3万円前後でロードバイクのホイールを交換したいのだが【フルクラムレーシングクアトロ行っておけ!】

スポンサードリンク

つるしで買った20万円程度のロードバイクだと、十中八九シマノの鉄下駄ホイールが装着されているだろう。

ウチにある4台のロードバイクも例外ではなく、シマノの鉄下駄がついていた。

そのホイールはコレかな。

シマノのスタンダードホイールWH-R501

うちにあるロードバイク、デローザR848、チネリエクスペリエンス、ピナレロFP1、ビーワンディアブロ・・・この4台にもこのホイールがついていた。

シマノのスターンダートホイールだよね。

シマノWH-R501スペック

頑丈でとても安い。クロスバイクあたりであれば、このホイールに交換するだけで、かなりの差を感じるのではないだろうか。

フロントリアを合わせて、2㎏を切っているので十分実用だろう。

しかし、軽いフレーム、コンポーネントをつけているロードバイクであれば、できればもう少し軽いホイールがほしくなるのは当然のことだろう。

しかし、いまいち予算がない。

予算3万円の最強ホイール:フルクラムレーシングクアトロ

フルクラムレーシングクアトロ

予算が3万前後でどれかホイールを選ぶ場合、全力でおすすめをしたいのが、このフルクラムレーシングクアトロだ。

(たんにオレがはいているだけなのだが・・・)

特徴1:購入しやすい価格帯

非常に買いやすい価格帯のホイールだ。フルクラムラインナップのミドルレンジよりちょい下にはなるが、その値段はかなり魅力。

海外通販だと3万円弱。大体送料は無料になる。ただ、税金が1,000円程度かかるので、ざっくりと3万円だ。

国内でもアマゾンなどで取り扱いがある。価格は海外通販より少々高くなるが、なんといっても安心だ。そして注文したらその日に来ることもメリットだ。

特徴2:リムハイトが35mmでかっこいい

このリムハイトが35mmというのは、とてもカッコいい(と、思う)。

横からみると、ハイトが高いホイールとなり、本当に足元がいい感じだ。

当然、リムハイトの低いホイールよりは重くなるが、外周が重くなることにより慣性で高速巡行がやりやすくなる。ロングライドにうってつけ。

さらにエアロダイナミックス効果の恩恵も受けられるぞ!

特徴3:なかなかがんばっている重量!

前後、両方合わせてカタログ値1710gとなかなかがんばっている。

その証拠に・・・同じリムハイト35mmの代表ホイールといえばシマノWH-RS81-C35-CLだ。

値段が倍になるが重量は1,660gだ。値段が半分で50gくらいしか変わらないのであれば、レーシングクアトロのコストパフォーマンスはなかなかだと思うが、いかがだろう。

特徴4:当然11速対応

今どきのホイールなので、当然11速対応だ。

10速の場合は、付属のスペーサーで対応をする。

特徴5:剛性感のあるリアハブ

カセット側には大口径のフランジとなっていて、剛性感がある。

これによりクランクからの駆動力がバッチリとリムとタイヤに伝わるぞ!

ホイールチェックの実際

今回はWiggleで購入をしました。

購入後1週間で到着。

ニップルは赤色となっていて、さらに足元が引き締まります。

アクセントとしても、かなりカッコいいぜ。

ホイール本体に、クイック、スペーサー、説明書など。

カセット取り付け。カセットはアルテグラを使用。

10速カセットなので、スペーサを入れてある。

タイヤはパナレーサーを使った。

タイヤはめこみは、とても楽でタイヤレバーなしで取り付けることができた。

チューブはいつものコンチネンタルのチューブ


このような感じで、オレのロードバイクのホイールとして大活躍。

5,000㎞超えたくらいでも、まったく振れもなく、トラブルもなく快調に走っています。

あなたの最初のホイールにフルクラムのレーシングクアトロをチェックしてみてはいかがでしょう!

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. 折りたたみ自転車・ミニベロといえば、このBirdy(Bd-1)を思い浮かべる方も多いのではないだろう…
  2. 夏が来ると・・・バイク乗りってヤツはキャンプに行きたくなるんだよな。でも、乗っているのがロードバ…
  3. ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。今年もずいぶんと…
  4. ロードバイクのホイールは、本当にたくさんある。その中でも自分の足となり、相当な時間、相当な距離を付き…
  5. ロードバイクにバックミラーを付けている人は、けっこう少ない。私はブルべというイベントに参加してい…
PAGE TOP