その収納袋を「輪行袋」としてはダメなのでは?と苦言を言ってみる

スポンサードリンク

ロードバイクで輪行をよくやります。というか、このところは自宅から自走で走ることはほとんどない・・・いつもお世話になっています。ありがとうございます。

大体が、車で現地へ行くか、鉄道や公共の交通網を利用して輪行で現地まで行くことが多い。

2016年を振り返ると・・・車か鉄道か飛行機だ。自走一切なしだった。

そんなわけで、北は北海道、南はタスマニア、西は岡山と今年もたくさん走った。

というわけで・・・・まずは、

輪行の歴史をチェックする

現在、輪行をする環境はすこぶるいいと思う。ほぼ通常のロードバイク、それを分解して「専用」の輪行袋に収納すれば、無料で鉄道に持ちこむことができる。。

しかし、以前は競輪選手が競技場まで行くための方法だった。日本サイクリング協会(JCA)が鉄道会社と交渉したことにより実現をした。

当時はJCAの会員証を提示して手回り品切符を買って、輪行袋に収めて輪行をした。

実はオレ、当時のJCA会員証を持っている。

JCA会員証

やばい、めっちゃ懐かしい。たぶん、当時高校生・・・17歳。(35年前・・・遠い目)

つーわけで、このようにJCA会員になり、自転車用の手回り品切符買って輪行をやっていたのだ。

その後1984年10月からJCA会員以外でも、手回り品切符を購入すれば輪行することができるようになった。

さらに1998年にJR東日本が、1999年1月からは全国のJRが輪行を無料化。

今、我々が無料で輪行できるのは、このような歴史があり、たくさんの自転車乗りの方々のすごい努力や交渉、そしてルールを守るということがあったわけです。

しかし、現在は自転車は「何か」に収納してあれば鉄道に乗せられるのが当たり前の状態になっている。今一度ルールをチェックしてほしいと思う。

というわけで、いくつかの鉄道会社の自転車持ちこみに関してチェックをして見よう。

各鉄道会社のルール

鉄道会社にはいろいろなルールがある。いくつかの鉄道会社をチェックしてみる。

JRおでかけネット

切符のルール

携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチメートル(長さは2メートルまで)以内、重さが30キログラム以内のものを2個まで持ち込むことができます(ただし、傘、つえ、ハンドバッグなどの身の回り品は個数に数えません)。サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの

  • http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/guide/04.html

JR東日本

手回り品

携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ(長さは2メートルまで)以内で、重さが30キロ以内のものを2個まで持ち込むことができます。サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの

  • https://www.jreast.co.jp/kippu/20.html

JR東海

JR東海

  • http://railway.jr-central.co.jp/ticket-rule/rule47.html

京浜急行

京浜急行

  • http://www.keikyu.co.jp/file.jsp?assets/pdf/train-info/tetsudoueigyou/tetsudoueigyou_ALL.pdf

上記PDFの10-11ページを抜粋。

西武鉄道

西武鉄道

  • http://www.seibu-group.co.jp/railways/railway/eigyo/temawari.html

東武鉄道

東武鉄道

近鉄

近鉄

  • http://www.kintetsu.co.jp/gyoumu/kippu/nyuujouken/nyuujouken.html

阪神鉄道

阪神鉄道

  • http://rail.hanshin.co.jp/guide/eigyou02.html

いくつかの鉄道会社をチェックしてみたが、おおむね以下のルールで統一されているようだ。

  • 縦・横・高さの3辺の合計が250cm以内
  • 重量が30kg以内
  • 2個まで
  • 1辺の長さが200cmを超えるものは持ち込むことができない
  • 折り畳み自転車は折りたたんで「専用」の袋に収納
  • 自転車は解体をして「専用」の袋に収納
  • 一部などが袋から露出していてはいけない

大体が以上のルールとなっている。OK?

この収納袋は「輪行袋」としてはどうかと苦言を呈してみる

というわけで、以上のルールがあるという前提で、実際に以下の商品が「輪行袋」として販売されている。

ルールと照らし合わせてチェックをしてみる。

ドッペルギャンガー マルチユースキャリングバッグ 防水リップストップ素材輪行バッグ

ドッペルギャンガー マルチユースキャリングバッグ 防水リップストップ素材輪行バッグ

  • サイズ:収納時:W300 × H210 × D80 mm
  • 開封時:W1,850(最長部) × H1,100(中央部) mm × D440mm(最長部)
  • 重量:628g(付属ストラップ含む
  • カラー:ブラック

開封時でトータル3,390㎜ある。上限の2,500㎜をはるかに超えている。

さらにこれは自転車を解体しないタイプだ。自転車は解体をしなくてはいけない。

TIOGA(タイオガ) コクーン (ポーチ タイプ) カラー:ブラック

TIOGA(タイオガ) コクーン (ポーチ タイプ) カラー:ブラック

コクーン

  • 70デニールナイロン
  • 固定用ストラップ4本付
  • ショルダーストラップ付
  • L1630×H870mm

この商品は「輪行袋」とは書いていない。しかし、アマゾンの商品カテゴリでは「輪行袋」カテゴリでリストされている。

当然だがカスタマーレビューを見てみると、そのほとんどが輪行袋として利用している方が多い。

サイズが全長と高さで2,500㎜となっている。厚さ分があるはずなので、上限の2,500㎜をはるかに超えている。

また、サドルの一部が収納袋よりはみ出している商品もある。

タイオガ(TIOGA) EZラップ 輪行袋 ブラック BAR02400

タイオガ(TIOGA) EZラップ

これは、見てもらえば論外ということがわかると思う。この商品を「輪行袋」として販売してはどうだろう。

カスタマーレビューにこの商品を使って輪行している画像があるのもショックだ・・・

自転車を解体していないことはおろか、リアタイヤ、フロント部がすべて露出している。これは絶対に「輪行袋」として使ってはいけない。

ブルーシート・ビニール袋・ゴミ袋・自作の輪行は絶対禁止

ブルーシート輪行袋

ブルーシート、ビニール袋、ゴミ袋、自作などの輪行袋で画像検索をすると、このような画像がわんさか出てくる・・・どういうつもりなのだろう。

絶対にこのようなことはやめてほしい。


メーカーにはできれば、各鉄道会社のルールをチェックして商品名をつけてもらいたいと思う。「輪行袋」と記述があればその商品で輪行できると思ってしまうはずだから。

これらの商品は自転車やロードバイクのカバーとしては、非常に使い勝手がいいと思う。たとえば車内にバイクを積み込む際、このカバーをかければ汚れを防ぐことができる。

また部屋に自転車を持ちこむ際、ホテルなどの部屋に持ちこみ許可をもらえた時などの自転車カバーとしては非常に良いだろう。

しかし、ロードバイクや自転車の「輪行袋」としての使用はルールや規則を完全に逸脱をしている。

絶対に使わないでくれ。ついでにブルーシートや自作もダメだぞ

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブラックフライデーセール

ロードバイク乗りの人に贈るクリスマスプレゼントを考察してみる【2016年度クリスマス版】

ロードバイク乗りの花粉症対策【史上最悪 2017年度最新対策版】

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクを乗り始め、どんどんと遠いところに行けるようになります。そうすると、本当に行動範囲が…
  2. ロードバイクに付けるテールライトはどれがいいか?キャットアイの回し者ではないが、とにかくテールラ…
  3. ディスクブレーキロードバイクを海外通販で買っちゃったんだが、そのバイクでこの週末に360㎞のフレッシ…
  4. ロードバイクを乗るにあたり、いくつかのハードルがありますが、その1つがこの「レーサーパンツ」ではない…
  5. ロードバイクでナイトランすることは、なかなかないかもしれないが、日が暮れることが早くなる時期になると…
PAGE TOP