ロードバイクで練習・ツーリング・イベント・遠征する際に持っていく薬類をチェックする

スポンサードリンク

ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。

今年もずいぶんと遠征をしました。自分の住んでいる埼玉県ではあまり走っていないことに驚愕をしています。練習は効率重視なので、ほとんどローラー台という現状が物語っています。

2016年は北海道で3本、岡山、タスマニア、オーストラリアメルボルンと大きな遠征をしました。

その他にも車に積んでの遠征イベントを何本か行ってきました。

さて、そんな遠征イベントをこなすと、いつもの遠泳グッズはもちろん、薬やケガをしたときの応急処置系のアイテムも持参をします。そんなものをチェックしましょう。

テープ・テーピング・バンドエイド

応急処置系で一番に思い浮かぶのがこのテーピングやバンドエイド系ではないだろうか

とにかくケガや捻挫、すり傷などバンドエイドやテーピングはかなり使用頻度は大きい。

バンドエイド 救急絆創膏 ウォーターブロック

バンドエイド) 救急絆創膏 ウォーターブロック

まずは財布やツールボトルへバンドエイドはマスト。

あると便利、安心のバンドエイドは防水タイプをおすすめするよ。

くっつくテーピング 関節サポートテープ

くっつくテーピング 関節サポートテープ

テーピングテープはあると便利な一品。サポートはもちろん、大きな傷を作ってしまったときティッシュはさんでこいつでぐるぐる巻きにすれば、とりあえずOK。

足首関節や手首のサポートにもこいつがあると安心。

そして、テーピング幅は、この25mmというサイズが非常に使いやすい。遠征グッズには欠かせない一品。

養生テープ

養生テープ


養生テープは本当に便利だ。これは絶対にそろえておく一品。用途に合わせ25mmと50mmあるといいぞ。

ガムテープと比べ、はがしやすいことが特筆される。何かを固定することはもちろん、簡易のテーピング、モノとモノをまとめる時など、ありとあらゆるときに大活躍。

薬関連とはちょっと外れるが、これも大切な医療系、補習系サポートグッズだぞ。

あと、スモールパーツなど失くしそうなモノをこれではりつけ、マジックで書いておくとよい。テープ部を残し、どこかに張り付けて置くこともできる。

飛行機輪行の時など、この養生テープでありとあらゆるところをテーピングする。段ボールと合わせれば、最強の緩衝材となる。

添え木と合わせぐるぐる巻きにすれば、固定はバッチリ。

痛み止め

ファリンプレミアム

痛み止め系にはいろいろな種類が出ている。

バイク乗っていると、いろいろな痛みが出る。アシ、ケツ、テ、クビ・・・痛み止めは飲まなければ助かるが、距離が長い場合などトレードオフも必要になる。

第1類となると薬局で購入することになる。ところで、この痛み止めもかなり効果のほども、また副作用も変わってくる。

たとえば、オレはアスピリンはけっこう効くのだがお腹が痛くなる。たとえばロキソニンの場合だとお腹は痛くならないが、眠気が出る。

このように薬によりいろいろな作用が出るので、バイクに乗る前にチェックをしておくことをおすすめする。特に眠気が出る作用は危ないのできちんとした確認が必要。

カフェイン剤

エスタロンモカ12

カフェイン剤はバイクの遠征に限らず、いつも財布に入れている。このエスタロンモカは1粒100mgのカフェイン量。

特に車の運転をするとき、眠気は大敵。またロングライドのときにも重宝をする。朝早めのスタート時にも朝食と一緒に摂取するときもある。

ちなみにスタンダードな眠眠打破(50ml)のカフェイン量は120mg、レッドブル80mg、コーヒー1杯 40-100mg、コーラ系1缶30-50mg程度となっている。

なのでカフェイン接種ということを考えればカフェイン剤はコスパ抜群だ。

ワセリン

ワセリン

ワセリンも常備しているモノの一つ。ロードバイク乗りには必須の一品。

シャーミークリームの代わりはもちろん、ハンドクリームや洗顔後のクリーム代用にも使える。乾燥をおさえること、肌荒れなどけっこういろいろ使える。なにはなくともワセリンというのは確かに応用幅が広い。

あと、裏技的だがロングライド時に鼻の穴に塗っておくといいぜ。

胃腸薬系

パンシロンキュアSP錠

ロードバイク乗っていると色々な要素で胃腸が調子悪くなることはある。それは緊張だったり、長時間のライドだったり。自転車は走りながら食べることも多々ある。

特にオレ、ブルべで2日目あたりから食べることがキビしくなることがある。(特に海外)なので、ゲップ止めや胃酸逆流を抑える薬はけっこう必須。

また時間がない時などガツ食いしたときなどにも、効果あり。

胃腸が弱い方は、日ごろから合う薬をチェックしておくことおすすめするよ。

風邪薬

パブロンゴールドA

ロードバイクのイベントや走りに地方に行ったり、また環境の違う場所に行くと、風邪気味になる。

特に山や海に行くと朝晩の寒暖差が激しい場合がある。

風邪はひき始めにケアするとよい。

抗アレルギー剤

レスタミンコーワ

地方や知らないところへ行く場合が多いロードバイクのイベントや遠征。そこで虫に刺されると、とたんアレルギー反応が出る。

先日もオーストラリア行って、夜・・・足を蚊に刺されると一気に真っ赤になった。そう、オレはどうやら「蚊アレルギー」のようだ。

そんな時、この抗ヒスタミン剤を処方すると、かなりの確率ですぐなおる。地方や海外に行く場合、手放せない一品だ。


その他にも「リップクリーム」「目薬」「日焼け止め」などのアイテムは必需品。

ロードバイクイベントや遠征で遠くへ行くと、何かあった場合、薬などの入手はけっこう大変。

特に自分に合う薬がいつも手に入るとは限らない。

また出先などで、初めて使う薬などは、不安も付きまとうだろう。

なので、日ごろから自分に合う薬や、何かトラブルがあった時などは、きちんとその薬などの相性をしっかりチェックしておくと良いだろう。

上記の薬やアイテムは、遠征や海外には必ず持っていくよう、いつも常備をしている。

スポンサードリンク

コメント

    • ゆーき
    • 2016年 11月 29日

    ワセリンを鼻に入れるのは危険らしいですよ

    http://1ban-siritai.com/drynose-waserinn/
    > ワセリンは、肺の中へ吸いこまれるおそれがあるため、絶対に鼻に入れてはいけません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 基本的にロードバイクにはペダルが付属していません。まれにママチャリのようなフラットベダルがついて…
  2. いつも使っているパナレーサー タイヤ RACE D EVO3から、今回はグラベルキングという同じくパ…
  3. ロードバイク乗りに限らず、スマートフォンやPCは我々の生活に完全に密着をしている。このところバイ…
  4. ウチはロードバイク家族です。嫁さん、そして長女もロードバイク乗っています。長女なんてヒルクライムに関…
  5. 先月うちに到着をした長女のバイク「アズーリ Forza Pro Ultegra Di2」到着をし…
PAGE TOP