ロードバイクのテールライトで迷ったら「キャットアイ・オムニ5」する【7つの理由】

スポンサードリンク

ロードバイクに付けるテールライトはどれがいいか?

キャットアイの回し者ではないが、とにかくテールライトで迷ったら「キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト TL-LD155-R OMNI-5 オムニファイブ」をおススメする。

現状でテールライトを一つ選ぶとしたら、これしかない・・・というくらいおススメだ。

その理由が7つもある!

この性能でこの低価格

OMNI-5 オムニ

この性能で価格が1,000円ちょい。電池、ブラケット、さらにポケットやカバンに取付けるクリップ(C-1N)もついている。

マジでお得。オレのバイクにはこれが2つ付いている。

オムニファイブはとにかく軽い

OMNI-5 オムニ

めっちゃ軽い。ブラケットと単四電池2本込みで実測値54gだった。

電池込だよ!

電源は定番単4電池

OMNI-5 オムニ

なんといっても、どこでも手に入る単四電池が電源というのは心強い。

ワイド配光(360度)は全方向を照らす

OMNI-5 オムニ

オムニファイブのボディはすべて透明赤色となっていて、点灯をすると前後横方向、すべての方向に赤色で照らされます。

これは安全上かなり有利です!

縦でも横でも取り付けできる

OMNI-5 オムニ

オムニファイブのブラケットは本体を縦でも横でも取り付けることができます。

この自由度の高さは非常に便利です。

シートステイに付ける時は縦、シートポストに付ける時は横と場所により取り付け方向を選ぶことができるワケです。

シートポスト・シートステイに取り付けできる

OMNI-5 オムニ

シートポストに取り付けできるテールライトは多数発売されていますが、実はシートステイに取り付けることができる適当なテールライトって少ないのです。

そんな中、オムニファイブは全く問題なくシートステイに取り付けができます。

通常、ちょっとした距離を走る場合、サドル下にはサドルバッグが取り付けられます。そうすると必然的にテールライトはシートステイがよいでしょう。

そんな時、このオムニファイブはどちらでも取り付けることができる自由度があるわけです。

サドルバック用クリップも付属

OMNI-5 オムニ

実はこのオムニファイブには「TL-LDシリーズ用ブラケット C-1N」が同梱されています。

そして、コレを単体で購入すると数百円程度するのです。

全方向を照らすことができ、安全性抜群、2種類のブラケットが付属していて、シートポストでもシートステイでも取り付けOK。

さらに縦でも横でも取り付けができる、軽量テールライトのオムニファイブ。

テールライトを選ぶとき、まずはこのオムニファイブを基準にして考えるとよいと思います。

The following two tabs change content below.
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2017年末時点で国内ブルベ(32本)海外RM1200km以上(7本)トータル39本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

こちらもチェック!

輪行特集

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイク用のロードシューズがかなり安くなっている。暖かくなってきた3月。来週には桜も咲くだろうか…
  2. ロードバイクは自転車の一種です。以前は「ロードレーサー」と呼ばれていましたが、現在ではロードバイクと…
  3. さらに一歩突っ込んだロードバイク購入ポイントを考えてみましょう。ロードバイクの価格は、普通のママ…
  4. 2016年にコンポを一新したときから、オレのバイクのカセットはワイドレシオのCS-6800 11S …
  5. ロードバイクのイベント(主にブルべ)で年間10回以上遠征をしているYasuです。今年もずいぶんと…
PAGE TOP