ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

ウェブログ・雑記

コンチネンタルウルトラスポーツ2で九州1周1500km走ってきたレビュー

投稿日:2018年5月10日 更新日:

ドイツのロードバイクタイヤといえば「コンチネンタル」。そして、その中でもコンチのGP4000S2を指名買いしているかたも多いのではないだろうか。

しかし、コンチGP4000S2の何が問題かと言えば、その価格だ。パッケージには約5000kmのロングライフをうたってはいるが、やはり2本で1万円近いその価格は財布直撃だよね。

同じコンチネンタルには「ウルトラスポーツ2」というGP4000S2のちょうど半額くらいのタイヤが存在をする。

そいつの新品タイヤを履いて、ゴールデンウィークに九州1周1500km走ってきたのでレビューするよ。

コンチネンタルウルトラスポーツ2のスペック・重量

コンチネンタルウルトラスポーツ2

タイヤサイズ 適正エア圧 最大エア圧
23c 7.5BAR 8.5BAR
25c 6.5BAR 8.5BAR
28c 5.5BAR 8.0BAR
32c BAR 7.0BAR

タイヤサイズに対する各標準エア圧と最大エア圧は以上となる。

オレのタイヤは28cなので7BARあたりで運用する予定。

コンチネンタルウルトラスポーツ2

今回購入をしたコンチネンタルウルトラスポーツ。サイズは幅28mmを選んでみた。

たぶん、通常23cあたりのレーシングタイヤを使っている人が、このタイヤを持ったら、第一声は「何コレ?マジ重たいぜー!!」と言うだろう。

そのくらい、持った感じは手にずっしりとしたものであった。

実際の重量を計測してみると実測値で344gとなる。

コンチネンタルの定番ロードタイヤと言えば、コンチネンタルGP4000S2で同サイズ28cのカタログデーターは265gとなっている。

その差は80gとなり、ちょっとケツが引けてしまうような重量差。前後で160gとなると、軽量レーシングタイヤ約1本分となるよね。かなり気になってしまう重量だ。

コンチネンタルウルトラスポーツ2の詳細

コンチネンタルウルトラスポーツ2

ウルトラスポーツのトレッドを見てみよう。GP4000のようなトレッドパターンがサイドに彫られている。またトレッドは鮫肌のようなゴムゴムシイ表面となっている。

グリップはしそうだけど、その分抵抗も大きそうな雰囲気はある。

コンチネンタルウルトラスポーツ2

タイヤ幅の実測値は75mmとなっている。さすが28cだ。かなり幅広い。

トレッド部は鮫肌となっているがサイドショルダーは普通のツルッとしたゴム肌。剛性や対カット性能はかなりしっかりと確保されていそうな感じをつかみ取れる。

コンチネンタルウルトラスポーツ2をホイールにはめる

それでは、実際にコンチウルトラスポーツをホイールにはめてみよう。

コンチネンタルウルトラスポーツ2

ウルトラスポーツにはコンチGP4000などと同様にタイヤローテーション方向が決まっている。ちょうどトレッドに彫られたトレッドパターンと同一方向となっている。

このローテートの印字はタイヤサイド1箇所しか無いので、けっこう見つけづらい。

ワイドリムにウルトラスポーツをはめてみたが、しっかりとリム底にビートを落とせば、タイヤレバーの必要なくタイヤをはめ込むことができた。

サイドウォールはそれほど固い印象はない。ただ、タイヤはめ作業をしていても、タイヤの重量感は感じる。

エア圧はいくつで行った?

コンチネンタルウルトラスポーツ2

最大エア圧は前述のように8BARとなっている。タイヤのサイドにもその記述がある。

エア圧は7BARで運用する。

実測タイヤ幅はいくつ?

タイヤをホイールにはめ込み、7BARのエア圧を入れた状態でノギスにより実測をしてみた。

タイヤサイズ28cに対し実測値は約29.5mm。ハンドル越しに見るとかなりその太さを感じる。23cのロードバイクと並ぶと、その太さを実感できる。

この太さを余裕と見るか、重く感じるかで、ずいぶんと乗る前の印象も変わるだろう。

ドライの走りは?

九州を走る

漕ぎ出しは重いです。マジ重い。もし軽量ホイールに軽量タイヤを履いていたら、どんだけ練習タイヤなのよ・・・というくらい重たい。罰ゲーム級といっても言い過ぎではないかもしれない。

ただ、そのある程度の重量により平坦の巡航はかなり楽。スピードに乗るとその太さの安定度も相まって非常にスムーズにフラットロードは巡航できる。さらに乗り心地はもちろんいい。

ギャップの突き上げなども、その太さでかなり楽だ。

峠道の登りはキツイよ。やっぱ。漕ぎ出し同様、スピードが落ちると、その重量をペダルに感じる。そこは覚悟しよう。

ただ、ダウンヒルは非常に快適。太さによる路面追従性はもちろん、ブレーキもよく効く。さらにギャップに強いから安心してダウンヒルできる。

今回油圧ディスクブレーキロードバイクに組み込んだが、その相性はベストマッチと言ってもいいかもしれない。

雨天・ウェット性能は?

雨天になると、その安定度、安心度はさらに高まる。

水で溜まった路面、路肩を走る際、細いタイヤだと少々躊躇しそうな場所でも安心して走ることができる。

ブレーキも安心してかけることができた。悪天候や路面状況が悪くなるほど、この太さと頑丈さは際立ってくる。

1500km走った摩耗具合は?

九州1周1500km加え、練習などで走っているので、トータル走行距離は約2,000kmとなっている。

全体の300kmは雨中(暴風雨)走行が入っている。

リアタイヤの状態

真横から見るとうっすらフラット部分がセンターに見ることができる。

ディンプル部は、まだまだ余裕といったところだろう。新品時に見ることができた鮫肌はかなりキレイに削り取られている。

ちょっとビックリしたのはリアの一部に新品時のタイヤセンターひげが残っていたこと。耐摩耗性はかなりあるコンパウンドではないだろうか。

フロントの状態

リアよりも負荷の少ないフロントなので、新品時の鮫肌は少々残っている。

トレッドセンターの新品時にあるひげも少々見ることができる。

フロントトレッドを1周回してみると、本当にきれいな状態だ。とてもいまいち路面の良くない九州1周1500kmを走ってきたとは思えないようなトレッド状態。

通常なにかに引っ掛けたり、刺さっていたり、引っ掻いた傷跡など残るものだが、リアもフロントも大きな傷が一切ない状態であった。

約2000kmでこの状態なので、タイヤライフは5000kmはあると思われる。

総合評価・コストパフォーマンス

購入して初めてこのタイヤを手にしたとき、そのずっしりとした重さに、ちょっとヤバイタイヤを買っちゃったかな・・・そう思った。

しかし、モノは試しと実際に走ってみると、重さは感じるもの、非常に良いパフォーマンスを得ることができた。

ちなみに1500km走ってパンクは一切なし。またエアは1日おきくらいに7BARに入れ直した。300km走ると0.5BARほど下がるような感じであった。

非常にロングライフ、また耐パンク性も備え持った気軽に使える練習、ツァータイヤではないだろうか。

もう一回購入するか?と聞かれれば、迷わずYesだ。値段も考えれば・・用途は多少限定されるが、通常の人であれば、めっちゃオススメできる廉価版タイヤと考える。

コストパフォーマンスは抜群と言っていいだろう。だって1本2,000円台だよ。

まとめ

倍の値段を出すと約80g軽いコンチGP4000S2を手に入れることができる。ロードバイクが道楽という位置づけであれば、絶対にGP4000S2にした法外だろう。

しかし、オレみたいに年間結構な距離を走るライダーは、標準の鉄下駄ホイールにこのウルトラスポーツを取付、軽量ホイールにGP4000S2をつけるというやり方を取る。

通常の練習やワンデイブルベなどは鉄下駄を使う。400km以上や海外は軽量ホイール+軽量タイヤで行くと言うやり方は良いと考える。

いずれにしてもGP4000S2の半額で、このタイヤが手に入るなら、ぜひ練習やツーリングなどで手にとって見てはどうだろう。

最後になるが、28cの太さのタイヤだが、コンチネンタル定番チューブRace28 700×20-25Cで全く問題ないということを付け加えておく。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yasu

yasu

2013年より本格的にロードバイクに乗りはじめる1964年生まれのアラフィフ、酒が大好きです。いつも1人で走っているため、孤独なロングライダー。主戦場は国内のロングライドイベント・ブルベと海外超ロングディスタンスサイクルイベントRM1200km以上を目指す。2018年現在で国内ブルベ(36本)海外RM1200km以上(8本)トータル44本完走。所属クラブも無いため、すべてのライドやアイテム・バイク購入が勉強の連続。そのためすべての事柄が初心者・ビギナー目線となり、それらをみなさんとシェアしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

-ウェブログ・雑記

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2018 All Rights Reserved.