3本ローラー台でできるといいコト・あるといいモノ 【真夏・真冬のトレーニングはローラー台】

スポンサードリンク

ロードバイクで走りに行く気も失せるほど暑いです。さらに台風です。先日行った北海道は本当に大変なことになっています。

今日も台風一過で、外はとんでもない暑さです。こんな時に荒サイなんて走ったら、けっこう危ないのでは?と思ってしまいます。

そこで、やはり過酷な環境や季節の場合はローラー台が良いと思います。

オレ自身は競技やレースをやっているわけではないので、毎日いいとこ1時間30km程度で終了です。

それでも、暑い時期や寒い時期に全く乗らないよりは絶対にいいはずだ。そんな3本ローラーをやるうえで「できるといいコト・あるといいモノ」をチェックしました。

3本ローラー台でできるといいコト

3本ローラーはけっこう難しいと思う。かなり特殊だし、あんなバランスの悪そうな上に乗って自転車走らせるのだから。

しかし、乗ってみると、いがいとできるもので、ウチの家族4人ともその日のうちに乗れるようになった。固定ローラーのほうが簡単に乗ることができるが、3本ローラーのほうがメリットがたくさんある。

いつもの状態でバイクを乗せれば走れるし、家族4人が共用できるし、バイクも傷まない。固定か3本かといわれれば、まよわず3本をすすめる。

さて、この3本ローラーを乗るうえで、できるといいことがいくつかある。それをチェックしてみよう。

片手放し

片手放しをする場面はけっこうある。一番多いのがタオルで汗ふく時か。

首にタオルかけている方もいると思うが、そのタオルで汗ふく時けっこう片手放しになる。またスマホいじるときなども一緒か。

実は3本ローラーの場合、両手放しよりも片手放しのほうが難しかったりする。

バランスの乗り物ということで、片方のハンドルに手が置いてある状態だと、いがいとバンランスを崩す。ローラー台脱輪はいつも片手放しの時だ。

それでも片手放しができれば、いろいろとできることが増える。最初はこわいかもしれないが、ぜひチャレンジしてみよう。

両手放し

3本ローラー両手放しで安定して乗ることにより、左右にフラつかず、またきちんとしたペダリングをすることがチェックできるなどの記事を見たことがあります。

たしかにその通りかもしれません。そして3本ローラーに乗り、両手放しができるメリットはたくさんあります。

まず3本ローラーはつまらないのです。そのつまらない時間との戦いが、両手を離すことができることにより、かなりのエンタメ性や持久性を高めるコトを持ちこむことが出きます。

まずはペダリングする時のサドルポジションを変えることが出きます。それに伴い上半身のストレッチなどもできます。

ボトルの水を飲む、タオルを脚立より取り汗を拭く、サイコンをチェックするなどなど、ペダリングをしながらいろいろなことができます。

後述しますが、3本ローラ始めるとすぐに「マジカルアイ」をやって目のトレーニングするのも日課です。

本を読んだり、冬などは走りながら上着を脱いだり、お菓子食べたり・・・下半身は運動していますが、上半身は他のことが結構出きます。

3本ローラーをやるようになったら、ぜひ早い時点で両手放しできるようになりましょう。メッチャ色々できますよ!

ダンシング・立ちこぎ

当然ですが、3本ローラーは足を止めるとロードバイクは自立しません。なので、ずっと足はペダリングしっぱなしです。

これいがいとキツイです。外で走ると、けっこう足は止まっています。またサドルからお尻を上げる動作や、信号待ちなどでけっこう尻の温存ができています。

さらに同じ姿勢で、ほぼ同じような形でペダリングをし続けるのも、キツイ。

それを解消するのが3本ローラー上でのダンシングです。

最初は壁などに肩を預けてやるようにするといいでしょう。これができると尻をサドルから上げることが出き、さらにペダリングもちょっと変わり楽になります。

ストレスを分散させる意味でも、3本ローラーダンシングはできるようになると、ローラー航続時間も伸びるというものです。

まー、無理をしないでローラーから降りるのも手ですけどね。

3本ローラー台であるといいモノ

両手放し、ダンシングなどができるようになると、ローラー航続距離が伸びます。さらに航続距離を伸ばすためにあるといいモノチェック!

マジカルアイ

マジカル・アイ

ローラー台乗り始めて3分ほどたつと、必ずこのマジカルアイを10分ほど見る。

ロードバイク乗りに取って視力はとても大切だ。実はこのマジカルアイ、かなり前からやっていたのだが、どうしても3日坊主になる。しかし、運転免許の更新が近づく3か月前くらいから毎日やるとすごい効果がある。

50歳を超えるオレだが、今だに運転免許更新の視力検査は1発クリアっす。

そしてローラー台に乗るようになった今、ローラーに乗る場合、ほぼ毎回これをやっている。

ローラー台+マジカルアイ。これはおすすめする!

脚立

脚立

ローラー台の置く場所は、片側が壁、そしてその逆側に脚立を置いておくといい。

この脚立にドリンクボトルやタオルなどをかけておく。また走りながら手すりにもなる。

また途中休む時、イス代わりになり脚立はあると便利なローラー台アイテムね。

扇風機

扇風機

扇風機です。長時間乗るときは、かなり必要です。

扇風機無いと、あっという間に汗びっしょりです。30分もこぐとタオルがしぼれるほど汗かきます。

なので、扇風機やファンは必需品。

夏は暑すぎるので熱中症予防にも大切です。

工業用扇風機

ところで工業用扇風機はいいぞ。昔工場系で働いていたので知っているが、こいつの威力は絶大。ホント。

ローラー乗っていても、汗かかないかもしれない。

ちなみに洗濯物干しているところで、コイツ回すとあっという間に乾く。

アマゾンFire

Fire タブレット 8GB

ローラー台のベストお供といえばアマゾンFireだ。間違いない。

ローラー台に乗りながら、映画、読書、音楽、Youtube、メール、フェイスブック、ツイッター、ネットチェック、これ一台ですべてこなす。

これがあれば、退屈なローラー台も何とかなる。

ローラー台乗りながら、英語の勉強がデフォルト。スマホは落として壊すといやなのでローラー台にはアマゾンFireだ。

タブレットホルダーがあると便利だ。このホルダーはアマゾンFireなど大きめタブレットにベストフィット!

ヘッドセット・イヤホン

Dylan(ディラン) Bluetooth イヤホン 高音質 ネックバンド式 折り畳み収納可能

アマゾンFire楽しむのにヘッドセット、イヤホンはいい。

スピーカーで聞いてもいいが、内容に没頭したい場合はイヤホンがいい。特に勉強系の場合はスピーカーよりもイヤホンが集中できる。

スマホとペアリングしておけば、電話もOK!

皮サドル

ブルックス チームプロ クローム サドル カラー:BLACK

皮サドルって・・・お尻になれるのにすごい時間がかかります。しかし、お尻に合った革サドルって手放せません。特にブルックスの皮サドルはめっちゃ固いので慣らしに時間がかかります。

そこで、ローラー台です。新品革サドルをいきなり外で100kmとか乗ると拷問ですが、ローラー台なら大丈夫。

毎日この皮サドルに乗って1時間走れば、1年後には極上のあなただけの皮サドルに仕上がります!


外で走る30kmとローラー台で走る30kmであれば、トレーニング的に見るとローラーの方が、確実に上と思える。

ローラー台

たぶん、外走りの30kmの内、半分くらいはペダリングしていないかもしれない。逆にローラーはほぼ確実にすべてペダリングをしている。

単純なトレーニングという意味を取っても、間違いなくローラー台のほうが負荷がかかっているし、きれいなペダリングしないとフラついてしまうのもローラー台です。

しかし、ブレーキングやシフティング、交通の流れに沿って走る、ダウンヒルやコーナーリングなど実走で経験を積むことは、外走りじゃないと身につかない。

両方いいところを取り入れて練習を積んでいこう!

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクは、普通の自転車よりも巡航スピードが高く、それに対する力を受け止めるため剛性などが高くな…
  2. 先日遅ればせながら「キンドル アンリミテッド」を使ってみた。(1ヵ月無料)オーストラリアに行く飛…
  3. ロードバイクのホイールは、本当にたくさんある。その中でも自分の足となり、相当な時間、相当な距離を付き…
  4. ロードバイクを含む2輪車を乗る時、ヘルメット、グローブをはじめ体を守るアイテムを装着して走る必要があ…
  5. イーストウェイ EastwayからリリースされているR4.0 Apexは、軽量のアルミ合金フレーム、…
PAGE TOP