ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

ウェブログ・雑記 ロードバイクデビュー

自転車通勤におすすめクロス・ロードバイク選び方5つのポイント

投稿日:

ロードバイクを乗りたい、ほしいと思う動機の一つに「通勤」を上げる方は多いと思う。

オレ的には通勤でロードバイクを乗るのは、ちょっと怖くてやりたくはないが、通勤という非常につまらない、また不快でムダな時間がロードバイクに乗ることでトレーニングはもちろん、好きなバイクに乗れるという楽しい時間に変わる。

ただ、自転車通勤もその距離やルートにより負担はかなり違う。また通勤に使うバイクによってもその差はかなり出てくるだろう。

自転車通勤をするときに長い距離を走ろうとすると足が痛くなったり腰が痛くなったりすることがあります。例えば登りが下りが激しかったり、漕ぐ力が弱いと1回走っただけで疲れてしまい、自転車通勤も億劫になってしまいます。

こんなときにおすすめなのがロードバイクという長距離型に合わせた自転車がよく、選び方によって毎日安心して走ることが出来ます。

通勤に使うロードバイクとはどんなものが良いのだろう。ロードバイクの選び方についてチェックをしてみよう!

クロスバイクにするか?ロードバイクにするか?

自転車というくくりを考えると、この通勤に使う自転車はロードバイクにするかクロスバイクにするかは考えるところです。

もちろん、ロードバイクは安いものから高いものがありまし、クロスバイクもしかり。

価格と同じようにメーカーによって自分に合ったロードバイクもあります。

クロスにするかロードにするかで、まずどこに注目するかというとハンドルなることは間違いないだろう。

基本的にハンドルが真っすぐになっているものがクロスバイク、曲がっているドロップハンドルが付いているものがロードバイクという認識で間違いはない。

真っすぐなタイプのハンドルが付いているクロスバイクは手や腕をひねり返し、力を入れて運転しなければならないから長距離にはおすすめできない場合がる。

握りはもちろんだが、クロスバイクはその特性によりアップライトなポジションになっている場合がほとんど。ロングライドには向かない。しかし、そのポジションにより気楽に乗ることができ、また操作性も良い。顔を上げやすいので視界もよく、実は通勤向きということもできる。

そして、最大のメリットはブレーキがかけやすいということにあると考える。

一方曲がっているドロップハンドルのロードバイクは様々なライディングポジションを取ることができる。やはりその特性から長い距離を走る場合はロードバイクに軍配が上がるだろう。

しかし、ドロップハンドルのブレーキとシフトは初心者には操作が難しいということもある。手の小さい方や握力の弱い女性などはデメリットになることもある。

このような場合、グー握りのできるフラットバーのクロスバイクは選択肢となるであろう。

ストップアンドゴーが多い通勤にはあえて、クロスバイクを選ぶのも一つの方法と言えると考える。

あと、通勤はバイクの扱いが雑になる可能性も考え、高額なロードバイクを避けるのも一考よ。

通勤:自転車・ロードバイクのフレームサイズ

ロードバイクのフレームサイズはかなり重要です。

フレームサイズには様々な寸法があり、フレームサイズいくつ・・と、一括りにできません。

当然のことながらフレーム自体が取り付けられる、シートピラー、コラム、ハンドル、クランク長などライダーに接する場所も多岐にわたるため、フレームだけでは決まらない部分もあります。

フレームサイズはいろいろあり、寸法を長さで表示するものもあれば「Lサイズ、Mサイズ、Sサイズ」などの服のようなサイズで表しているフレームもある。

人の体には身長というサイズもありますが、上半身だけの長さ、下半身だけの長さが同身長の方でももちろん違っている。腕の長さもしかり。

フレームサイズが自身の身長のレンジに入っていても、その先に微妙な調整が必要なのは明らか。

通勤に限らず、フレームサイズは小さめで選択するほうが、他のパーツで微調整がカバーできると考える。

当然のことながらフレームサイズが小さければ、車両重量も軽い。

信号で停まる際、サドルから尻を外しフレームにまたがる時の足つき性もすこしアドバンテージが有るね。

通勤:自転車・ロードバイクを買うショップも大事

もし通勤に使う自転車をママチャリではなく、ロードバイクやクロスバイクなどにする場合はショップ選びはかなり重要になってくる。

もちろんあなたが、いつも行く行きつけのショップがあれば全く問題はない。迷わずおなじみのショップへGOすればいいだろう。

自転車を買うのが初めてで、馴染みのショップや行きつけのお店がない方はどうすればいいだろう。

そこで、自宅から会社までの通勤経路に自転車店やバイクショップがないか調べてみよう。ルート上にショップがあれば、これほどこころ強いことはない。

もしトラブルが起きた時、すぐに飛び込めるし、そのまま預けることもできる。

まだ行きつけのショップがなくて、ロードバイクやクロスバイク選びを考えているのであれば、会社までの通勤ルート上などにバイクショップがないかを見つけてみよう!

距離別で考える通勤自転車の選択肢

自転車通勤と言っても、その距離は家からの場所によりいろいろ変わってくるだろう。オレもサラリーマンの時に自転車通勤をしていたが、その時の距離は約6km。

自宅から会社までは埼玉郊外系のスピードレンジが上がるエリアで信号のトータルは2箇所だけという、本当に通勤向けルートであった。

そのため、ロードバイクで走っても、ママチャリで走っても、さほどタイム差は少なく、概ね20分以内で到着をしていた。

しかし、このような自転車通勤に適したルートの方は、あまりいないだろう。住宅街、市街地を抜けオフィス街へ至る道は平均速度もかなり低くなる。信号も多くストップアンドゴーも強いられる。

そんなことを考慮に入れながら、距離別のおすすめバイク・自転車をチェックしてみよう。

3km以内の通勤自転車

21Technology 【21テクノロジー】 シティサイクル

距離が短い通勤であれば、あえてママチャリ、シティサイクルをおすすめしたい。

汎用性の高い26インチタイヤに大きめのカゴ、雨も物ともしない前後の泥除けはよき通勤パートナーだ。

しかし、朝一の時間を争う通勤自転車。ぜひここはフラットバーと6段変速が付いている自転車を選ぶことがポイント。

フラットバーはハンドルを引きやすい。また6段変速で多少のアップダウンも問題なし。

ママチャリを侮るなかれ、ウチラはこのママチャリでFISCO7時間ママチャリ耐久レースで90番代に入った過去もある。

5-10kmの通勤自転車

ジャイアントエスケープ R3

このレンジの通勤距離なら迷わずクロスバイクがいいだろう。

使い勝手もいいし、バイク自体の値段も高くないので、ちょっとしたコンビニ駐輪も気を使わなくてすむ。

10km近くなってくると、ストップアンドゴーの割合も増えるので、よいブレーキの付いた良いメーカーのクロスバイクを勧めたい。

また女性や握力が弱い方にフラットバーのブレーキはかけやすく、またグリップシフトも操作はやりやすいメリットもある。

もし道の路面状況があまり良くないルートであれば、思い切って油圧ディスクブレーキとフロントサス、ハードテールのMTBもいいかもしれない。タイヤはスリックタイヤで行こう。

20km程度の通勤自転車

RENAULT(ルノー) Carbon8(カーボン8 C169) ブラック


この距離になってくると、そろそろロードバイクと行きたいところだが、ホントその通り。距離が20kmになると走行時間も1時間となるだろう。

しかし、ここはあえてフォールディング折畳みできるミニベロを推してみたい。

ミニベロと言っても、ものによってはしっかりしたフレームに油圧ディスク、さらにはロードバイクに匹敵するような変速機を持つモデルであれば、多少距離のある通勤にも対応が可能だろう。

ここでなぜにフォールディングのミニベロかといえば、帰りに自転車で走りたくなくなった場合、簡単に輪行できるメリットが挙げられる。そう、電車に逃げられるのだ。

これらちょっといいミニベロは車両重量も10kgを遥かに下回っている。さらに折りたためばコンパクト。いとも簡単に輪行状態にでき、電車で帰宅できるというものだ。

20km以上の通勤自転車

Vitus Venon Disc (Tiagra) 2018

  • Vitus Venon Disc (Tiagra) 2018:¥103,999円
  • フレーム: カーボン T700-HM UD
  • フォーク: フルカーボン
  • アクスル: ボルトスルー
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano Tiagra
  • ブレーキ: TRP Spyre-C 機械式
  • ローター: 160mm (フロント・リアとも)
  • フロントディレイラー: Shimano Tiagra
  • リアディレイラー: Shimano Tiagra
  • カセット: HG-500 12-28T
  • クランクセット: Shimano Tiagra FC-R4700 50-34T
  • ホイールセット: Shimano RS170
  • タイヤ: Continental UltraSport II 700x28c

普通の人であれば車で通勤をする距離だし、普通に埼玉県や千葉県から東京へ通勤をする距離であろう。もう、この距離になったらロードバイクしか無い。

ロードバイクも通勤ということを考えると、あまり高いロードバイクを使いたくない。そこで10万円程度のこのくらいのレンジのロードバイクをピックアップした。

ティアグラ10速が装備されているので、週末のサイクリング、ロングライドでも問題なし。

通勤ということで、ぜひ確認してもらいたいのはディスクブレーキ装着車ということ。通勤では雨天走行がかなり想定される。

また街中のストップアンドゴーでの安定したブレーキの効きはディスクブレーキはとても安心。TRPのディスクは機械式で信頼度抜群。更にキャリパーは機械式ながらデュアルポッドとなっている。

ディスクブレーキにすることで、最大のメリットはブレーキの効きだけではない。ブレーキキャリパーがないことで、太めのタイヤを装着できるのだ。

通勤では、ぜひ28cや32cなどの太めのタイヤがおすすめ。耐パンク性はもちろん乗り心地も抜群ね。

フルカーボンフレーム+ティアグラ20速+ディスクブレーキで10万円ちょいでロードバイクが手に入る、海外通販は選択肢としてはアリだな。

まとめ

通勤はレースではない。しかし、一刻の時間を争う朝の戦いとも言えるw

通勤に使う自転車やロードバイクなどの選択ポイントや通勤距離によるチェックする項目などを確認してみたが、あなたの通勤距離はどのくらいだろう。

とにかく日本の通勤は過酷だ。当然満員電車はキビシイが、通勤で自転車を使うと、それはそれで過酷な日本の自然と四季が待ち構えている。

夏は普通に35度を超え、アスファルトの照り返しを考えると余裕で体感40度超え。冬は普通に雪が降るし、東京でも氷点下になることは珍しくない。

日本は本当に自転車やロードバイクにはキビしい気象条件と考える。ぜひ、あなたの環境や距離にあったロードバイク・自転車を見つけて、安全で快適な自転車通勤をしてほしい!

コチラも見てみませんか?



-ウェブログ・雑記, ロードバイクデビュー

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2019 All Rights Reserved.