それでもクロスバイクがいいなら、これ買っておけ【おすすめクロスバイク? 比較・購入】

スポンサードリンク

クロスバイクに悩むあなたをさらに混乱させます。たしかにママチャリよりも遠くへ行けるというのは魅力ですが、その中途半端さは残る。

ロードバイクが最初から頭になければ、全く問題ないけど、もしロードバイクに乗りたいが、初心者とばかりクロスに手を出すともったいない。絶対に飽きるから。

クロスの守備範囲はせいぜい20-30km程度。がんばって50㎞くらいだろうか。逆に50㎞も走るとクロスのデメリットばかり浮き彫りになり・・・やはりロードバイクにすればよかったと激しく後悔するだろう。

さらに以外といい値段をするクロスバイク。ちょっとしたものを選ぶと10万近くなったりするからね。で、あればそれをロードバイクの予算にした方がいいと思う。

それでもクロスをチョイスしたいなら、ぜひロードバイクと被らない考え方・守備範囲を提案してみよう。

売りやい・処分しやすいクロスバイク

ロードバイクを前提にクロス買うと、大体においてすぐ飽きてロードに行く可能性が高い。

そうすると、そのクロスの処分を考える必要がある。逆に全く乗らない場合も、処分だね。

後ろ向き考えだが、ロードバイクへ移行する前提であれば、処分しやすい、売りやすいクロスバイクにしておくと良いだろう。

処分となると、最初に上がるのはヤフオクだろうか。

ヤフオク

ヤフオクのクロスバイクカテゴリを見てみる。そのリストを高いもの順にソートしてみると・・・10万円以上の価格には全く入札がない。5万円もない。3万円まで来てやっとこ少しの入札があるという状況だ。

これは何を意味するかというとクロスバイクは(高額では)売れないということ。

特に中古であれば、その価格はヘタすると4ケタになる可能性もある。

処分前提であれば、やはり名の通ったベンダー、メーカーがいい。普通に知っているクロスを扱っているメーカーといえば・・・

  • ジャイアント
  • ビアンキ
  • ルイガノ
  • トレック
  • キャノンデール
  • felt
  • アンカー
  • GIOS
  • FUJI

などになる。しかし、その価格が5万円以上になると、全く入札がないことも頭に入れておこう。

逆に言えば、上記メーカーで安くスタートすれば処分できる可能性が非常に高く、有名メーカーでなければ「ジモティー(無料の広告掲示板)」になるかもしれない。

次の乗る人の身長に合わせる

二束三文になるのであれば、所有をしておきたいのも人情。であれば、購入する際に、次にこのクロスバイクを乗るであろう人に合わせて購入するのはいいのでは?

たとえば嫁さん・恋人。たとえば兄弟。たとえば友人。そのバイクをあげても大丈夫という人やバイクに乗ってもらいたい人に合わせて購入するというのはどうだろう。

守備範囲が20㎞程度なら、多少フレームサイズが外れても、シートポストとステムでごまかすことはできないか。

かなり後ろ向きな考えだが、よく考えれば、今後乗ってほしい人をなし崩し的に巻きこめるメリットもある。

そう考えれば、かなり合理的なクロスバイクになりはしないだろうか?

ハードテイルMTB+スリックタイヤ

もしオレがクロスバイクを考えるなら、MTBにスリックタイヤというパターンで行く。

これなら、ロードバイクにもママチャリにも被らない。できれば、そこそこのスペックのMTBにしておこう。(大滝に出られるくらい)

10万以下の予算でもハードテイルMTBならかなりいいモノが手に入る。10万以下、10速という条件でチェックしてみると・・・

Cube Attention 29″ Hardtail Mountain Bike 2016

Cube Attention 29" Hardtail Mountain Bike 2016

  • Cube Attention 29″ Hardtail Mountain Bike 2016:77,756円(17%割引 CRC)
  • Frame: Aluminium Lite, AMF, Internal Cable Routing, Easy Mount Kickstand Ready
  • Forks: Rock Shox XC 30 TK Coil, 100mm, Remote Lockout
  • Chainset: Shimano FC-M523, 40x30x22T, 175mm
  • Brake/Shift Levers: Shimano Deore SL-M610, Rapidfire-Plus
  • Front Derailleur: Shimano Deore FD-M611 Downswing, 31.8mm
  • Rear Derailleur: Shimano XT, RD-M781-DSGSL, Shadow, Direct Mount, 10-Speed
  • Cassette: Shimano CS-HG50, 11-36
  • Chain: Shimano CN-HG54
  • Rims: CUBE ZX24
  • Front Hub: Shimano HB-M3000
  • Rear Hub: Shimano FH-M3000
  • Tyres: Schwalbe Smart Sam, Active, 2.25"
  • Front Brake: Shimano BR-M355, Hydr. Disc Brake 160
  • Rear Brake: Shimano BR-M355, Hydr. Disc Brake 160
  • Handlebars: CUBE Rise Trail Bar, 700mm
  • Grips: CUBE Performance Grip
  • Headset: FSA No.10, Semi-Integrated
  • Stem: CUBE Performance Stem, 31.8mm
  • Saddle: CUBE Active 1.1
  • Seatpost: CUBE Performance Post, 27.2mm
  • Seatclamp: CUBE Varioclose, 31.8mm
  • Pedals: CUBE PP MTB
  • Weight:13.4kg/29.5lbs

Vitus Bikes Sentier Hardtail Mountain Bike 2016

Vitus Bikes Sentier Hardtail Mountain Bike 2016

  • Vitus Bikes Sentier Hardtail Mountain Bike 2016:84,823円(25%割引 CRC)
  • Frame: Mechanical Formed Triple-Butted 6061-T6 Aluminium
  • Forks: Suntour Raidon XC LO-R-27.5, 32mm AL6061 stanchions, Air Spring with Pre-Load Adjustment, Hydraulic Speed Lock-Out with Rebound Damping Adjustment, Tapered Alloy Steerer, 120mm Travel, 15mm QR
  • Chainset: FSA Gamma Drive MegaExo, 175mm, 36tx24t
  • Bottom Bracket: Shimano
  • Shifters: Shimano Deore SL-M610 Rapid Fire Plus, 10-Speed
  • Front Derailleur: Shimano Deore FD-M618, 34.9mm Band
  • Rear Derailleur: Shimano Deore RD-M615 Shadow Plus
  • Cassette: Shimano CS-HG50, 11t-36t, 10-Speed
  • Chain: KMC X10, 10-Speed
  • Rims: WTB STP i19, TCS (tubeless ready), 27.5"
  • Front Hub: Novatec D811 – 6 Bolt, 100mm x 15mm
  • Rear Hub: Novatec D882 – 6 Bolt, 142mm x 12mm
  • Spokes: Stainless Double Butted
  • Tyres: Front – WTB Vigilante Comp, 27.5" x 2.3" Rear ? WTB Trail Boss Comp, 27.5" x 2.25"
  • Front Brake: Shimano BR-M355 Hydraulic Disc, 180mm Rotor
  • Rear Brake: Shimano BR-M355 Hydraulic Disc, 160mm Rotor
  • Handlebars: Vitus Riser Bar, 6061 Double Butted Alloy, 15mm Rise, 740mm Wide
  • Headset: FSA Orbit 1.5E Zero Stack (NO.57E/62 (I/E)) 1.1/8" – 1.5"
  • Stem: Vitus, 3D Forged 6061-T6 Aluminium, +/- 3 Degree Rise, 50mm Extension
  • Saddle: Vitus
  • Seatpost: Vitus Alloy, 6061-T6, 15mm Offset, 31.6mm x 400mm
  • Seatclamp: Vitus QR
  • Weight: 12.80kg/28.22lbs (size M)

競技に耐えることができるスペックのMTBでもハードテイルなら10万以下でもかなりの台数がある。それもきちんと10スピード、油圧ディスクブレーキ。

このバイクにスリックタイヤはかせれば、戦闘能力の高いクロスバイクみたいなヤツになるよ。フロントサスもRock Shox、Suntourなどで、なんちゃってMTBとはレベルが違う。

スリックを既存にはいっているMTBタイヤにもどせば、即オフに行けるし、このレベルのMTBであれば安めのホイール1組買ってオン、オフ用にそろえておくのもアリかもしれない。

シティバイク

何をもってシティバイクか良く分からないけど、とにかく荷物を乗せることが可能なバイクとしておこう。

ママチャリとクロスの間くらいの感じか。

Cube Touring City Bike 2017

Cube Touring City Bike 2017

  • Cube Touring City Bike 2017:74,787円(CRC)
  • Frame: Aluminium Superlite Trekking Comfort Double Butted
  • Fork: SR Suntour NEX, 63mm
  • Headset: FSA No.10, Semi-Integrated
  • Stem: Cube Performance Stem, 31.8mm
  • Handlebar: Cube Rise Trail Bar, 680mm; EE: Cube Comfort Shape Bar
  • Grips: Cube Performance Grip
  • Rear Derailleur: Shimano RD-TX800, 8-Speed
  • Front Derailleur: Shimano FD-M310, Top swing, 31.8mm
  • Shift-Brake-Levers: Shimano ST-TX800
  • Brake System: V-Brake
  • Crankset: Shimano FC-T801, 48x36x26T, BB-UN100, 175mm
  • Cassette: Shimano CS-HG200, 12-32T
  • Chain: KMC Z72
  • Rims: Cube SX24
  • Front Hub: Shimano DH-C3000, Hub Dynamo, Nut
  • Rear Hub: Shimano FH-TX800, Nut
  • Tyres: Schwalbe Spicer, Active, 40×622
  • Pedals: Cube PP Trekking
  • Saddle: Cube Comfort Tour 1.2
  • Seatpost: Cube Performance Post, 27.2mm; EE: Cube Performance Post, 30.9mm
  • Seatclamp: Cube Screwlock, 31.8mm
  • Front Light: LED 15Lux
  • Back Light: LED Steady Light
  • Kickstand: Cubestand Cmpt
  • Mudguards: Cube Black Shiny
  • Bell: Humpert
  • Carrier: Standwell Bag Carrier
  • Weight: 15.8kg

雨だろうが、夜だろうが本気のシティバイク。リアキャリアがポイント。大きなパニアバッグやサイドバッグ、トランクバッグを取り付け可能だ。

大きな泥除け、明るいライト、ワイドなギア比、まともなフロントサスペンションが行動範囲を広げる。間違いなくママチャリよりも快適に遠くへ、そして大量の荷物を積載できる。

高めのシートとフラットバーで、クロスバイクに十分対抗できる。

特筆するべきはハブダイナモ。昼夜問わず安全度高い。かなりレベルの高い通勤バイクにもなるだろう。

ツーリングバイク

LOUIS GARNEAU(ルイガノ) ロードバイク 16 GMT-V PEARL BLUE サイズ(C-T):370mm(16LG-GMV-05)

スマン、これはオレがほしいヤツ・・・

クロスバイクとはかなり離れてしまったが、バッグを外せばクロスに見えるだろ?

ロングツーリング専用バイクなので、頑丈さは問題なし。

前後のキャリアは、どんな大きいバッグでも取り付け可能。標準でリアパニアバッグとフロントバッグ装備。トータル73Lでなんでも飲み込みそう。

シートスティには予備スポークを固定できるスポークホルダー装備というマジ仕様。

ディスクブレーキ装備しながらカンチブレーキ台座もあえて残すという本気度。

乗っているだけで、地平線を感じることができるジャーニーバイクだ。

普段はクロスバイク、ママチャリ、通勤など何でもこなし、長い休みにはロングツーリングという形をとれる。これならかなり長く乗れそう。


クロスバイクはロードバイクの代替にはならない。

なので、ロードバイク乗りたいけれど、クロスをはさむのは無駄。ロード乗りたいなら、最初からロード。

逆にロード興味ないこど、クロスなら・・・ぜひ上記参考にしてみてほしい。クロスほど中途半端なジャンルはない。その割に高い。

同じくらいのお金出すなら、ジャンルを絞る方が楽しいと思う。

やはりおすすめはMTB+スリックタイヤ。ツーリングバイクもいいけどちょっと高いのがNGかな。

いずれにしてもどっちつかずのクロスであれば、きちんと用途を考えバイク選びをして見よう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ビギナーさんが100kmを走れるようになると、いろいろなサイクルイベントにトライできる。そして1…
  2. 2015/3/17

    Eastway R2.0 2014
    ご存知お値段が安めのイーストウェイ Eastwayのロードバイクです。このR2.0はR1.0 と…
  3. ガーミンのサイクリングGPSの中核をなすEdge810。先日Edge820がリリースされたようだ…
  4. ロードバイクを買って、嫁さんと毎日のように近くのサイクリングロードを走りに行っていました。そのう…
  5. このところたくさんのロングライドイベントが行われている。ロードバイクで長距離、ロングライドを完走…
PAGE TOP