、トランクには入らないので4人乗りはできないと思っていいだろう。

普通のセダン・タクシーの乗せてみる

タクシーのリアシートには余裕での乗る。

一人座れるくらいのスペースも確保できる。実際にここに座って乗車をした。

また普通のセダンであれば、トランクに入れられる場合もある。

これはトヨタカローラのトランクにOS-500を入れた状態だ。

OS-500はたたんで運べるか?

OS500はたたんでもかなりの大きさがある。また10mm厚ウレタンパッドのおかげで、重量も結構ある。

なので、通常はバスやタクシーなどに乗ってホテルなどに向かうのが一般的だ。

しかし、一人の場合で荷物がそんなに多くなければ、自走も可能だ。

空港で自転車を組み立て走っていけばコストの削減にもなる。

OS-500は3つ折りにするとこのくらいの大きさになる。

リュックなど背負うものがあれば、スーツケースベルトなどで縛ると良いだろう。

大きさはこの程度のものだから、空港から20㎞程度の距離であれば、全く問題なく背負って走ることは可能と思われます。


ロードバイクに乗っていて、飛行機遠征できると本当に楽しい。

そのフィールドは一気に海外まで広がる。

自分のロードバイクを担いで世界のいろいろな空港に降り立つことを思い浮かべてみよう。

ぜひこの夏チャレンジしてみてはいかがだろう。

ちなみに今年オレは7月は北海道、11月はオーストラリアメルボルンへ飛行機輪行だ。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. シマノのロードバイク用コンポーネントの最高峰DURA-ACE。そのロードバイクコンポが2012年…
  2. ロードバイクを乗り始めて今年2016年で丸4年になる。メインのロードバイクの走行距離も4万キロを超え…
  3. ロードバイク初心者が初めて走るレースはヒルクライム、もしくは耐久レースはいいと思います。私は登り…
  4. 2016年もはじまりました。ロードバイクに今年こそ乗りたいあなた!何をはじめるのも年明けは、本当…
  5. 鉄下駄ホイールをシマノアルテグラのホイールに変えてみた。たぶんロードバイク初心者さんがロードバイ…
PAGE TOP