ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

ロードバイクの装備

【サイクルジャージ】専用ジャージはカッティングとバックポケット

投稿日:2014年8月17日 更新日:

ロードバイクを乗る上でパンツに続いて、このサイクルジャージもなかなか手ごわいピッチリさです。

サイクルパンツとサイクルジャージを着て、そばに自転車がなかったらかなり微妙なウェアとなること間違いありません。

サイクルジャージって?

ジャージに負けず劣らず体にピッチリするサイクルジャージもやはり自転車にのるために作られた、専用ウェアです。

自転車に乗ると、本当に汗をかきます。そのままだと走行風もあり体が冷えてしまいます。

その状態を防ぐため、サイクルジャージは吸湿速乾性の素材が使われています。体にフィットをしているので、すぐに吸湿、すぐに乾くという非常に優れているのです。

また自転車に乗る姿勢は、ほぼ常に前傾姿勢になっています。

その姿勢を考慮されたサイクルジャージは背中の部分が前部よりも長くなっています。このカッティングにより自転車乗車時に背中が出ないようになっています。

ピッタリすることによる空気抵抗軽減も見逃せません。

半袖・長袖ジャージ

サイクルジャージにも半袖、長袖がありますので、季節や気温に応じて何枚か用意するとよいでしょう。

冬場は走らないと決めれば半袖だけでも問題ありません。

涼しくなったらアームウォーマーとウィンドブレーカーで対応ができます。

半袖ジャージ+アームウォーマーの組み合わせは、いろいろな場面に対応がしやすく、まずはこのパターンで揃えるとよいと思います。

フルジップ・ハーフジップ

ジッパーが全部開くタイプと、半分までのタイプがあります。好みで揃えるとよいでしょう。

フルジップのほうが脱ぎ着がしやすく、またヒルクライム時などで開いた時、涼しいです。

ジャージのバックポケット

バックポケット

サイクルジャージには通常、背中にポケットが付けられています。

このポケットが自転車乗車時、非常に使いやすく、かなりの容量があります。

補給食はもちろん、スマホや財布などいろいろと収納ができ、ちょっとした練習ならバッグいらずです。

背中に入れるものはビニール袋やジップロックで、防水加工しておきましょう。汗でいがいとものは濡れてしまいます。

サイクルジャージの下に下着は着るの?

サイクルジャージの下に下着を着るかどうかは、個人の好みになります。

ゴワゴワして嫌な場合は、着る必要はないでしょう。暑い時ジッパーおろした時も涼しいです。

私は速乾性のアンダーウェアを着ています。パンツのウェストゴム喰い込み防止も兼ねています。

寒い時などアンダーウェアは非常に有効ですので、季節や気温に合わせてみるのもよいでしょう。

まとめ

ちなみにオレのお気に入りジャージは富士山桜吹雪・・・

コイツ、海外で着るとマジで外国人ライダーにウケる。

DECOJA(デコジャ)
¥9,980 (2019/05/19 22:37:06時点 Amazon調べ-詳細)

コチラも見てみませんか?



-ロードバイクの装備

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2019 All Rights Reserved.