レインウェア

最終更新日: 2015年12月25日

スポンサードリンク

普通に練習やサイクリングロードを走りに行く時にレインウェアは必要ないでしょう。

ウインドブレーカーがあれば、少しの雨ならまったく問題ありません。

しかし、泊まりがけのツーリングやロングライドの時は、考えてみても良いアイテムかもしれません。

はっきり言って、雨の中を半日も走っていればウェア内にしみてきます。

だからといってレインウェアがいらないかといえば、やはり欲しくなります。

いいレインウェアは、(私は持っていませんが)相当いいようです。

私のやっているロングライドイベント、ブルベのライダー達で絶大な人気といえば、mont-bell GORE‐TEX サイクルレインジャケットです。

mont-bell GORE‐TEX サイクルレインジャケット

ゴアテックスということもあり、普通の素材レインウェアより蒸れは少ないようです。

またサイクル用ということで、カッティングも全景に適したものとなっていて、雨の時でも快適なライディングが実現されます。

重量は上下合わせて500gを少し超えるくらい。

いっそ、ウインドブレーカーの代わりとして、このレインジャケットを持っていれば、間違いはないでしょう。

ジャケットの脇に付いているベンチレーションはかなり効果があり、長距離、ロングライド、ブルベなどでは、もはや定番となっているレインウェアです。

問題は、その値段。モンベルということもあり、ほぼ値引きはない場合が多く、通常でも上下5万円以上するシロモノです。

雨天時の安心と快適を取るか、雨はあきらめて安い製品で行くか、思案のしどころです。

ちなみに私は上下で1万円ほどのレインウェアでしのいでいます。


たぶん、オレの走っているブルべでレインウェアといえば、たぶんこのモンベルのヤツの装着率が一番高い。

値段は高いが、その性能はお墨付きといっても過言ではない。


The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイクに乗る場合、常時持っておくものの1つに携帯エアポンプがあります。パンク修理ができてもエア…
  2. ビギナーさんが100kmを走れるようになると、いろいろなサイクルイベントにトライできる。そして1…
  3. 今年も奄美大島チャレンジサイクリング240㎞の季節がやってきました。ツールド沖縄かこの奄美大島チ…
  4. ロードバイクを購入しようと思っているビギナーさん、初心者さんがよく口にする言葉で・・・「ロードバイク…
  5. ロードバイクは積載場所が非常に少ないです。そんなロードバイクのボトルゲージはとても大切な積載スペ…
PAGE TOP