ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

ヘッドライト・テールライト ロードバイクの装備

ロードバイク用【フロントライト】選び方とおすすめ8選

投稿日:

ロードバイクのフロントライトは前方の状況を把握するために利用するという目的の他、対向車へこちらを視認させる目的を持っています。

そんなロードバイクのフロントライトには電池式と充電式があり、それぞれ様々なモデルが展開されている状況です。

ロードバイクのフロントライトの重要性と選び方についてチェックします。何故、ロードバイクにもフロントライトがいるのか?どういった物が、安全上良いのかを見ていこう。

今回、このロードバイクのおすすめフロントライトというテーマで電池式、充電式それぞれのヘッドライトのオススメモデルを紹介しまとめました。

ロードバイクにフロントライトは必要?

自転車にのるときにフロントライトの重要性は言うまでもない。まぁしかし、ロードバイクにフロントライトがやぼったいのはわかる。

フロントライトは文字通り、自転車の前方を照らすライト。色は絶対に白色を使用します。

フロントライトの大きな目的は以下の2点。

  • 前方にいる車、バイク、自転車、人など道路に共存するすべてものに対して自車・自分の存在をアピールする
  • 夜間走行において前方を明るく照らし、視界を確保、路面状況の把握をする

通常の走行において、フロントライトにおける必要性は自車存在のアピールが大きいのではないでしょうか。

その上で帰りが遅くなったり、輪行帰りの駅からの夜間走行など、思ったよりもロードバイクでの夜間走行は増えるもの。

ロードバイクは道路を走る乗り物として扱われるため、道路交通法に基づくとフロントライトは必要な装備になります。

そもそも、ロードバイクに限らずフロントライトは、前述通り第3者からライトの光が目に入ることで自転車が通過していることを相手にわかってもらうことが出来るため、安全を考慮する場合、必要な装備です。

フロントライトは相手に位置を分かってもらうとともに自己が走る道を照らすことで自己のが走行している道が安全であるかを確認することも可能なため、夜間走行時において必要な装備です。

道交法云々は別として、安全上よりフロントライトはきちんと持つことをおすすめします。

自転車用ライトの要件

前方10メートルの物体を照らし視認することが出来るものがフロントライトとして適合している用件で、前方10メートルの物体を照らすことが出来ない光量のライトは自転車用ライトとしては不適合となります。

また、ライトの光源となる色も指定されており、白色、電球色の2種の光が自転車用ライトとして使用でき、それ以外のライトの場合、例えば赤色のライトなどの場合、事故を誘発させる可能性が高く、ブレーキライトと同じ光源であるため原則として使用をしてはいけないのです。

ですが、テールライトについては赤色の光源を使用しても問題は無く、注意喚起を促す光源として赤色が指定されています。

しかし、テールライトを常時点灯させ、フロントライトとして使用した場合、異なる物を取り付けたということになり整備不良とみなされ処罰されます。

バッテリーは電池式?充電式?

電池式の利点は交換が容易で電池が切れると新しいものと交換することで簡単に明るさが元に戻るのが利点です。

しかし、高出力なライトには電池式は向いておらず、高出力な電池式ライトの欠点は電池の消耗が多い点です。

しかし、現在はLEDライトが主流となっており、光量が多く増えたうえで電力の消耗を抑えたものがあるため、電池式の高出力なフロントライトによる電池の消耗が早いという問題はクリアしています。

一方、充電式はと言うと、バッテリーを充電することでライトの明るさが復活する上、高容量のバッテリーを搭載しているモデルが主流であるため、ライト自体の持ち時間が長いのが利点です。

ライト自体に充電機能としてソーラーパネルを内蔵しているライトもあり自動で充電するフロントライトもあります。

ですが、欠点としては高額で、電池の種類によっては環境に依存し、フロントライトとして機能をしなくなることもあります。

これは、使用しているフロントライトのバッテリーがリチウムの場合、低気温では電力がダウンし、フロントライトを点灯させるべきパワーを得られない可能性があることを意味します。

ライトをどこに取り付けるか

フロントライトの取り付け位置ですが、ハンドル上部または、ハンドル周囲が理想の取り付け位置になります。

取り付ける際、自転車の操作の邪魔にならないハンドル上部、または周囲に取り付けるのが理想であると考える。

ハンドル以外の場所に取り付ける場合、ロードバイクの場合、ステーと呼ばれる、フロントライト設置版を取り付ける必要がありますが、取り付けられる場所は限られており、一番無難な場所としてはやはりハンドル上部やハンドル周辺が取り付けやすく、取り外しやすいので無難な位置になります。

ライトの明るさは?

ライトの明るさは、ルーメンやカンデラという単位であらわされます。

この数値が大きければ光量が増え遠くまで明かりが到達するので明るいライトであるということです。

ライトの明るさ単位について(ルーメン・カンデラ)

ルーメンは光の広角や遠くまで光が届くかどうかを示しています。

光の総合的な強さを表す単位で、この値が大きくなればなるほど、広域に光が広がり、かつ明るいことを指します。

一方カンデラは、光の強さを表しており、光が一定方向から出た際の強さを示す値です。

こちらは値が増えれば増えるほど、ライトの光を直接見た際、どの位眩しいかと言う値であると考えると分りやすいです。

通勤ではどのくらいの明るさ

夜間走行ではなく日中の通勤では明るさとしては30ルーメン程度で十分で霧などを考慮して100ルーメンあれば十分な光量であると言えます。

日帰りサイクリングではどのくらいの明るさ

日帰りにてサイクリングをする場合、夜間走行を考慮し6時間程度夜間走行をしたと仮定した場合、300ルーメン程度の明るさがあれば十分に夜間走行可能で日帰りで使用できるフロントライトとして十分機能します。

ロングライドではどのくらいの明るさ

相手に視認をして貰い、自己の道を照らし走行することを考慮した場合、300ルーメンから1200ルーメンの光量があるフロントライトであれば十分に機能します。

問題は、連続使用時間が重要でロングライドの場合、夜間走行において8時間走行してもバッテリーが維持できるライトが望ましいので300ルーメンから1200ルーメンの光を出せたうえで8時間以上持つフロントライトが望ましいです。

電池式ヘッドライトのおすすめ

電池式ヘッドライトは、電池を交換することですぐに利用できると言うメリットがあります。

電池を入れるためやや大ぶりなものもあるものの、万が一電池が切れた場合でもコンビニなどで購入すれば、すぐに使えるといったメリットがあるというもの特徴です。

ただし、繰り返し電池を購入するとランニングコストが非常に高くつくといったデメリットもあるため、利用する際には充電池などを利用するのがおすすめの運用方法と言えます。

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL140

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL140

出典:アマゾン

  • サイズ:89×36×26mm / 重量:78g (※本体・乾電池のみ)
  • 光源:高輝度ホワイトLEDx1灯 /明るさ:約15ルーメン(400) JIS規格適合品
  • 電源:アルカリ単三乾電池x2本
  • モード:点灯、点滅の2モード / モードメモリ機能
  • 使用時間:約30時間(点灯)、約200時間(点滅)

キャットアイのLEDヘッドライト HL-EL140です。

400カンデラと明るさが十分なモデルであり、単三電池2本で十分な光が得られます。

3色のカラーバリエーションもあることから、気に入ったモデルを選べるという自由度も注目です。

価格も比較的安価なスタンダードモデルと言えます。

キャットアイ ヘッドライト アーバン HL-EL145 800カンデラ

キャットアイ(CAT EYE) 自転車用LEDライト ヘッドライト URBAN アーバン HL-EL145 前照灯として使える JIS規格・BAAのライト準拠モデル 800カンデラ

出典:アマゾン

  • 本体サイズ:89.0×36.0×26.0mm
  • 重量:78g(本体・乾電池のみ)
  • 光源:LED 1灯
  • バッテリー:単3アルカリ乾電池2本
  • 連続点灯時間(アルカリ乾電池使用時):点灯 約30時間 BAAライト準拠 約10時間(400カンデラまでの時間)、点滅 約250時間
  • 明るさ:800カンデラ(50ルーメン)

キャットアイのHL-EL145は800カンデラの明るさを持つモデルです。

こちらは明るいだけでなく6種類ものカラーバリエーションを持ち、単三電池2本で非常に明るい光を放ちます。

暗めの道を走る際にも強い味方となってくれるモデルです。

キャットアイ LEDヘッドライト[HL-EL340] ECONOM

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト[HL-EL340] ECONOM

出典:アマゾン

  • 使用時間(アルカリ乾電池使用時)
  • ハイ:約7時間、ロー:約20時間
  • 点滅:約100時間
  • 高輝度LEDX1
  • 単3型電池2本(付属)

HL-EL340はキャットアイのフロントライトとしては最強の部類に入る1,000カンデラもの明るさを持っています。

サイズも大き目で、バッテリーインジケーターを装備しているというのも特徴です。

これだけサイズを持ちながら単三電池2本という電源だけで動作するという点も魅力的と言えます。

キャットアイ(CAT EYE)
¥2,890 (2020/08/07 09:31:27時点 Amazon調べ-詳細)

充電式ヘッドライトのおすすめ

充電式はUSBに接続して充電を行うというタイプです。

直接本体と接続するものやモデルによっては専用のバッテリーを着脱して充電することも可能としています。

繰り返し充電できるため、頻繁に使うことができて便利です。

ただし、電池式と比べて、やや点灯時間が短めなので、こまめな充電を行うことが必要となるモデルでもあります。

電池を買って運用するのが大変という方には便利なモデルと言えますし、そこまで頻繁に使わない方でも一度充電してしまえば何度かのサイクリングでも使えてしまうという便利さもあります。

キャットアイ VOLT100 HL-EL150RC USB充電式 100ルーメン

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT100 HL-EL150RC コンパクトなUSB充電式ライト 100ルーメン

出典:アマゾン

  • サイズ: 93×34×35mm
  • 重量: 65g(本体+ブラケット)
  • 使用電池:リチウムイオン充電池
  • 使用時間 点灯ハイ:約2時間 点灯ロー:約6時間 点滅:約30時間
  • ブラケット: FlexTight(H-34N)対応径: 22-32mm

キャットアイのVOLT100 HL-EL150RCは100ルーメン程度の明るさを持つスタンダードなモデルです。

街乗りであれば街灯の明るさと組み合わせて十分な明るさを持っています。

充電時間は約3時間程度で完全に充電される仕様です。

市街地の通勤通学に利用している方にとって使いやすいモデルと言えるのではないでしょうか。

キャットアイ LEDヘッドライト VOLT200 HL-EL151RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT200 HL-EL151RC USB充電式

出典:アマゾン

  • サイズ:34×90×35mm(本体)
  • 本体重量:58g
  • 光源:高輝度白色LED1灯
  • 電源:リチウムイオン充電池(内蔵) 3.7V 1000mAH
  • USB充電(micro USB)
  • 標準充電時間約3時間
  • 使用時間:ハイ/約2時間、ロー/約6時間、点滅/約30時間

VOLT200 HL-EL151RCはキャットアイの200ルーメンのモデルです。

このモデルは5種類ものカラーバリエーションがある、普及モデルで、自分の気に入ったカラーを選んで装着することができます。

街灯がない場所でもそこそこ光ってくれるという強みを持っている点も特徴といえるのではないでしょうか。

キャットアイ(CAT EYE)
¥3,007 (2020/08/07 09:31:29時点 Amazon調べ-詳細)

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

出典:アマゾン

  • サイズ:111.3×41.3×30.6mm
  • 重量:120g(本体+電池のみ)
  • 使用電池:リチウムイオン充電池(3.6V-2200mAh)
  • 使用時間 ハイ:約3時間(400ルーメン)/ミドル:約8時間(100ルーメン)/ロー:約18時間(50ルーメン)/デイタイムハイパーコンスタント:約11時間/点滅:約60時間
  • 充電時間:約6時間

VOLT400 HL-EL461RCはキャットアイの400ルーメンもの光を出すモデルになります。

このモデルからレイアウトが円筒形になり、バッテリーも取り外しができる機能を持っているというのが特徴です。

予備バッテリーを持っていれば、出先でも簡単に交換できるため、長時間の連続運用を可能としています。

もちろんUSBで充電可能なモデルになっている点も注目です。

キャットアイ(CAT EYE)
¥5,545 (2020/08/06 22:13:02時点 Amazon調べ-詳細)

キャットアイ LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式

出典:アマゾン

  • サイズ:116×31.2×43.2mm
  • 重量:140g(本体+電池のみ)
  • 使用電池:リチウムイオン充電池(3.6V-3400mAh)
  • 使用時間 ハイ:約2時間(800ルーメン)/ミドル:約3.5時間(400ルーメン)/ロー:約8時間(200ルーメン)/デイタイムハイパーコンスタント:約7.5時間/点滅:約100時間
  • 充電時間:約5~9時間

VOLT800 HL-EL471RCは、先ほど紹介したモデルと同じ外見を持ちながら800ルーメンもの強い明るさという特徴があります。

こちらも充電池の交換が可能なので、長時間利用ができるという特徴を持っているのですが、最大の光量で運用した場合VOLT400よりも短めという点に注意しましょう。

バッテリー容量があるため、200ルーメン程度で普段は運用するというのもおすすめです。

キャットアイ(CAT EYE)
¥10,893 (2020/08/07 09:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

キャットアイ LEDヘッドライト VOLT1700 HL-EL1020RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT1700 HL-EL1020RC USB充電式

出典:アマゾン

  • 付属品:Micro-USBケーブル・フレックスタイトブラケット
  • 光源:高輝度LEDx2灯 OPTICUBEのワイド配光
  • 電源:リチウムイオン充電池 (6800mAh)
  • 明るさ:約1700ルーメン(10,000cd)
  • 充電方法:USB充電式

VOLT1700 HL-EL1020RCはキャットアイの全てのラインナップで最強クラスの製品です。

1,700ルーメンという驚異的な明るさを持っており、高輝度LEDx2灯という構成は、真夜中の林道ですら明るく見える光量を誇ります。

専用の大型カートリッジバッテリーを交換すれば、連続して長時間の使用も可能となっているのが特徴です。

大容量バッテリーなので、200ルーメン程度の運用では実に17時間もの長寿命を持つフロントライトとしても利用できます。

キャットアイ(CAT EYE)
¥19,781 (2020/08/07 10:36:16時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

フロントライトはロードバイクであっても重要な装備で夜間走行の安全性を考慮するにおいて重要な装備です。

自転車には安全義務がありフロントライトを装備していない物は整備不良となり処罰対象になりますのでフロントライトは必ず装備すべきものです。

明るさを重視しつつ、バッテリーの持続時間が長いものを選ぶのが理想ですが、夜間走行時において車の往来が多い場合、1200ルーメンでは対向車から明かりを視認した際、ロードバイクのフロントライトが明るすぎることもあり最低でも300ルーメンにまで抑えることが出来るものが望ましいです。

ところで最後に余談ではあるが、オレがロードバイク乗るときには昼までもヘッドライトを点けている。これには理由があって・・・郊外に行くと対向車が追いこしかけてくるんですよ。その時、対向車線にロードバイク走っているよ・・・と前方に知らせる役割がかなりデカい。

ロードバイクの安全も自分で守る必要があると思うぜ。

コチラも見てみませんか?



-ヘッドライト・テールライト, ロードバイクの装備

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2020 All Rights Reserved.