ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

走りに行こう・走行レポート

真夏をロードバイクで快適に走るコツ【ロングライド・熱中症・暑さ対策】

投稿日:2017年7月23日 更新日:

ロードバイクでこの暑い中毎日ローラー台に乗っているオレだが、やはり夏のロードバイクはこたえる。

部屋のかなのローラー台なので、何かあれば、すぐに冷房のきいたリビングへ逃げることも出来るし、調子が悪ければすぐに中止をしてシャワーをあびることも出来るし、ビールも飲める。

しかし、これが真夏の外走りとなると話が違ってくる。近くの河川サイクリングコースへ行ったとしても、最低でも往復はする必要がある。

ロングライドとなれば、その日の気温や天候、湿度、体調も含め、最新の注意をはらい準備する必要があるだろう。

真夏のロードバイクを走る上での準備やコツをチェックしてみた。

まずはドリンク・飲料水をきちんと用意する

ロードバイクを乗るにあたり、ドリンク、飲料水を用意するのは絶対と言っていいほどの必需品。

キャメルバック

キャメルバック(CAMELBAK) クラシック ハイドレーションパック

なんといってもキャメルバッグをすすめておく。

そのライドがレースではないのであれば、キャメルバッグを背負うのは悪くない選択。飲料水を多めに確保できるのはもちろん。

なんといってもコンビニなどで氷を買ってハイドレーションリザーバータンクに入れてみてくれ。背中ひんやり、さらに冷たい水がチューブから出てくる。

多分この時期、普通のボトルに水を入れてもすぐにあたたまるだろう。しかし、キャメルバッグであれば、氷の入る量がかなりある。ぜひ試してみよう。

またこれを背負うことで、通常のボトルも予備として考えることが出来るし、いつものツールボトルをさすことが出来るぞ。

ダブルボトル・保冷ボトル

キャメルバック(CAMELBAK) ポディウム チル 21oz(約0.6L) 保冷ボトル

夏であれば、ドリンクボトルを2つ保つ場合が多いだろう。

ぜひ、その1本を保冷ボトルにしてみてはどうだろう。前述のキャメルバッグと併用をして、氷をこちらに入れておくと、かなり長い時間帯において冷たい水を取ることが出来る。

またその冷たい水を首などにかけると非常に冷却効果も高い。

体を太陽にさらさないようにする

真夏となるとビーサン、短パン、Tシャツと思いがちだが、ロードバイクにおいては、それは避けよう。

オレは真夏でもほぼ間違いなく長袖長パンで走る。

長袖アンダーウェア

おたふく手袋 ボディータフネス 冷感・消臭 パワーストレッチ 長袖

ロードバイク半袖ジャージの時のアンダーウェアにいつも愛用をしている、おたふくの長袖パワーストレッチシャツ。

冷感なのでちょっとひんやり。さらにかいた汗が乾くことで、これまたひんやり。夏のアンダーウェア定番となっている。

アームカバー

エジンド(Aegend) アームカバー 腕カバー

半袖ジャージの場合、アームカバーもオススメ。

腕の日焼けを防ぐこともでき、絶対に必需品だ。

レッグカバー

SHIMANO(シマノ) Sun block レッグカバー

腕をカバーしたら、ぜひ足もカバーしておこう。

ダラダラ流れる汗は、けっこう気になる。足も日焼けすると、結構疲れる。真夏の太陽の下では足を守ることもオススメだ。

冷感タオル

冷感タオル

冷感タオル1本首に巻いておこう。これはいいぞ。

走りながら、ボトルの水を少しかけるだけで、ロードバイク走行風により首元ひんやり。

トイレにいくときはタオル代わりにもなるので1石2鳥。ぜひ真夏のロードバイクで持参することオススメするアイテムの一つ!

日焼け止め

ロードバイク乗る時に上記の長袖や長袖アンダー、長パン、などを着れば、かなり日焼けは防げるだろう。

さらにオレは長指グローブをしているので、完璧だ。

この状態で肌が出ている部分は顔と首だけ。首も冷感タオルでカバーをすれば顔の日焼け止め対策をすればバッチリだ。

目はきちんとサングラスをする。

ピジョン UVベビーミルク ウォータープルーフ

赤ちゃん用でオレにはバッチリ。小さいボトルでどこにでも入る。

コンビニ寄った時に、トイレで顔だけ、これを塗れば日焼け止め対策はバッチリ。

アミノバイタル

アミノバイタル

前述の氷の入ったキャメルバッグにこのアミノバイタル2本ほど入れておくと、冷たい状態で摂取ができる。

暑い時は思った以上に食事を摂ることが難しくなったり、ビタミンやミネラル不足になる。そんな場合もこの冷たいアミノバイタルと塩飴などで乗り切ることが出来るだろう。

ぜひ常備をしておくことオススメ!

まとめ

ロードバイクを真夏に乗るということは、ちょっとしたリスクだ。

なので、乗っている時のケアはもちろん、もし何か合った時のため、ロングライドなどに出る場合は輪行袋などの用意もきちんとすることは必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2018年現在で国内ブルベ(36本)海外RM1200km以上(8本)トータル44本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

-走りに行こう・走行レポート

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2018 All Rights Reserved.