ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

ウェア・ヘルメット・装備

ロードバイク用の最強【レインウェア】選び方・おすすめ7着!

投稿日:

レイン

ロードバイク走行時において適したレインウェアについて考えてみよう。河川への練習ライドであれば朝雨なら行かなければいい。しかし出先や泊りがけであればそうは行かない。

ロードバイクでロングライドや宿泊をするようなツーリングであれば特にジャケットは必需品。

レインウェアはウィンドブレーカー代用というわけには行かない。雨を舐めると出先で痛い目を見る。レインウェアの選び方からおすすめのレインウェアをチェックしてみよう。

レインウェアの選び方

レインウェアは、耐水圧という物がとても重要で、この圧力が弱いレインウェアは強い雨風を受けると内部に水が侵入してしまいます。

そして耐水圧が強いだけでは機密性が高い単なるレインウェアになりますのでそれと同時に内部から熱を排出する機構を備えたものが望ましいレインウェアになるのです。

つまり、空気だけを入れ替え、雨水の侵入を防ぐことができる耐水圧を誇るレインウェアが望ましいレインウェア選びになるわけです。

防水性

レインウェアの最も基本的な機能である防水性は、重視すべく機能です。

レインウェアの防水性ですが、水をはじく機能のことを指し、内部に水の侵入を許さない機能を意味します。

防水性が低いとこの機能が十分に働かず、強い雨風を受けるとレインウェア内部に雨水が侵入してしまうのです。

逆を言えば、通気性を犠牲にすれば雨水を完全に遮断することもできるのですが、ロードバイクの場合、通気性を保たなければ逆に体温を奪われることにつながりますので完全に防水を可能とするレインウェアという物は存在しないのです。

防水性・耐水圧の基準

ロードバイクの場合、高速域で走行してもレインウェア内部に水が侵入しない目安が存在しており、10,000mm以上の耐水圧を誇る製品であれば高速域で走行していても内部に水が浸入することはありません。

なお、防水に関しましては、雨を弾く処理をしているレインウェアの場合、いつまでその機能が持続するかが重要で年に一度お手入れをして撥水罪につけおく必要があるなどお手入れをすることで機能を維持するものもありますので撥水に関してはレインウェアのお手入れ方法に従いお手入れを行います。

ロードバイクではどのくらいの耐水圧が必要?

ロードバイクの場合、大雨化であれば10,000mmの耐水圧がなければ雨風により雨水がレインウェア内部に侵入します。

もっと過酷な条件でロードバイクを走行する場合、20,000mm が耐水圧の最大値になりますので、こちらであれば一応嵐の中ロードバイクを走行可能としていますが、通常嵐の中ロードバイクを走行することはありません。

せいぜい、大雨である10,000mmか、小雨よりも多い雨量である2,000mm程度の耐水圧のレインウェアを使用するのが望ましく、嵐で使用する20,000mmの耐水圧を誇るレインウェアは必要性はありません。

つまりは、ロードバイクで走行を行う人物がどのような環境下にあるかが重要でせいぜい、大雨程度で利用する10,000mmが最も望ましいです。

ロードバイクに適したウェアデザインとは?

ロードバイクの場合、前傾姿勢でロードバイクに乗りますので通常の自転車用またはオートバイ用のレインウェアでは、不適合です。

この場合、前傾姿勢様に細断をしているレインウェアが望ましく、かつヘルメットを着用して走行する場合、フードがヘルメットに適合するものが望ましいです。

なお、夜間走行するケースや霧が発生した場合、視界不良に陥った状況下では走行車の確認が容易である蛍光色のような明るい色合いのレインウェアの方が安全です。

また、チェーン部にレンウェアを巻き込んでしまうという問題もありますので、あえて丈が短いレインウェアを着用し、ある程度濡れるのは仕方がないと判断してレインウェアを着用するというのもロードバイクに適したデザインのウェアを着用したことになります。

フードは必要?

フードは必要であるかですが、ロードバイク走行時にヘルメットの着用が望まれていますのでフードは必要であるという方とヘルメットがフードがわりになるため不要という方もいますのでこちらは個人の自由になります。

無論、ヘルメットを着用していないから頭がぬれるという理由でフードを着用しても問題はありません。

ただ、注意すべくはフードの透明性および通気性にあり、透明性が低いと周囲が見えにくく、通気性が悪いと熱がこもるうえ音が聞き分けづらいという問題も生まれます。

透湿性の基準

透湿性の基準ですが、最低ラインを、5,000g以上、できれば8,000gとし、快適性を考慮した場合、10,000gが最低ラインです。

ですが、注意すべくはこの数値は洗濯などを繰り返すとレインウェアが摩耗し、さらに数値が悪くなりますので注意が必要で快適性を求めたものでも快適性が失われるのは洗濯を繰り返すとだんだんとレインウェアは摩耗をします。

携帯性も大切

レインウェアは携帯性が重要で、いざ雨が降り使用する際に取り出しやすいことと持ち運びが楽でなければなりません。

何故なら、ロードバイクは走りを追求しているため余分な荷物を積み込むスペースがありません。

そうした概念からレインウェアにも携帯性が求められており、携帯性が低いと邪魔な荷物でしかないのです。

レインウェアの最強素材ゴアテックス

自転車にとって雨は何よりの大敵となります。

そんな雨天の自転車運転において強い味方となるのがゴアテックス素材のレインウェアです。

ゴアテックス素材のレインウェアは防水性能に優れているだけでなく、蒸れにくい、丈夫、動きやすいといった雨天の自転車移動を助けてくれる様々な特徴を兼ね備えています。

ゴアテックスとは?

ゴアテックスとはアメリカのWLゴア&アソシエイツ社(以下ゴア社)が開発した素材で、元々は1976年にテント用の素材として販売されたものです。

以降、その高い防水力と透湿性によって数多くのアウトドア製品に利用の幅が広がり、現在では自転車専用レインウェアの多くがゴアテックス素材のものとなっています。

ゴアテックス製品は厳密には三層からなる「ゴアテックス・ラミネート」構造からなり、実際のゴアテックス素材は真ん中にある「ゴアテックス・メンブレン」のことを意味しています。

そのため同じゴアテックスを名乗っていても表面の素材感や内部の着心地などは製品によってまったく異なる点を覚えておきましょう。

ゴアテックスのメリット・デメリット

ゴアテックスの最大のメリットは本来は相反する要素である防水性能と透湿性能を高いレベルで両立していることです。

これによって雨の中でも蒸れにくい状態を保てるため、山登りやサイクリングといった雨天でも運動し続ける必要があるスポーツとは特に相性が良くなっています。

一方で三層構造で作られる特性上、通常の一枚構造の製品と比べると値段が高くなる点がデメリットとなります。

また自転車用としてゴアテックスのレインウェアを使う場合、透湿性能が落ちないように管理に気を遣う必要もあるでしょう。

ゴアテックスの防水性

ゴアテックス素材には目に見えない小さな穴が無数に空いています。

これらの穴は水分子を通すことなく水蒸気だけは通すサイズとなっているため、ゴアテックスは水の浸透を防ぎながら発汗による湿気などは外に逃すことができるわけです。

また自転車用レインウェアの場合、外側は風を通さず体温を守る防風性能にも対応した素材になっていることがほとんどです。

ゴアテックスの商標を使用する製品は最終的にゴア社によるチェックを受けているため、防水性能に関しては大雨の中でも十分に機能するものが確実に備わっています。

ゴアテックスの透湿性

ゴアテックスの透湿性能は上で述べたように素材に開けられた無数の穴によるものとなっています。

しかし適切に装着しないとこの透湿性能が下がってしまう場合があります。

まずゴアテックスのレインウェアを肌に直接当てることは推奨されません。

ゴアテックスは汗の蒸気は逃しますが、汗の水分そのものは防水性能によって閉じ込めてしまうからです。

そのためゴアテックスのレインウェアの下には汗を吸い取りやすい肌着を挟むようにしましょう。

また透湿性を保つためには微細な穴が汚れによって塞がってしまわないように、こまめに洗濯をすることが求められます。

具体的な洗濯方法は必ず各製品ごとの指示を確認してそれに従うようにしましょう。

また仕上げに表面に撥水スプレーをかけておくと防水性能が更に強化され長持ちしやすくなります。

ゴアテックスのデメリットは高額

ゴアテックスのレインウェアは高いものでは数万円するような製品も存在します。

比較的手の届きやすい製品であっても数千円することは珍しくないため、レインウェアにそれだけの金額を出せるかどうかは個人の判断となるでしょう。

それと自転車用のゴアテックスレインウェアといっても本格的なロードバイク専用のものと他のクロスバイクやシティサイクルなどにも使える汎用製品とでは機能や形状とともに値段が大きく異なります。

場合によってはロードバイク乗りであっても汎用のレインウェアの方が使いやすいということもあるでしょうから、ゴアテックスのレインウェアを選ぶ際には必ずしも値段だけに注目しないように気をつけましょう。

レインウェアはゴアテックスではないとダメか?

自転車用のレインウェアは安いものであれば100円ショップのレインポンチョでも代用することは可能です。

他にも性能と値段のバランスが取れたコストパフォーマンスの高いレインウェアは探せば色々と見つかるため、ゴアテックスに過度にこだわる必要はないと言えるでしょう。

ただし一定以上の防水性・透湿性・防風性を満たしながら自転車で持ち運ぶのに適した重さの製品となると、ほとんどがゴアテックスのものに限られてくるのも事実です。

レインパンツは必要か?

自転車用のレインウェアは主にポンチョ型とセパレート型に分けられますが、上に被るだけのポンチョや自転車そのものを包み込むようなタイプはロードバイクには向きません。

通勤通学用のシティサイクルやクロスバイクで雨中を慎重に走る程度であればポンチョ型の方が背負った荷物までカバーできる点や下履きのレインパンツを着脱する手間がかからない点で有利ですが、ロードバイクで走る際にはセパレート型のものを選んでおいた方がいいでしょう。

また走行時にレインウェアが広がって邪魔になると事故の元ですから、より安全性を考慮するのであればレインパンツが分かれたゴアテックスレインウェアを選択することをお勧めします。

レインウェアを選ぶ際何を重視するか

レインウェア選びは、価格および性能を重視するのが基本です。

この時注意すべくは、価格=性能とは限らず、価格=ブランド力であるというケースも存在しますので価格と性能が釣り合わないウェアというのは多少なりとも存在していることを頭に踏まえ、レインウェアを選ぶのが重要です。

安い・ノーブランドレインウェアで代用できるか

安い・ノーブランドレインウェアでロードバイク用のレインウェアとして代用できるかと考えた場合、一応代用可能です。

ただ、ノーブランド品は商品の能力が不鮮明で重要な耐水圧の他に通気性という情報の記載がありません。

また、撥水加工を施しているのかどうかなども不鮮明でそれら評価を見るには先人である購入者のレビューから推測するしかなく、あまりお勧めの購入法ではありません。

逆にブランド品であれば、メーカーによりますが、おおよその性能を公表していますので自分に合ったレインウェアを購入できるのです。

レインウェアとウィンドブレーカーの違い

レインウェアは、雨合羽として使用する点を重視ており、耐水圧性が高い点があり、ウィンドブレーカーは単に風の侵入を防ぐことに重点を置いているため雨水の侵入は許します。

つまりウインドブレーカーは風よけとして機能するウェアであり一応簡易防水が施されているという違いは存在します。

その為、レインウェアをウインドブレーカーが割とした場合、熱を逃がす効果が期待できないため危険でウィンドブレーカ^は風を防ぐことができるうえで熱を逃がすことができますが水の侵入は許します。

おススメ例ウェアメーカー

ここからはおすすめのウェアメイカーについて解説をしていきます。

レインウェアとして機能が高い商品を選りすぐりお勧めしていきますのでご覧ください。

PEARL IZUMI(パールイズミ)

サイクリングに適したレインウェアを作り上げているウェアメーカーです。

夜間走行を意識したつくりをしている点が特徴で雨水の侵入を防ぐ工夫が凝らされている点も特徴です。

ロードバイク用、通常自転車または、マウンテンバイク用のレインウェアと分けて商品展開をしている点も特徴で目的に応じたレインウェアを提供しているメーカーです。

つまり、商品を住み分けることで目的に応じた商品を展開することを意識したメーカーに当たります。

mont-bell(モンベル)

ロードバイクで走ることを意識したレインウェアづくりをしているメーカーです。

特徴については、縫製箇所を減らすことで軽量化に成功しており、軽さおよび防水性の他、機能面を強化した商品が多いです。

レインウェアでフードを取り外す機構などがまさに機能面を強化した部分に当たり、軽量化をいかに行うかで自社の製品の良さを売りにしているメーカーです。

マターストームクルーザーパンツなどは防水性と耐風性に優れた設計をしている点も有名で、レインウェアでありながら、ウィンドブレーカーと同じ機能を備えるなど、レインウェアとウィンドブレーカーの両方を備える製品が有名です。

Gore Bike Wear(ゴア バイクウェア)

アウトドアからスポーツ用品まで幅広く商品を展開しているメーカーです。

特徴については、ナイロン繊維を使用することにより、高い透明性および軽量性がある商品を展開しており、かつ、作業着やロードバイク兼用で使用することができるウェアを展開しています。

反面、高い汎用性がある分、ロードバイクに特化している製品は結構高額でロードバイク専用のモデルのレインウェアは通常のメーカーよりも効果です。

KAPEL MUUR(カペルミュール)

ロードバイク用に設計したレインウェアを展開しており、安価で購入できる点がこちらのメーカーの売りです。

安価ながら機能面に優れており、防水性および熱を逃がす機構を備えるなど多岐に至る機能を備えたウェアがウリです。

また、安全対策も講じており蛍光色により夜間走行でも安全を確保可能としています。

反面、運動強度がいまだ低く、改良を繰り返すことで強度は上がっていますが未だロードバイク用レインウェアの中では強度不足です。

Endura(エンデュラ)

軽量かつレインウェアに収納ポケットを設けることでちょっとした小物を収納可能としているメーカーです。

商品の特徴については、撥水機能があるウィンドブレーカーのような機能を持つ商品群を展開していて、レインウェアのような機能を持つウィンドブレーカーを主力としていました。

ですが、レインウェアを独自に作り出すことで現在ではポケットを設けるなど拡張性を重視したレインウェアの販売を手掛けています。

なお、Endura(エンデュラ)、自体はサイクルウェアを手掛けているメーカーに当たりますので、れっきとしたロードバイク用の商品を提供しているメーカーに当たり、拡張性を求める顧客の声によりポケットを新たに設けるなどの努力をしているメーカーに当たります。

おすすめレインウェア

ロードバイクには、お勧めすべく機能を備えたレインウェアが多く存在しており、こちらの記事ではそうしたおすすめすべく機能を備えたレインウェア群を紹介します。

また、ウェアによっては、やってはいけないことという物が存在しており、機能を損なう可能性がある行為をしてはいけない点についても記載をしておきます。

Morethan サイクル レインジャケット

Morethan サイクル レインジャケット

出典:アマゾン

  • 【機能仕様】防風、防水、透湿、軽量、再帰反射、UVカット、素材:Tricot&TPU
  • 【特徴】200g未満の超軽量設計、バックパックにたたんで簡単収納、ロングライド時の急な天候の変化にも対応が可能
  • 【特徴】前後反射材付きで、夜間走行時の安全性を高める。直射日光を反射し、日焼けしない、UVカット
  • 【特徴】YKK防水ファスナーを採用、ファスナーからの浸水を防ぐ

アマゾン限定ブランドである、Morethan製の格安レインウェアです。

ロードバイク専用に作られたウェアでありながら、高い機能性を備え付けている点が特徴で、防水性や撥水機能に防風機能など様々な機能を備え付けて言います。

ただ、難点を上げれば耐久性は他者の有名なスポーツウェア開発メーカーと比較した場合、耐久性は低く、使い捨てという形で使用するレインウェアになり、ワンシーズンを使用すること専門としたレインウェアです。

高い耐久性を必要とする物については有名企業の方が高い耐久性があり、かつ長期利用を可能としています。

YORKEN レインウェア サイクル レインジャケット

YORKEN [Amazon限定ブランド] レインウェア サイクル レインジャケット

出典:アマゾン

  • 雨天時のライドに、携帯に便利な超軽量レインジャケット
  • 耐水圧8000mmH2O、透湿度5000g/m2/24h
  • 150gの未満の超軽量設計
  • サイドポケットを裏返し、折り畳んで簡単収納

アマゾン限定ブランドのYORKENが開発している格安レインウェアです。

特徴については、軽量性に特化したレインウェアで夜間走行を考慮し、蛍光色を一部使用しレインウェアの夜間認識を高めるという機能美を備えています。

コストパフォーマンスが高い分品質管理に問題があるらしく、不良品の割買いが多少ならずあり、お値段を考慮して不良部分を許容できるかできないかという部分があります。

また、アマゾン限定ブランドであるが故、どこでも入手が可能な製品というわけではなく、正規品かどうかの確認も難しいため、アマゾン以外での購入は難しい商品でもあります。

[パールイズミ] サイクルジャケット 2355

[パールイズミ] サイクルジャケット 2355

出典:アマゾン

  • メイン素材: ナイロン
  • 素材構成: 100% ナイロン
  • [機能・仕様]:防風透湿、耐水

1950年創業の日本のサイクルブランドの商品です。

特徴は暴風を防ぐことに特化しつつ、通気性を上げることで群れないレインウェアである点です。

また、ナイロン素材自体が光を反射する素材で構成されているため、夜間走行時に光が当たることで反射し、第3者の視認性を高める機能を備えている安全性にも配慮したサイクル用レインウェアです。

(カペルミュール)KAPELMUUR クリアレインジャケット

(カペルミュール)KAPELMUUR クリアレインジャケット

出典:アマゾン

  • メイン素材: ポリエステル
  • 素材構成: 50% ポリエステル, 50% ポリウレタン

ポリエステルとポリウレタンからなるレインウェアです。

製品の特長については、通常のナイロンビニールにはない伸縮性と耐久性がある点にあります。

ポリウレタンを含ませることで伸縮性に富んだレインウェアを構成することに成功しており、かつ、摩耗にも強く熱にも強い特徴を備えています。

透明度も高いため、利点においては光を反射しやすい形状でありますが、反面熱を逃がしにくい構造でもあるため、熱がこもりやすいという欠点も備えています。

[パールイズミ] レーシング レインジャケット

[パールイズミ] レーシング レインジャケット

出典:アマゾン

  • メイン素材: ナイロン
  • 素材構成: 100% ポリエステル

通気性の高いポリエステルで構成されたレインウェアで、防水性が高く、防風に対して高い耐久性があります。

また、通気性を確保しているため熱を逃がすことも可能ですが、劣化が起きる素材であるため、長期に至り使用した場合、だんだんとパフォーマンスが低下するレインウェアでもありますが、レインウェアの多くは、だんだんとコストパフォーマンスが劣化しますので劣化するという点はあまり欠点であると言い切れません。

モンベル(mont‐bell) スーパーストレッチサイクルレインジャケット

モンベル(mont‐bell) スーパーストレッチサイクルレインジャケット

出典:アマゾン

サイクルレインジャケットロードバイク専用ともいえるレインウェアで前傾姿勢での性能維持に特化したレインウェアです。

ストレッチ機構という独自の機構を備えている点が特徴で、この機構が機能することにより、ロードバイクのような前傾姿勢で乗るバイクでのレインウェアとしてフルに機能するデザインとなっています。

例を挙げますと、太ももなどロードバイクをこぐうえで摩耗が起こりやすい点を集中的に強化したうえで機能性を維持するなどの特徴がこのレインジャケットには備え付けられており、耐久性能を維持するための独自機構を多く採用している商品です。

また、ジャケット自体に光に反応して光る素材を使用することで第3者からの視認性を上げるなど安全性能を強化することで第3者からの視認性脳の工場も果たしたレインジャケットになります。

モンベル サイクル ドライシェル

防水透湿性素材をあえて外側に配置した特殊レインウェアです。

表地に水が付着しないよう工夫されている点が特徴で雨を弾き、内部に雨水が侵入しないよう工夫を凝らしています。

ゴアテックス機構を備えているため、雨水の侵入を許さず通気性を維持することを可能としているウェアです。

また、背面に反射テープを搭載することにより夜間走行時の安全の確保を可能とするなど機能性および安全性を重視し他製品です。

ただ、表面に防水透湿性素材をむき身にしたことにより、外部からの衝撃や圧迫に弱く、外部から何らかの衝撃や圧力が加わると表面の素材を損傷することがあり、表面の素材が損傷すれば途端に機能を失うという弱点があるため、リュックサックを背負うことや何かを体に纏うということはこのサイクルウェアを着用する場合、できないこととなっています。

まとめ

レインウェアは、通気性と雨の侵入を防ぐ耐水圧が重要です。

そしてメンテナンスを行うことで劣化し、パフォーマンスが劣っていくことを踏まえて目的に応じたレインウェアを選ぶのが望ましいレインウェア選びになります。

コチラも見てみませんか?



-ウェア・ヘルメット・装備

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2021 All Rights Reserved.