コンチネンタルGP4000S2を買うなら23c・25c・28cどれがいい?

スポンサードリンク

ロードバイクのタイヤといえば「コンチネンタルGP4000S2」。そう考えている方も多いのではないだろうか。ロングライド系を走っているオレだが、耐久性や耐パンク性ということを考えると、このコンチGP4000S2、もしくはグラベルキング・・・そう考えてしまう。

久しぶりにグラベルキングよりGP4000S2に浮気してみようと思う。

その前に、GP4000S2のラインナップなどチェックをしてみよう。

コンチGP4000S2の概要

コンチネンタルGP4000S2

コンチネンタルGP4000S2というと、真っ先に思い浮かぶのが「ブラックチリコンパウンド」だろう。

通常、タイヤのコンパウンドの大部分はゴムが原材料となりできている。そのタイヤとして使用するには多くのカーボン粒子が含まれていなければタイヤとしては正しく機能しない。

そのカーボン粒子を極限まで小さくしたのがブラックチリコンパウンドとなっている・・・のだが、どのくらい小さくしたかというと、コンチネンタルの技術で、そのカーボン粒子の大きさは、それまでの1割までにした。

ナノカーボン粒子をロードバイクや自転車用のタイヤに採用。新たなコンパウンドラバーを開発してバイクタイヤに採用している。スゴイのかよくわからんが、とにかく小さくなったようだ。

さて、コンチGP4000S2には上記画像にもあるように「Vectran BREAKER ベクトランブレイカー」が使われています。これいはベクトランという化学繊維で、スチールの約5倍の引張強度持つ。このベクトランを耐パンクシートとして使っている。

まじすごいぜ!GP4000S2!!

コンチGP4000S2のラインナップ

Dimension Technology 仕様 TPI コンパウンド 重量 PSI
700 x 20C Vectran Breaker black/black Skin foldable 3/330 ブラックチリ 185 130-160
700 x 23C Vectran Breaker black/transparent Skin foldable 3/330 ブラックチリ 215 110-120
700 x 23C Vectran Breaker black/black Skin foldable 3/330 ブラックチリ 205 110-120
700 x 25C Vectran Breaker black/black Skin foldable Reflex 3/330 ブラックチリ 235 95-120
700 x 25C Vectran Breaker black/black Skin foldable 3/330 ブラックチリ 225 95-120
700 x 28C Vectran Breaker black/black Skin foldable Reflex 3/330 ブラックチリ 275 95-115
700 x 28C Vectran Breaker black/black Skin foldable 3/330 ブラックチリ 265 95-115

コンチネンタルGP4000S2は20cと言う細いタイヤから28cまでラインナップされている。

その軽さは驚異的で20cの185gはもちろん、28cにおいても265gという非常に軽いタイヤに仕上がっている。これはすごい。265gといえば、ちょっとした廉価版23cタイヤと同じくらいの重量だ。

コンチGP4000シリーズ23c・25c・28cの実測値

実際にコンチネンタルGP4000シリーズを手にとって見た。それぞれの重量や実測値を計測してみたのでチェックしてみてほしい。

コンチネンタルGP4000 23cの実測値

コンチGP4000シリーズ23c

コンチGP4000の23cの重量。カタログ値は205gのところ217g。

コンチGP4000シリーズ23c

スケールでの実測値は約60mmの幅となっている。

コンチGP4000シリーズ23c

ホイールに装着をしてノギスでの実測値は幅24mmとなっている。空気圧は7bar。

コンチネンタルGP4000 25cの実測値

コンチGP4000シリーズ25c

コンチGP4000の25cの重量。カタログ値は225gのところ239g。

ただ、これは4000S2ではなく4000Sとなっている。

コンチGP4000シリーズ25c

スケールでの実測値は約63mmの幅となっている。

コンチGP4000シリーズ25c

ホイールに装着をしてノギスでの実測値は幅25mmとなっている。空気圧は7bar。

コンチネンタルGP4000 28cの実測値

コンチGP4000シリーズ28c

コンチGP4000の25cの重量。カタログ値は265gのところ252g。かなり軽い値が出ている。

まとめ

コンチGP4000S2シリーズは安定のドイツ品質。ただはやはり、その価格が高いことが一つのネックになっていると思っている。

今シーズンは、このコンチネンタルGP4000S2の28cを購入して、今年のロングライドを走ってみようと思っている。

2018年の前半は同社コンチネンタルウルトラスポーツ2の28cを使ってみた。重量的には少々重いタイヤではあったが、超ロングライドである1500kmを全くノートラブル、安定した乗り心地、安心の走破性で非常によかった。

後半は値段は倍となるがGP4000S2を発注して、同様の超ロングライドで走ってみようと思っている。レポートもぜひ期待してほしい。



The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクを乗るにあたり、いくつかのハードルがありますが、その1つがこの「レーサーパンツ」ではない…
  2. 2014/8/21

    レインウェア
    普通に練習やサイクリングロードを走りに行く時にレインウェアは必要ないでしょう。ウインドブレーカー…
  3. ロードバイクを購入する上で、「ロードバイクのコンポは105以上?」・・・それとも「コンポはティアグラ…
  4. ロードバイクで走りに行く気も失せるほど暑いです。さらに台風です。先日行った北海道は本当に大変なことに…
  5. ロードバイクを含む2輪車を乗る時、ヘルメット、グローブをはじめ体を守るアイテムを装着して走る必要があ…
PAGE TOP