ロードバイク初心者ナビ

ロードバイク初心者、ビギナーがロードバイクの選び方、必要アイテム、メンテナンス、走り方、イベントなどロードバイク入門のマニュアルサイトです。

タイヤ・ホイール

フルクラムレーシング5|ワイドリム3万以下の定番ホイール!

投稿日:2021年8月19日 更新日:

フルクラムレーシング5

https://www.probikekit.jp/bicycle-wheels/fulcrum-racing-5-c17-clincher-wheelset/11815020.html

フルクラムレーシング5を購入してみた。廉価版のホイールと言われているが、この価格でこの性能を手に入れられるのであれば、普通の人が最初にリプレイスするホイールとしてみてはいいのではないだろうか。

もちろん予算がたっぷりあるのなら、その上のレーシング3やレーゼロでもいいだろう。限られた予算やオレみたいにサブロードバイク、練習用ロードバイクに履かせるには絶好のホイールであると思う。

今回オレも今まで使っていた鉄下駄ホイールのベアリングがガリガリいい出したことによる交換なのだ。3万円程度でそこそこの性能、さらにはC17のワイドリムであるこのレーシング5のスペックや性能、更に海外自転車通販を使っての購入などを見ていきたいと思う。

フルクラムレーシング5はどんなホイール?

フルクラムレーシング5はその価格の安さをメリットにコスパ抜群は変わらず、2015年ころに17Cのワイドリム化になりました。

レーシング5のリム・プロファイルは新デザインのアシン メトリック・デザインになりツー・トゥー・ワン・スポーク・レシオ、スポーク・ダイナミックバランスと相まって最高のバラン スに調整されています。

ドライブ側のオーバーサイズ・フランジにより踏み込んだときのリア伝わるダイレクト感は上位のホイールと同じ。ペアのホイール重量も1650gとなかなかがんばっていると思う。

フルクラムレーシング5のスペックと特徴

レーシング5

出典:PBK

  • PBK:¥30,014
  • タイヤの種類:クリンチャー
  • タイヤサイズ:28インチ
  • ASTMカテゴリ:1
  • 重量:1650g
  • リム素材:アルミニウム
  • リム高さ:低い
  • リム高さ:24.5 mm(フロント)27.5 mm(リア)
  • リム幅:23mm、ETRTO17C
  • タイヤ幅:25mm?50mm
  • ブレーキシステム:キャリパー
  • 制動面/制動オプション:アルミニウム制動面、回転
  • フロントアクスル互換性:QR
  • リアアクスル互換性:QR
  • フロントホイールスポーク:18(左9、右9)
  • リアホイールスポーク:20(左10、右10)
  • スポーク素材:ステンレススチール、ダブルバット
  • スポークプロファイル製法:エアロ、ストレートプル
  • ニップル:アルミニウム
  • フロントハブ:アルミ、アルミフランジ
  • リアハブ:アルミ、アルミオーバーサイズフランジ
  • ベアリング:産業用ベアリングシステム

C17ワイドリム

レーシング5は2015年にモデルの見直しが行われ、外幅23mm、内幅17mmのワイドリムに新しく生まれわかる。

17mmのワイドリムは25c~35cのタイヤが装着可能で、今の情勢にピッタリ。ワイドリムになったことで25c以上のタイヤが適切な形状になりグリップ性や転がりやすさ、乗り心地が向上している。

昨今の太めタイヤにきちんと対応できています。

エアロスポーク

3万円前後の価格帯のホイールながらステンレス性のエアロスポークが採用されています。

スポーク本数はかなり多く前からの投影面積を考えるとスポークはホイールの中で最も空気抵抗の大きいパーツとなっている。一番空気をかき乱していそうだし。

通常は円形の形状を平べったいブレード状にすることで空気抵抗を減らし、回転性を向上はかっている。3万円前後のホイールということを考えるとこれは本当にありがたい。

非対称設計のリアプロファイル

フルクラムのレーシング3やレーゼロなどに採用をされていた「アシンメトリック・リム・プロファイル」が、このフルクラムレーシング5のリアホイールに採用されています。

スポーク穴をドライブ側にずらすなどの工夫で剛性バランスの最適化が図られています。

かっこいいデザイン

レーシング5

出典:PBK

フルクラムのホイールは基本的にシックで落ち着いたデザインとなっている。どんな形状、どんなカラーのフレームにもなじむ、またあまり主張をしないデザインです。

レーシング5は全体的に黒のシンプルなフレームで細い字体で大きく入れられた赤い横になった「5」の文字が際立ちます。

レーシング5のライバルは?

フルクラムレーシング5の3万円前後の価格帯でのライバルホイールをいくつかチェックをしてみよう。

Fulcrum Racing (レーシング) 6 C17 ロードホイールセット

Fulcrum Racing (レーシング) 6

出典:ChainReactionCycles

  • ChainReactionCycles:¥26600
  • 素材: リブ、ハブはアルミニウム、スポークはステンレススチール
  • リムの高さ: フロント 24.5mm、リア 27.5mm
  • リム幅: 内側 17mm、外側 23mm
  • リムのタイプ: クリンチャーリムブレーキ
  • 用途: ロードレース、トレーニング、エンデュランス
  • スポークタイプ: ラウンド、Jベンド
  • スポーク数: フロント 18本、リア20本
  • フリーハブ: 9/10/11スピード
  • 重量: 1.76kg

カンパニョーロ Scirocco(シロッコ) C17

シロッコ

出典:PBK

  • PBK:¥30,079
  • アロイ・リム構造
  • リム深さ35mm
  • リム外幅22mm
  • 700c
  • 重量: 1775g

Campagnolo Khamsin ( カムシン ) C17

Campagnolo Khamsin ( カムシン ) C17

出典:ChainReactionCycles

  • CRC:¥32071
  • 素材: リム: アルミニウム、スポーク : ステンレススチール、ハブ : アルミニウム
  • 対応タイヤ:クリンチャー
  • 互換性: Campagnolo 10/11/12 スピード、Shimano/SRAM 10/11 スピード カセット
  • リムクラス: C17
  • リアホイールの左側とフロントホイールにラジアルスポーク
  • 工業用ハブベアリング
  • 重量: 1.806g

レーシング5購入レビュー

レーシング5購入
  • PBK:¥30,014

今回はフルクラムレーシング5が一番安かったPROBIKEKITで購入をしてみました。ハブはシマノカセット用です。注文日は2021年8月17日。

レーシング5購入

チェックアウト、購入に進む。

フルクラムレーシング5

クレジットカードで決済をして発注。

PBK

注文完了!

8月24日:荷物が日本に到着した。

デリバリー

昨晩荷物が日本に到着をしたようだ。あと3、4日かかるかもしれない。

まとめ

注文完了をしたのが2021年8月17日なので、手元に来るのはどのくらいか楽しみ。

フルクラムレーシング5が届いたら、開封の儀や走行レポートなども合わせて行いますのでお楽しみに!

-タイヤ・ホイール

Copyright© ロードバイク初心者ナビ , 2021 All Rights Reserved.