「北海道1周」とか「九州1周」とか「四国1周」とか何kmで何日必要?

スポンサードリンク

ロードバイク乗りはじめる。そうすると、どんどんと距離を伸ばすことができる。

この走ることができる距離が伸びるのは本当に楽しい。

週末が待ち遠しいだろう。

20kmでもつらかったのが50kmに伸び、目標としていた100kmを達成、そして念願のセンチュリーライド(160km)を走りきれたときなどは、自分がどこまでも走れるようなきがするに違いない。

ここまで来ると、今度は1周系に興味をもつ方も出てくるだろう。

自転車でどこまでいける?

自転車、そしてロードバイクは本当に速いです。普通に30km/hというスピードが出ます。

ゆっくりのんびり走っても20km/hくらいで巡航することはたやすいでしょう。

そして、1日に100km走るのであれば、休憩を含めて6時間というくらいの時間でこなせるのではないだろうか。

そう考えると、ツーリングで1日に100km走ることができれば、1週間で500km-700km程度の距離であれば、無謀でもなんでもないだろう。

十分にロードバイクビギナーでもこなせるような距離ではないだろうか。

そのような距離が視野に入ってくれば、ツーリング大国の日本ならではの1周系自転車旅が現実のものになってくる。

北海道1周

納沙布岬

北海道1周は海沿い、北海道の側をトレースすると1周約2,400km程度となる。

この距離を走るとなると、だいたい普通の人で1ヶ月ほど必要になってくるであろうか。

ちなみに札幌と納沙布岬を行きは北見経由、帰りは富良野経由すると約1,200kmとなる。約10日-2週間位だろうか。

前後満載のバッグで北海道1周ツーリングもいいが、ぜひともここは軽量ロードバイクで北海道を疾走してみてはどうだろう。

真っすぐ伸びた1本道は、やはりある程度のスピード感を感じたほうが、楽しいと思う。

また北海道は宿の充実も見逃せない。

温泉旅館はもちろん、シーズンになると各地にライダーハウスなどがオープンする。これらを利用すると、非常にリーズナブルに旅を続けることができるであろう。

ちなみに、2018年には北海道1周のブルベも開催予定だ。海沿い中心の北海道1周2,400kmをわずか9日間でかけぬけるイベントとなっている。

九州1周

開聞岳

九州1周はけっこうハードだ。さすが山岳が多い九州とあり、山経由となるとかなりしっかりと登らされるし、海沿いルートでも、かなりハードと心得よう。

しかし、九州はそのハードな道沿いもそうだが、おいしいものがたくさんあり、また温泉天国。

登らされることが多いので、こちらも軽量、身軽、荷物をコンパクトにした装備でトライをしたい。

ちなみに九州1周の海沿いルートとなると、約1,500km程度で約2週間ほどでいけるだろう。

過去にオレは九州1周のブルベを2回ほど完走していて、300km+400km+600km+200kmの組み合わせ、その期間は8日間(走行時間トータルリミット100.5時間)となっている。

指宿で食べた刺し身と芋焼酎がマジでうまかったぞ。

四国1周

霊山寺

以前車で四国88ヶ所巡りとして1周したことあるが、やはり四国1周もキビしい。

約1,400km程度を見ておくと良いだろう。四国の道も九州同様かなりきつい。山岳地帯が多く、上り下りはきっちりある。

88ヶ所めぐりはきついよ。お寺は山の上というのが定番だから、登っては下りの連続となる。

四国1周は2週間では少々厳しいと思っていいかもしれない。

まとめ

日本はよく小さい島国と言われているが、実はそんなことはない。南北に長く、九州佐多岬から北海道宗谷岬まで行くと・・・ルートにもよるが2,400km-3.000km近くなるはずだ。

オレも実際に鹿児島から青森まで走ったら2,100km程度になった。

その本州の他に、北海道や四国、九州と言った自転車で1周をするには魅力に溢れた場所となる。

さらに公共交通網が充実をしている日本であれば、輪行を組み合わせれば、多彩なツーリングが可能となる。

また日本の紀伊半島や伊豆半島、能登半島なども1周系にはたまらない場所だろう。

ぜひ100kmを走れるようになったら、1周系の旅の計画を立ててみてはいかがだろう。

スポンサードリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. 先日台湾へロードバイクを持っていき旅行に行ってきたのだが、本当に良かった。はじめて台湾に行ったの…
  2. つるしで買った20万円程度のロードバイクだと、十中八九シマノの鉄下駄ホイールが装着されているだろう。…
  3. 春からロードバイクに乗り始めた方であれば、そろそろ100㎞距離の壁を打ち破っているのではないでしょう…
  4. ロードバイクのパンク修理は本当に簡単だ。フロントホイールでもリアホイールでも簡単にフレームから外せる…
  5. 自宅でバイクを整備するための工具類とは違い、携帯性やコンパクト性を重視したツール類となる携帯ツールセ…
PAGE TOP