【Wiggle編】10万円台でロードバイクが買える!【安い・シマノ105・20-22速】

スポンサードリンク

10万台で買うことができるロードバイクを海外自転車通販大手のWiggleからチェックをしてみた。

シーズンが変わる、そして次年度モデルがリリースされるこの時期、今年のモデルが、かなり割引されるのです。

ちょっと日本国内では、お目にかかれないような、割引率とプライスでオファーされています。

カーボンフレームはもちろん、最新シマノ105の5800系(11速カセット)が搭載されたバイクが10万円台目白押し。

そのいくつかをチェックしてみました。

Bianchi – Nirone 7 Alu (105 – 2015)

Bianchi - Nirone 7 Alu (105 - 2015)

Bianchi ビアンキのNirone は、アルミニウムフレームで構成をされたエンデュランス系バイクです。

このような位置づけということは、走るうえでライダーに非常に負担が少ないフレームになっているのでしょう。

もちろん、フロントフォークはカーボン製。

シマノ5800系によりカセットは11速。トータル22速のロードバイクがこの価格で手に入ります!

  • Bianchi – Nirone 7 Alu (105 – 2015):125,058円(33%割引)
  • NIRONE 7 Alu 7000 シリーズフレーム
  • カーボン C2C フォーク, アロイステアラー
  • Shimano 105 ドライブトレイン
  • クランク:Shimano FC-RS500-L, compact 50-34T
  • カセット:Shimano 105 11sp 11-28T

Bianchi – Vertigo (2015)

Bianchi - Nirone 7 Alu (105 - 2015)

  • Bianchi – Vertigo Veloce (2015):159,465円(40%割引)
  • Bianchi – Vertigo Tiagra (2015):140,704(40%割引)
  • C2C カーボンフレーム(内部ケーブル配線)
  • コンポーネント:Campagnolo Veloce
  • Campagnolo Veloce 10 スピードドライブトレイン
  • クランク:Fsa Omega MegaExo Compact 50-34T
  • カセット:Campagnolo Centaur UD 10sp, 12-27T

前述のBianchi ビアンキのNironeとどちらにしようか迷う構成です。

Bianchi ビアンキのNironeはアルミフレームでシマノ105、5800系で22速。

こちらはカーボンフレームでコンポは一つ落ちるVeloce・Tiagraとなり20速。

価格はこちらのVertigoのほうが少々高いという、なんとも悩ましい値段付けとなっています。

Bianchi – Impulso Veloce (2015)

Bianchi - Impulso Veloce (2015)

  • Bianchi – Impulso Veloce (2015):126,634円(40%割引)
  • フレーム:C2C Impulso AL アルミ6061
  • コンポーネント:Campagnolo Veloce
  • クランク:Fsa Omega MegaExo Compact 50-34T
  • カセット:Campagnolo Veloce 12-25T

ビアンキも、ここまでかぶっている値段帯がラインナップされていると、かなり悩ましい。

これも前述のNirone 7 Aluと値段も含めかぶりまくり。

ただ、こちらはVeloceの20速となっている。フレームもフォークも似たり寄ったりなので、最後は希望のフレームサイズがあるかどうかになるかもしれない。

ただ、フレームデザインなどやカラー構成はこちらのバイクのほうがかっこいいかな。

Mekk – Potenza 2.5 2015

Mekk - Potenza 2.5 2015

  • Mekk – Potenza 2.5 2015:137,186円(35%割引)
  • フレーム:モノコックカーボンフレーム
  • コンポーネント:Shimano 105
  • クランク:50T, 34T
  • カセット:10速 12-28T

コンポーネントはシマノ105の5700系で10速カセットになっていますが、カーボンフレームにシマノ105コンポーネントのバイクが13万円台ですよ?

これはえらい安くないか。フルカーボンバイクだって、いい値段するのにそれにきちんと10速カセットがついている。

これであれば、上位ホイールを組み合わせで、相当付き合えるのではないでしょうか。

標準で入っているR500は練習用にしてね。MEKKというのもなかなか渋い。

Mekk – Potenza 2.6 105 2015

Mekk - Potenza 2.6 105 2015

  • Mekk – Potenza 2.6 105 2015:147,349円(35%割引)
  • フレーム:モノコックカーボンフレーム
  • コンポーネント:Shimano 105 5800系
  • クランク:50T, 34T
  • カセット:11速 12-28T

また、これは悩ましいモデルが出てきました。

前述のPotenzaとフレームは同一のようです。

しかし、コンポーネントが最新シマノ105 5800系がインストールされています。

当然カセットは22速。ようは2万円プラスすると22速になるわけです。

これは・・・大いに悩んでみてください。

Charge – Plug 4 2015

Charge - Plug 4 2015

  • Charge – Plug 4 2015:109,436円(30%割引)
  • フレーム:Tange Infinity、Seamless、double butted クロモリ
  • コンポーネント:シマノ105
  • クランクセット:Shimano RS500、50/34t
  • ブレーキ:Pro Max Render-R、Cable disc
  • カセット:シマノ105 11速

このバイクは!ブルべなオレは、今回一押しのバイク!

フレームは現代では珍しいスタンダードなクロモリとなっています。

そのフレームにディスクブレーキを搭載。コンポーネントは5800系のシマノ105で22速。

トータルの車重はそんなに軽くないですが、ブルべ的な速さを競わない長距離系やツーリングなどでは本当に力を発揮しそうです。

そんなバイクが11万を切っているという、驚きプライス。

Raleigh – Revenio カーボン 2 Rival 2015

Raleigh - Revenio カーボン 2 Rival 2015

  • Raleigh – Revenio カーボン 2 Rival 2015:180,570円(30%割引)
  • フレーム:Revenio Endurance Blend Direct Connect カーボンファイバーフレーム
  • SRAM Rival 11 スピードドライブトレイン
  • Cole Rollen elite ホイールセット
  • クランク:SRAM Rival 22 52T, 36T
  • カセット:11-32T

Raleighのフルカーボンバイクです。

コンポーネントはSRAM Rival。当然カセットは11速で22速になっています。

クランクセットはノーマルクランクとなっていますが、カセットが32Tからあるので、初心者でも気軽にノーマルクランクをトライできるでしょう。

ホイールもトータルでカラーデザインされているので、ストックのままかなり付き合えるのではないでしょうか。


ここまで7台のロードバイクを見てきました。

はっきり言って、この構成、そしてこのロードバイクが、このプライスで購入出来ることは、かなりの驚きです。

昨今の円安傾向など、吹っ飛ばすくらいの割引率ですので、10万円台という価格が実現できるのでしょう。

しかし、この時期に購入をする欠点もあります。それは希望のフレームサイズが少なくなってくるということです。また当然ですが、新しいモデルもリリースされてきていますので、目移りもしますよね。

海外通販をつかうにあたり、この他に送料と関税がかかりますので、その部分も頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

輪行特集

おすすめロードバイクと必須アイテム・グッズ【20万円ではじめる・すべて揃える】

注目記事ピックアップ

  1. ロードバイク購入のポイントを考えてみましょう。一台の自転車の価格が決まるためには色々なものが組み…
  2. イギリス自転車競技界、90年代に活躍した元ロード選手クリス・ボードマンが手がけたBoardmanはエ…
  3. 鉄下駄ホイールをシマノアルテグラのホイールに変えてみた。たぶんロードバイク初心者さんがロードバイ…
  4. 暖かくなってくると各地でロードバイクのイベントが開催されます。ウチも例外ではなく、ブルベにエンデ…
  5. 2014/8/21

    レインウェア
    普通に練習やサイクリングロードを走りに行く時にレインウェアは必要ないでしょう。ウインドブレーカー…
PAGE TOP